スピリチュアリストたちから大注目されている「グレートコンジャンクション」が、いよいよ到来!
12月22日午前3:22に「木星と土星の合=グレートコンジャンクション」が起こることで、地球は風の時代へと切り替わりました。

風の時代は、形なきものが重視される時代とも言われています。まさにそれは、霊性や精神性や個性の輝きを表すかのよう。
このような大転換点を、自分の人生で迎えることができたことに、感慨深さを感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで、「風の時代」とは具体的にどのような傾向にあるか、ざっくり把握していただけるよう、スタピ・オンラインでご紹介した記事をとりまとめてお届けしましょう!
※スタピ・オンラインとスタピチャンネルで関連情報を公開するたびに、この記事内に追加&更新していきます。
※モノリスと動画情報を更新しました(4月11日)。

「風の時代」「水瓶座の時代」が向かう先とは?

いけだ笑みの「空を仰げば」〈3〉
グレートコンジャンクションによる風の時代へのシフト考

公開直後から、ランキングのトップを爆走中のいけださんは、長年、占星術をユニークな視点で探究しているお方。アカデミック&インテリジェンスな持ち味が冴えまくり、天体サイクルと社会的現象の関連性など、理路整然としたわかりやすい記事が大好評でした。なるほど〜〜と腑に落ちる方が続出中です!

 

スッダの「虹のシャーマン通信」/vol.5
新しい時代の始まりとなる12月のエネルギー

https://starpeople.jp/column/sudha/20201210/15232/

「12月のエネルギー」=グレイトコンジャンクションを中心とした天体イベントについて、エネルギーリーディングを盛り込みながら解説。
水瓶座の時代スタートでもある風の時代への切り替え点(グレートポイント)を体験するために、長年コツコツ発信してきたというスッダさんの熱い想いが集約された記事です。
フォトンベルトとの関連性にも触れていて、「水瓶座」「次元上昇」「愛」というキーワードに、点と点がつながった思いになった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

NEW!
グレゴリー・サリバンの宇宙意識エッセイ/vol.1
水瓶座時代の到来が意味する「銀河の光の増大による次元上昇」
https://starpeople.jp/column/gregorysullivan/20210302/16039/

 

松村潔のアナザーワールド/vol.29
新時代の調整期と宇宙存在の降下、振動密度が高い地球との行き来
https://starpeople.jp/seijingoroku/matsumurakiyoshi/20210129/16166/

 

ヘルメス・J・シャンブの「“在る”の息吹」/
vol.1 新しい風の時代が意味する「夢の実現」
https://starpeople.jp/column/hermesjchamb/20210115/15715/


スッダの「虹のシャーマン通信」/vol.6 アクエリアス
https://starpeople.jp/column/sudha/20210113/15698/

 

ドルフィニスト篤の「本当の自分と出会う悟りへの道」/vol.8
「風の時代」を軽やかに自由に生きる秘訣
https://starpeople.jp/seijingoroku/dolphinistatsuayako/20210101/15654/

 

アーロン千生の開運塾〈風の時代編〉
2020年12月から「意義ある試練の時期」と「サターンリターンに」なる人へ
https://starpeople.jp/column/aaron/20201225/15598/

 

cocoの開運セラピー「ばら色人生の創り方」/vol.19
風の時代に無理なく自分らしく前進するコツ
https://starpeople.jp/column/coco/20201222/15461/

 

普遍意識から答えを得る霊視の世界【9】
風の時代に向けた自分のエネルギーの整え方/田中小梅
https://starpeople.jp/column/koume/20201118/15025/

 

松田麻寿のスピリチュアルガイダンス〈3〉
2021年、強運になるための5つのポイント
https://starpeople.jp/column/matsudamakoto/20201216/15303/

 

ジャスムヒーンが語る不食の世界〈7〉
2030年まで強まる変革の波「人類を統合意識へと導く5つの周波数」
https://starpeople.jp/interview/jasmuheen/20201207/13927/

 

松村潔のアナザーワールド/vol.24
土星の閉鎖力の解除と個々人の軌道修正、地球のリニューアル期の到来
https://starpeople.jp/seijingoroku/matsumurakiyoshi/20200828/13108/

 

高島康司の進化への扉/第26回 
占星術の「ボーボルドサイクル」から見た未来

 

高島康司の進化への扉/第15回 
転換点は2029年か?プレヤーレンからのメッセージ《前半》

 

2021年と今後の世界の傾向


高島康司の進化への扉/第31回

コルマンインデックスが指し示す「2021年のグレートリセット」
https://starpeople.jp/seijingoroku/takashimayasushi/20210128/16150/

 

クリスティアン・ラーによる「ムーラム」からのメッセージ/
2021年は「破壊とリニューアル」の年になる

https://starpeople.jp/column/20210120/16062/

 

「地球創生神事」活動家・天無神人インタビュー〈1〉
2021年「再選択の年」に良い波に乗るためのアドバイス
https://starpeople.jp/interview/amamikamui/20210118/15941/

 

松田麻寿のスピリチュアルガイダンス〈4〉
2021年のテーマと1月の運気アップアドバイス
https://starpeople.jp/column/matsudamakoto/20210114/15788/

 

時代の切り替わりをモノリスがサポート!?

