世界的なスピリチュアルリーダーであり、「奇跡のコース(A Couse In Miracles)」のティーチャーとしても活躍する、アラン・コーエンさん。
スピリチュアルなコーチングの実力で、長年、大勢の人の人生を導いています。
今回からエッセイを発信していただきましょう。

不可能と思える状況での成功への決断

2015年3月9日、パイロットのアンドレ・ボーシュバーグはアブダビ国際空港の滑走路から、航空機「ソーラーインパルス2」で試験飛行を開始しました。
彼の大胆な計画としては、石油燃料を一切使用せずに、太陽エネルギーだけで地球を一周するというものでした。

「インポシブルフライト」という感動的なドキュメンタリー番組の中で、ソーラーインパルス2のこれまでの挑戦と勝利に満ちた壮大な物語が伝えられ、見ていた私とパートナーは、まるでジェットコースターに乗っているような気持ちにさせられました。
発明家たちが計画した「時速45マイルで12区間の飛行」に、機体は不安定になり、悪天候や装備の動作不良によって飛行が妨害され続けるのです。

その軽量の機体での飛行で、最も厳しい瞬間は、日本からハワイまで太平洋を渡って飛行する時でした(悪天候の中、5日間の疲労困憊に満ちた飛行だったのです)。
操縦士は20分間の仮眠をとる以外には、飛行中ほぼ一定した姿勢で座っていなければなりません。
帰還限界点近くまで飛行した時点で、地上で控えているチームの気象の専門家とエンジニアは「この先の天気があまりにも危険である」と結論を出し、パイロットに引き返すように強く促しました。

しかし、パイロットは断りました。そして、こう主張したのです。「成功できるような気が強くするんです」と。
嵐の真っただ中で、針に糸を通していくような過酷な飛行を2日間続けた後、ボーシュバーグはホノルルに無事着陸しました。ソーラーインパルス2はその後、帰路を辿り、スタート地点へと戻りました。最初の出発から、実に504日後のことでした。

マインドとスピリットの両方のバランスをとる

私たちのマインドには、二人の人がいます。一人は科学的な根拠に従って、勝算とリスクを計算する人です。もう一人は情熱、意図、スピリットの声を持ち、科学を超えて信頼への大きな一歩を踏み出す人です。
両者とも重要だと言えます。

科学によって、私たちはこの世界を理解し、うまく操作していくことができます。一方で、ヴィジョンと冒険は、この世界を超えて、よりワクワクする次元へと進むことを促してくれるでしょう。

エンジニアは可能性を計りますが、スピリットは可能性によって突き動かされるのです。私たちは、記録を破るような素晴らしい航空機をデザインしたエンジニアたちを称賛すべきですが、一方では、エンジニアだけだったら、航空機は引き返し、記録が破られることはなかったでしょう。
パイロットの内側の何かが言ったのです。「私はできる。私はそうする」と。その声が、目的を達成させました。

成功への旅路は、蒸気機関車に乗って進んでいくようなものです。線路が予め選択した行先へと、列車を導いていきます。蒸気が列車を前へと進めてくれるでしょう。
線路は、目的地への緻密な計算によって作られています。蒸気は、目的地へ到達するための情熱のようなものです。
線路があったとしても蒸気がなければどこにも辿り着くことはできず、蒸気があっても線路がなければ、列車はでたらめに走り回り、故障し、ダメージを受けるでしょう。
あなたが目的地に到着するためには、蒸気と線路の両方が必要なのです。

無事に生き抜くことよりも大きく踏み出すこと

「人生の目的は、無事に死に辿り着くことではない」と言われています。安全に生きることに徹して、危険かもしれないけれど心を掻き立てられるような新しい領域には、決して入っていこうとしない人々もいます。
そういう人たちの情熱は、そのうち押し潰され、失われていき、年々生気を失くしていくでしょう。
ベンジャミン・フランクリンは、こう言いました。「ほとんどの人間は25歳で死んでしまう。しかし、彼らは75歳までは埋葬されない」。

フランクリンは、市民はその人生を君主にコントロールされるのではなく、自らの選択によって生きなければならないという、抜本的なアイデアに基づいて建国した少数派の一人でした。
今や民主主義は当然とされていますが、当時はどの国も国王や皇帝、あるいは専制君主によって統治されていました。近代民主主義の最初の確立のためには、フランクリンの考え方は、とても大きな信頼への一歩だったのです。
建国の父なる人々は、フランクリンをはじめとした自分たちのプロジェクトを、偉大なる試みとして採用しました。彼らは勇気をもって、大胆に前に踏み出したのです。

トーマス・ジェファーソンは、30歳の時に独立宣言の最初の草稿を手がけました。「まだ私は若輩者で、経験も少なすぎます。このプロジェクトは私には過ぎたものです」そう言って断ることもできたでしょう。
しかし、自由国家のヴィジョンが、彼の個人的な不安を上回ったのです。彼はプロジェクトを推し進め、人類史に残る最も重要な文書の一つを、この世に出しました。

1904年にライト兄弟がキティホーク空母で初飛行をした時、その飛行距離は現代の747ジャンボジェット機の翼長よりも短いものでした。
あなたがもし同じ年に、誰かに「その65年後には人類は月面を歩くのだ」と言ったら、気が狂っていると言われたことでしょう。しかし情熱は人々を突き動かし、理性では決して肯定できないことをさせます。

スピリットに導かれて人生を冒険をし続ける

さあ、今、これまでやったことがないことをするというヴィジョンを持ちましょう。「創造の子宮」が、あなたへと呼びかけることを。
本を書く、歌を歌う、人との関係性を築く、セミナーやビジネスを行う、そんなヴィジョンを持ちましょう。あなたの内なる声はこう叫ぶでしょう。「あなたはこれができる。これをやらなくてはならない!」と。

一方で、もう一つの声があなたをたしなめるでしょう。「手遅れになる前に引き返しなさい」と。
あなたが何か選択をする時、あの歴史的な旅でソーラーインパルス2のパイロットが直面したのと同じ「帰還限界点」に立つことになるのです。そのプロジェクトは多くの困難に出会うかもしれませんが、革新を目指す者は、夢が現実になるまでやり続けます。

あなたも自分の運命の約束が果たされるまで、やり続けましょう。何らかの形で、いつかあなたは自分の冒険を振り返り、それがスピリットによって導かれていたことに気がつくでしょう。
その時、あなたの内なるエンジニアとヴィジョンを追う者の両者は、喜びにあふれ互いにハイタッチをし、祝福を交わしてきっとこう言います。「よくやった!」と。
(翻訳/桜水現実)



アラン・コーエン
アメリカ生まれ。ハワイ島在住。世界25カ国で著書が発売されているベストセラー作家であり、セミナーリーダー。全米のTVやラジオなどに多数出演する他、多くのスピリチュアルドキュメンタリーにプレゼンターとして出演。「101 Top Experts that Make our Life Better(より良い人生へと導くエキスパートトップ101人)」の中に名を連ね、その教えの深さと大きさから「Mentor’s Mentor(メンターのメンター)」と呼ばれている。毎年来日するほどの親日家であり、日本でも15冊以上の翻訳本やDVDが発売されている。代表作に『人生の答えはいつも私の中にある』『「願う力」で人生は変えられる』など。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2020年3月来日予定!
セミナー等の開催を予定しています。
アラン・コーエン日本事務局
https://spiritfirst.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『頑張るのをやめると、お金とチャンスがやってくる』
アラン・コーエン著/本田健訳/PHP研究所

おすすめの記事