禅の十牛図の第七図「忘牛存人」では、社会的な場で自己意識を完成させる様子が描かれる。
この場合、具体的な社会の場、この中で名前を持ち、社会的な成功をするということにこぎつけるには、主体というものが自分の身体の位置でしっかり固定されなくてはならない。自我意識は肉体と一体化していると言ってもいいかもしれない。

でも、これは小さな自己を獲得したことにほかならず、それに成功すると飽きてしまう。特定の時間、特定の空間の中で願望実現しても、あまりにも限定されているので、それは退屈なことだ。

そうやって第七図に飽きると、次の段階の第八図「人牛俱忘」に入る。横山紘一氏は、「ここで主体と客体の区別がつかなくなる」と言うが、これはけっこう大変な話だ。
自我が身体の外に出てしまうと、それまで身体のサイズをリファレンスにして成り立っていたものの大きさを、判定する根拠を失う。
空間と時間は密接に関係しており、空間の基準が崩れると同時に、時間の流れの秩序などが崩れてしまうし、そもそも主体は点でもいいし、地球のサイズ、いや太陽系のサイズになってもかまわない。つまり、ここでは小さなわたしというものが失われる。

かといって、大きな自己に到達するかというと、この第八図段階では流動的だ。社会や大地ということを基準にして成り立っていた自己は、第八図で解体するので、新しい自己を確立することに急がなくてはならず、そのために第九図「返本還源」では山のてっぺんに行き、天空(恒星、星雲界)から作られた自我を形成する段階に入るのだ。

この地上的な自我が、天上的な自我に移し替えられるためには、いかに地上的な自我を壊しつくすかということが重要で、第八図「人牛俱忘」のプロセスが徹底しているほどうまくいく。

で、面壁九年の達磨大師の場合、体内で陽神を作り、これが成長して固くなると、頭の上から外に出し、旅をさせる。
ここで自己分裂というのが生じて、第七図的な肉体的存在性は残しつつ、身体の外に出た新しい主体は広い世界を見聞きする。

十牛図のように一つひとつをしっかり進むと、第八図に行った段階で二度と元に戻れないが、達磨大師式だと“第七図、第八図を同時にしていく”というふうにもなってくる。
身体自我は残しているので、外に飛び出した陽神が見る世界は肉体を基準にして見る映像と似ており、ドクター・フー(イギリスBBCで放映されているSFドラマの主人公)がターディス(次元超越時空移動装置)でいろんな宇宙に旅する時のように、いろんな世界、宇宙がしっかり視覚的に固定されている。

夢の場合、入眠段階で自我は身体の外に出てしまう。わたしはエーテル体を生け花のように説明しているが、つまり、爆発するように自我が身体の外に拡大してしまい、肉体と一体化して主体を作っている人は、この段階で夢の体験の記憶喪失をする。
身体のサイズという基準を失うと、その後の夢の体験では、しばしば赴いた世界を映像的に認識できないことが起こる。夢は純粋に、第八図体験と考えていい。

で、肉体という特定の時間しか空間の中におらず、蝉のように短命な存在性から宇宙に飛び出した時、身体の基準があるからこそ成り立っていた宇宙の図、あの天文学的に描写された「星の地図」が一気に有効性を失う。
あの天体図は、主体と客体の関係が固定された時に見えてくるもので、肉体から出ると主体の位置がはっきりしなくなり、それにつれて客体も流動するので、空間的な座標は決められなくなるのだ。

ここでは、「体外に出た後での宇宙図」を提示したほうがいいのではないかと思う。十牛図の第八図は、それがわからないから彷徨うのだ。自我の結晶が解体しているとは、世界を認識する感覚、映像などの見方が解体しているということなのだ。

便利なのは、ケプラーの立体幾何図形だ。水星と金星の間は正八面体。金星と地球は正二十面体。地球と火星の間に正十二面体。火星と木星の間は正四面体。木星と土星の間は正六面体。

これは太陽系の中に作られたエーテル網で、実際の惑星軌道はひずんでいるので、この図形に正確には対応しない。
この場合、物理学的な脳は「ケプラーは正確でない」と思うが、エーテル体はメンタル体の下部構造なので、そこではイデアが主であり、“物質はそれに忠実でない穢れた領域”となる。
なので、「惑星の軌道のほうがちゃんとやってくれてない、幾何図形のほうが正しい」と考えるのだ。

