17世紀のイギリスの大占星術師による名著『クリスチャン・アストロロジー』(ウィリアム・リリー著、太玄社)の翻訳を手がけ、ご自身も占い師と風水師としての顔を持つ田中要一郎さん(写真右)。
そんな田中さんが、占い界の重鎮クラスのゲストを招いてスペシャルトークするのが、この企画。
6回目のゲストは、インド占星術研究家であり、英語とヒンズー語も堪能で、博士号(PhD北海道大学)を持つ科学者でもある清水俊介さん。日本人でただ一人、インドにある占星術の専門学校「バーラティーヤ・ヴィディヤー・バヴァン」の卒業生である清水さんと、インド占星術も研究している田中さんが、共通のテーマに話を弾ませました。
2人の占術の専門家による、ディープな世界をお届けしましょう。

1年のつもりが6年も滞在したインド占星術学校

田中 清水さんは、インドにある専門学校「バーラティーヤ・ヴィディヤー・バヴァン」(以下、BVB)の、日本人では唯一の「占星術の専門コース」の卒業生ですよね? そのコースは、K・Nラオさんという偉大なインド占星術家が、先生を務めることで有名ですが。

清水 はい、そうです。BVBはインドの伝統文化を教える私学ですけど、インド建国よりも歴史の古い、由緒ある学校です。
その学校には、いろんなクラスがあって、ヨガや日本語コースもあります。僕は英語とヒンズー語が少しできるので、「日本語をウチで教えないか?」なんて言われましたけどね(笑)。

田中 そういう感じなんですね(笑)。卒業してからは?

清水 卒業して、さらに、BVBに居座りました。授業に出たり、ラオ先生の助手をしたりと。
最初は1年の留学予定だったんです。でも、先生から学ぶインド占星術があまりに面白くて、帰れなくなってしまい、2008年末から14年まで、合計6年間いました。

田中 えー、そんなにいらっしゃったんですか(笑)。

清水 人生を捧げてしまいました(笑)。僕の目的は、ラオ先生の本を翻訳したかったんです。彼をリスペクトしていましたから。
ただ、「占星術をしっかり修めないで、中途半端な知識のままで翻訳するのは難しいだろうな」と思ったので、とにかく1年だけ、BVBに留学しようと決めたわけです。

田中 なるほど、そうだったんですね。

清水 現地でラオ先生に、「先生の本をすべて日本語に翻訳させてください」って言ったら、「ちょっと待て」という雰囲気だったので、テーマを変えてこう言いました。
「1年だけ勉強しますので、先生のアーチャリア・クラスに入れてください」と。

田中 「アーチャリア」って何ですか?

清水 アーチャリアは日本語では「阿闍梨」のことで、マスターという意味です。BVBは2年制で、2年目の上級コースにあたります。アーチャリアを卒業できると、資格みたいなものとして日本では権威にもなるので。
「アーチャリア・クラスに入れてください」」なんて、今考えれば、あり得ない発言ですよね。僕が受けた待遇は、今後もあり得ないほど異例なことでした。なのに、なぜか「いいよ」って言われて。

田中 1年飛ばして、飛び級だったんですね!

清水 それで結局、アーチャリアを学び終えることができました。「ジョーティシュ・アーチャリア」というタイトル(称号)が欲しかったのもありますが、実は1年目は本からでも学べる内容で、2年目のアーチャリアは学校でしか学べない内容だったんです。
そのアーチャリアを終えた翌年、滞在をもう1年延期することにして、1年次のアランカー・コースに在籍し、コースを取り直しました。

田中 特別待遇を受けたことに対し、周囲のインド人からのやっかみはありましたか?

清水 やっかみはむしろ、別のところでありました。クラスの中で、僕はノートパソコンを持っていたけど、みんなは持っていなかったので。

田中 え!? 10年前は、インドではそういう状況なんですか?

清水 ええ、10年前はそんなものでした。最初の頃は、ラオ先生と僕しかノートパソコンを持っていなかったので、「お前、いいな」とやっかまれて。でも、僕が日本に帰る頃には、みんな持っていましたけどね。

田中 その後、ラオ先生を日本に招いたんですか?