もうご存知の方が多いかと思いますが、現在、世界各国で「謎のモノリス」が増殖中!
その数、とうとう100本(2020年12月22日時点)を超え、1月1日には141本だったのが、2月2日に186本、3月3日に206本、そして現在224本(4月11日時点)

ちなみに100本目がカウントされたのは、日本時間で12月22日!風の時代へと切り替わる日「グレートコンジャンクション」のタイミングとバッチリ重なっているのが奇遇です!

ここまで増えたモノリスですが、最初は2020年11月18日に米国ユタ州で、26日にはルーマニアで発見され、12月に入ってからはセキを切ったように、日々数ヵ国にわたって出現!
どれも共通するのが、ピカピカ、テカテカのステンレス系素材で、三角柱か四角柱タイプだということ。
アメリカ、ヨーロッパに集中的に現れているのは、何か意味がありそうです・・・。アジアにはほぼ出現していませんが、12月20日に中国に現れたばかり。
そのうち、日本にも現れるのでしょうか?
*その後、中国のモノリスは不認可となったようです。

一説では、高次宇宙人が、地球と太陽系を活性化させる光を拡散させるべく出現させたとのことですが、それが本当なら、モノリスとは地球高次元化装置!
今後も増殖から目が離せません。

《12月27日追記》
世界中でどんどん増え続けるモノリスに、スタピ・メルマガでも「日本にも何本かプリ〜ズ!」と心の雄叫びを発信したりしましたが・・・、なんと具現化していたことが判明!

12月22日、宮城県仙台市に一気に2本現れていたのです。まるで兄弟のように背の高さが違う登場ぶりが、ユニーク!
しかも、アパートらしき建物の近くに地味〜にたたずみ、景観とさりげなくなじむ姿はなんとも言い難い風情が。調和の教えを発信しているのでしょうか。
兄弟モノリスの活躍、温かく見守りましょう!
https://monolithtracker.com/sendai-miyagi-japan

《1月10日追記》
元旦からの10日間で、24本も増えたのですね〜。この期間内、日本ではコロナ緊急事態宣言や米国では大統領選の余波的事態に見舞われていることをかんがみると、その間にも、1日約2本淡々と出現していたモノリスの地道な増殖ぶりに、なんだかじんわりする思いが・・・。

《2月2日追記》
この1ヵ月で約20本が出現し、増殖ペースはやや落ち気味。とはいえ、1〜1日半にかけて、コツコツちゃんと世界のどこかに出現しているんです。これって、やっぱりミステリー!

世界のモノリスの最新情報サイトはこちら!
Monolith Tracker
https://monolithtracker.com/
トップページでは、現在のモノリスの数が表示され、数が増えるごとに妙な高揚感が・・・。

Monoliths Map」コーナーでは、各国での出現状況が一瞬で把握できます。
https://monolithtracker.com/map

*画像は「Monolith Tracker」さんからお借りしました。

New and Updated Monoliths(新たなモノリス)」コーナーでは、モノリスの出現を時系列で見ることができます。
https://monolithtracker.com/new-and-updated-monoliths

*画像は「Monolith Tracker」さんからお借りしました。

目を疑ったのは、12月4日に出現したラスベガのモノリス
大型ショッピングモールの通路にデン!と鎮座する姿は、愉快犯的イタズラではないことを願うばかりです。
こんな場所に高次の存在がモノリスを出現させたとしたら、そのユーモア感覚あふれる知性にグッときませんか?

《追加情報!》
その他にも、個性を感じさせるモノリスの出現日と特徴を以下にご紹介しますので、探究心旺盛な方は、モノリスのサイト上で、「ほぉ〜」な姿をお確かめください。

12月4日・アメリカ・テキサス州/ん? 金属らしいけど、表面がシワシワ? でも、宇宙からのお遣いだったとしたら・・・。
https://monolithtracker.com/houston-texas

12月6日・アメリカ・ユタ州/モノリスの上部に大きく書かれた「光の世界」「賢者は彼自身の中にいる」の文字。ド〜ンとたたずんでいるその場所は、民家の庭という絶妙さ。
https://monolithtracker.com/payson-utah

12月9日・イギリス/地面間際に、かわいい生き物が描かれています。猫かネズミでしょうか?
https://monolithtracker.com/glastonbury-united-kingdom