この太陽系の中の地図は、実際には太陽系の外でもそのまま通用する。もっと大きくしたものなのだと考えてもいい。
恒星はメンタル体、すなわちロゴスに対応し、太陽系はその中の小さな模造なので、この図形群は太陽系がもとにあるのでなく、太陽系はもともと宇宙にあるものをコピーしたと考えるといい。

宇宙船は「型共鳴」で飛ぶ。以前わたしは幼少期の夢で、空中には狐が詰まっていて、一匹の狐を押すと、全世界の狐が反応するというのを見ていたことをいろんな本に書いたが、仏陀は空中をくまなく覆い、これが仏陀の応身であるとも書いた。
この場合、仏陀は正二十面体に例えられる。生きて肉体を持っていた時の仏陀は、20個の三角形のうちのひとつだった。仏陀フィールドはインド全土を覆ったというが、地球を正二十面体で区分した時に、ひとつの三角形はインドよりももっと大きいので、仏陀フィールドはインドよりも大きい。

実際に、仏陀の教えはインドにとどまらない。でも地球全体を覆う応身としての仏陀は、20個の三角形になって、この三角形がすべて型共鳴を起こす。ひとつの三角形が偏っていないのならば、この三角形はほかの19個の三角形と共鳴して、本人の自覚としては、自分は一人しかいないと感じる。
より小さな三角形地域に自分を縮小させるには、三角形の中に反対向きの三角形を作り出し、さらに二次的、三次的な三角形を作り出し、もっとも小さなもので30センチくらいの三角形になる。
型共鳴で同じ情報が共有されるが、それは同じサイズの三角形の間でのみだ。

五つのプラトン立体では、面は三角形、正方形、五角形のみだ。この三種類の鋳型を持ち、五つの図形のすべてに行き渡るということができれば、その人はどこにでも行ける。
反対に、「わたしはわたし、個性的な人生を歩みたい」と思うと、特定のどれかの図形、しかも二次的、三次的、四次的、あるいはさらに小さな図形の中に入り込み、そこから出られなくなる。
井の中の蛙というのは、アナゴのようにひとつの図形の中に閉じこもることを意味する。なんらかのローカルなものに執着心を持つことで、そこに縛られる。

ひとつの図形の中を満たすことができたら、おそるおそる隣の図形に接触し、そうやって自己を小さな区画から解放していくことをするのだが、五つのプラトン立体の面は合計で50個あり、これらをすべて満たすというテーマを考えても、漠然としすぎているかもしれない。
基本原則としては、コンプリートすると自由に動けるが、ひとつでも欠けがあると型共鳴が阻害され、束縛されるということで、太陽系の50個をクリアしないことには太陽系の外に行けない。
だが、まだ抽象的なので、目安があるといいと思った。

で、夢探索で取り組んでもらうのに便利なように、正八面体は南総里見八犬伝の八匹の犬とか、能面を8つ選ぶなどをするといいのではないかと考えた。
正二十面体は、タロットカードの22枚や頭蓋骨の22個のうち、ふたつを減らして対応させ、このすべてに平均的になじんでもらう。
正十面体は「キリストグリッド」と言われていることもあり、12使途でもいいし、便利なのは12サインだ。
型共鳴で考えると、12使途はすべて同じでなくてはならない。個性はありつつ、つまり表現方法が違いつつ、エッセンスとしては同じでなくてはならないのだが、果たして12使途はそれをちゃんと実践しているのだろうか。
正六面体は、ユングの6つのアーキタイプで考えるといい。

このうち、どれにも欠けがあってはならない。欠けがあるとほとんどのケースでは、それを外界の誰かに投影し、その結果として、環境に縛られる。
足りないものを獲得するには、それを物質世界において誰かに託すのでなく、エーテル体領域で交流すればいい。
「トゥルパ」(分身)を作るのがいい。しかし、いつまでも交流していてはいけない。それを自分の中に回収する必要があるからだ。

おすすめの記事