清水 僕ではなく、僕が日本に招いていたビサリアさんというインド人の占星術家が招いてくれました。
「そろそろ、Mr.ラオを日本に呼ぶ時期だ」とおっしゃって。

田中 そうだったんですか。ラオ先生の来日は2012年のことですよね。僕は2011年から、ビサリアさんの授業に参加していたんです。

清水 そうだったんですね。ちょうどその頃、BVBでも「インターナショナルセミナー」が始まりました。世界中の人を、年に一度、10日間ほど受け入れるコースです。
でも、来たのはロシア人ばかりでした。なぜなら、ラオ先生は90年代後半からロシアに行き始めたからです。ロシア人はけっこう真面目に学んでくれるみたいで、当時のロシア人生徒は教育水準が高く、博士号取得者が生徒50人のうち45人くらいいたそうです。

田中 ええ!? そんなに。

清水 その手前の90年代前半、ラオ先生はアメリカに赴きました。現地では歓迎されたものの、「客寄せパンダ」扱いされたんです。でも、そのおかげで、インド占星術がアメリカで広まりました。
ラオ先生からすると、アメリカ人は商売には真剣だけど、占星術を学ぶこと自体にはあまり真剣ではないので、95年を最後に、それ以来行かなくなったんです。

清水さんの師である、N.K.ラオさん。

ラオさんに学んでいた頃の清水さん(グレーのTシャツ)。

 

ラオ先生に惹かれてインド占星術の道へ

田中 ところで、生まれはどちらですか?

清水 北海道の札幌です。

田中 いくつまでいらっしゃいました?

清水 30歳過ぎまでです。

田中 上京したきっかけは?

清水 大学院まで進み、本当は研究のために大学に残る予定でした。でも、留学から帰ると教授が変わっていて、それから色々あって、それで「やーめた」と。

田中 ははは。それで、東京で仕事をしようと?

清水 そうですね。

田中 占いを始めたのは?

清水 占いはそれまではまったく縁がなくて、始めたのはラオ先生の存在を知った2000年以降からなんです。
西洋占星術に「1日1年法」とかありますが、 友だちからそういうのを聞かされても、僕はどちらかというとさっぱり理解できないというか、まったく受け入れられないタイプなんです。だから僕は、技法から入っていかなかったんですよ。でも、それがよかった。技法から入って行くと、全然わからないから。

ラオ先生を知ったのは、「面白い先生がいる」と聞いたからです。僕は大学時代も「面白い先生がいるなぁ」と思って、卒論を書く研究室を選んだほどです。

田中 人で選ぶんですね?

清水 そうなんです。僕は、何かの縁で人とつながるタイプで、「あ、この人面白そうだな」というのがきっかけになります。
その逆もあって、留学先から帰ったとき、指導教官が変わっていたのは大きかったですね。そういう部分で、研究を続けるモチベーションが大きく下がったりもしました。
占いを始めたのも、ラオ先生がよく当たるからで、勉強してみると、確かにすごく面白くて。そこで、インド占星術からスタートしたんです。
ラオ先生の周りにいる生徒も、ほとんど僕と同じです。占星術ファンというよりも、ラオ先生ファンという感じ。

田中 なるほど。僕もラオ先生が来日されたとき、授業を受けさせていただきましたけど、普通の先生の授業とは違いましたね。言葉の選び方とか重みとかが、明らかに違うというか。そんな印象でした。

清水 彼はダントツだと思います。そういうわけで、僕はラオ先生がいたからインド占星術をやっている、という感じです。もしラオ先生が西洋占星術をやっていたら、僕も同じことをやっていたでしょうね。

ラオさんが監修したインド占星術の本。日本未発売。

田中 なるほど(笑)。他の占いは全く興味がなかったんですか?

清水 あ、いいこと聞いてくれました(笑)。実はインドに行く前は、中国占術や風水も学んだんです。
なぜかというと、自分の中にまだインド占星術に対する確信がなくて、不安だったんです。それで2、3年、いろんな先生から学びましたね。
でも、僕が中国の占いにしばらくのめり込んでしまったので、生徒さんは「インド占星術に夢中だった清水先生は、どこ行っちゃったんだろ?」と思っていたみたいで(笑)。

田中 そうですよね(笑)

清水 ラオ先生から学んでみて、気づいたことがあります。不安感があったのは、単に僕のインド占星術に関する知識が不足していたからだった、ということです。

田中 確かにインド占星術というのは、すごく技法が多いですしね。

清水 そうそう。当時の僕が、知識もスキルも不足しているのは当たり前だったんです。ネットや本に書かれてある知識は玉石混淆であるだけでなく、全体から見たらほんの一部でしかないですからね。
よく言われることですが、独学にはおのずと限界がありました。なので、本場の学校でしっかり学んで不安が少しずつ無くなっていく中で、インド占星術に対する確信が育っていき、それ以降は、もう一筋になりました。

田中 それで、中国系の占いは全てやめたんですか?

清水 はい。当時作った中国系の占術の資料は、友だちにあげました。よくまとまってるらしく、それを仕事で使っているそうです(笑)。

田中 はははは。中国系の占術や風水も熱心に勉強されていたんですね。

NEXT:「誤解されやすいインド占星術の特徴」「星座よりも惑星のいるハウスを重視」「相談者を怖がらせることなく最良の選択へと導く」

おすすめの記事