12月9日・モロッコ/アートな様式で有名な国だけに、モノリスの表面は繊細なディティール仕上げ。
https://monolithtracker.com/casablanca-morocco

12月10日・ウクライナ/ゴミ袋があふれ返る広大なごみ集積場の中、ポツンとたたずむモノリスに意志的なものを感じます。
https://monolithtracker.com/poltava-landfill-ukraine

12月11日・ベルギー/マットめ素材のつなぎ目部分に、しゃれた文字でめちゃめちゃ小さく刻まれた「Made in Atlantis」 。えっ、アトランティス製!?これが本当ならとんでもない事態です・・・。
https://monolithtracker.com/hamoir-belgium

12月16日・バハマ/こんな美しい浜辺にも出現。波打ち際が、けっこう近いことにご注目。
https://monolithtracker.com/great-exuma-bahamas

12月21日・スペイン/モノリス上部に、大きめの文字で彫られた「VITOR SANTANA BENDITA TRIBALDOS 2020」というメッセージが。きっと、有難い意味に違いありません・・・。
https://monolithtracker.com/cuenca-spain

 

風の時代がよくわかる解説動画

スタピチャンネルで公開中の動画で、風の時代を有効活用(?)しましょう!

 

スタピオンラインで大人気連載中のいけださんが、風の時代について大解説!今後、数年間の天体エネルギーとと社会の流れがわかる、なるほど納得の内容です。

 

アロマに造詣が深く、日本の神様のチャネリングができるという齊藤さんに、伊勢神宮で受け取ったという「風の時代についてのメッセージ」を初公開していただきました。

ナチュスピのワークショップで毎回人気の小梅さんが、風の時代はどのような傾向にあるか、分かりやすく解説。自分への愛も、とても必要なようです。

宇宙人と縁のある2人の、注目のコラボシリーズ。グレートコンジャンクションの影響を受けて、個人レベルでも願いが叶いやすい状態になっていることを、熱く解説しています。

 

スタピ・オンラインの連載でも大人気記事となっている、風の時代について動画でも解説。スッダさんが軽やかに語ります。

 

運命好転の腕前に定評のあるスピリチュアルヒーラーの松田さんが、水瓶座の時代(風の時代も含む)の波に乗るためのオススメ本とアドバイスをご紹介。


風の時代を銘打ったテーマではありませんが、今後、2023年に向けて世界がどうなっていくのか、天無さんが受け取ったご神託を解説。う〜ん、と考えさせられます。


これからの時代にマッチした、軽やかな生き方を提唱するヘルメスさん。目の前で語りかけてくれているかのような“在り方”への熱い思いが、自然体の自分を目覚めさせてくれるかのよう。

 

風の時代にピッタリのオススメ書籍

新しい時代を軽やかに生きるための手引き書を、ナチュスピ書籍の中から、ピックアップしました!

『人間は宇宙船だ』
松村潔著

見えない隣の世界へと行き来きすることを、いかにスマートにやってのけるかを、日々真摯に考える松村さん。奥が深すぎる突き抜けた発想ぶりに、不死さえ不可能ではないと思わせてくれる力強さが爽快です。

 

『祈りの法則』
天外伺朗著

“「祈り」の真髄を知ることで「風の時代」を軽やかに生きる!”という表紙のキャッチフレーズのごとく、風の時代のために生まれたかのような本書。インディアンの祈り方を参考に、コロナ渦をたくましくしなやかに生き抜きましょう!

 

『あるがままに生きる』
足立幸子著

「読むと魂が元気になる!」と絶大に指示される、ロングセラー。風&水瓶座の時代の生き方が、先取りして書かれている新時代への指南本と言っても過言ではありません。研ぎ澄まされた世界観といい、じっくり味わっていただきたい内容です。

 

『神性を生きる』
ジェフリー・ホップ、リンダ・ホップ著/林眞弓訳

こちらも、絶大なファンが多い一冊。アセンデッドマスター、セント・ジャーメインのあまりに濃すぎるメッセージの、病みつきになりそうなクラクラ感が、これまたいい感じ。読めば読むほど、前向きな気持ちをパワーチャージしてくれる本です。

 

変化が早い時代だからこそ、柔軟な姿勢で生きていきたいですよね。
一冊の本との出会いが、人生を変えるほどの大きな気づきのきっかけになりますように──。

 

スタピ会員になって、全てのコンテンツを楽しみませんか?

スタピオンラインでは、「スタピ会員」(月/220円税込)を募集しています。会員になると、記事や動画を含む全てのコンテンツをお楽しみいただけます。
地上に生きるスターピープルに向けて発信する情報を、日々のマインドケア
にお役立てください

おすすめの記事