17世紀のイギリスの大占星術師による名著『クリスチャン・アストロロジー』(ウィリアム・リリー著、太玄社)の翻訳を手がけ、ご自身も占い師と風水師としての顔を持つ田中要一郎さん(写真右)。
そんな田中さんが、占い界の重鎮クラスのゲストを招いてスペシャルトークするのが、この企画。
10回目のゲストは、なんと、日本の占星術界をリードする超大物&大人気占星術研究家の鏡リュウジさん。これまでの軌跡やご自身の哲学も含め、盛りだくさんに語っていただきました。
最後のQ&Aでは、新型コロナウイルスのパンデミックに関する見解も。
2人の占術の専門家による、ディープな世界をお届けしましょう。

中学生のときに魅せられたタロットカードの世界

田中 鏡さんとは、僕が翻訳した『クリスチャン・アストロロジー』の本の帯に推薦文を書いていただいて以来のお付き合いですよね。
海外のカンファレンスにも、お誘いいただいたりして。

 公私ともにお世話になっております。今年1月のメルボルンでのカンファレンスのときは、同じ宿で寝起きしましたよね。

田中 そうでしたね! 会場の大学付属のすごく広いアパート式の部屋をとっていただいて、個々の部屋で寝て。今でもよく覚えています。鏡さんはもう、僕の人生のキーマンの一人なんですよ。
これまで、生い立ちなどは伺っていなかったので、そのあたりからお聞きしたいと思います。ご出身は京都ですよね?

 はい、生まれは西陣です。でも3歳頃までしかいなかったので、あまり記憶がなくて。4歳頃から11歳までは桃山で過ごしました。11歳で両親が離婚したので、京都市内の松尾にあった母のアトリエに移ったんです。

田中 アトリエというのは?

 母は日本で最初に「着付け学校」を始めた女性で、着付けのほかにも着物デザインなんかもやっていて、その創作場所としてアトリエを持っていたんです。
そこは3LDKほどの広さがあったので、中学と高校時代はそこで家族と暮らし、大学に入るときに東京にやって来たんです。

田中 そうでしたか。占いを始めたのは?

 10歳か11歳の頃、タロットからです。当時、アニメを中心にオカルトブームだったんですよね。魔女っ娘もののアニメがあったり、『エコエコアザラク』(古賀新一作)や『魔太郎が来る』(藤子不二雄Ⓐ作)というホラーマンガがあったり。
70年代初頭の、まさにオカルトブーム全盛期で。

田中 なつかしい・・・。ユリ・ゲラーも来日しましたよね。

 そうそう。映画では『エクソシスト』や『オーメン』とかが公開されて、ピラミッドパワーも流行りました。そんな中で、自分でもできるものがあると知って「タロット・カード」にハマったんですよね。

田中 どの本から学んだんですか?

 辛島宜夫(からしまよしお)先生の本が最初かな。確かタイトルは『プチ・タロット 恋の十字架占い』(笑)。小学生時代に通った小さな本屋にたまたま並んでいて、タロットカードが付いていたんです。
その頃はカードで占うことにはあまり興味がなくて、タロットカードが醸し出す雰囲気の方が好きでした。オカルティズムへの関心が強い子どもだったのかもしれません。
中学に入る頃には、ウェイト=スミス版タロットを買ってもらって本格的に・・・。

田中 どこで買われたんですか?

 京都の高島屋のおもちゃ売り場(笑)。付属のブックレットは英語でしたから、辞書を引きながら自分で訳して「アーサー・ウェイトはオカルティストで魔法使い」と書き込んで・・・、「現代にも魔法使いっているのかな?」とか、オカルティズムへの関心が高まっていった感じです。

田中 タロット占いをやってみて、「当たっている」と実感されました?

 多少は。でもやはり、占うよりもカードが持つオカルティックな雰囲気の方に興味があったかな。

ユングを学びながらマニアックな占星学にのめり込む

田中 では、占星術との出会いは?

 タロットを始めた直後、中学生になってからです。タロットには、関連惑星についての情報が盛り込まれていますよね?
その意味を知りたくて、糸川英夫先生やルル・ラブア先生の新書を買って、「占星術? なんじゃこれは?」と思いながら読みましたね。

田中 タロットよりも、占星術の方がしっくりきましたか?

 同時進行でした。当時は魔術の世界にもすごく興味があったし。
自分の中の位置付けとしては、「タロット・魔術・占星術」の順だったんですが、今では占星術を中心にいろいろ関心をもっているという。

中学3年生の頃、ハタと気づいたんですよね。「なんで自分、こういう迷信をやっているんやろ?」って。「タロットや星の配置で何かが当たるというのは、どう考えても迷信というか、間違っている。なのに、やめられない。どうしたらええねん?」と思っていたときに、ユング関連の本と出会ったんです。
確か、中3か高1くらいのときかな。

田中 え、中3? すごい早熟ですね。

 占いの本を読んでいると、必ずユングの名前が出てくるでしょう?それで、「これはやらなあかん!」という感じで。
河合隼雄先生の『コンプレックス』(岩波新書)と秋山さと子先生の『ユングの心理学』(講談社)を読んで、すごい衝撃を受けたんです。「なんじゃ、これは? ユング心理学って占いじゃないか!」って。

田中 ユング心理学は、占い同然だと(笑)。

 そうです。やっていることはほとんど一緒だなと。いや、こんな言い方したら叱られるでしょうけどね。でも、本質的なところでは通じるものがあると思う。
それでいて、ユング心理学はまっとうな学問の顔をしているわけだから、「占星術もこれを使えばいいのに」と思っていたら、その後、ユング派の占星術師たちがいることに気づいたんです。

高校生のときに家族でハワイ旅行に行った際には、こんなことがありました。
現地のオカルト書店に立ち寄ったら、店員からリズ・グリーン(ユング派分析家・占星術家)の本を勧められたんです。そのきっかけが面白くて。
一緒にいた母が「この子にお勧めの本はどれ?」と聞いたら、その店員が最初、絵本を持ってきたんですよ。僕が子どもに見えたんでしょうね(笑)。

母は怒って「バカにしているの? 手加減しなくていいから、あなたが本当に一番いいと思う本を持ってきて」と言いました。
それで、次に持ってきたのがリズ・グリーンの『サターン 土星の心理占星学』だったんです。

田中 へぇー、お母さんもすごいけど、土星をテーマにした本を選ぶその店員もすごいですね(笑)。そのときに、リズ・グリーンとの縁ができたわけですね。
※『サターン 土星の心理占星学』の日本語版は、鏡さんが翻訳して2004年9月に青土社が刊行。

 そうそう(笑)。他にも、高校生の頃、社会人のオカルトサークルに入っていて、そこで洋書を共同購入するプロジェクトがあって、アクエリアン出版などの文献を入手していましたね。
オランダの占星術家カレン・ハマカーの本とか、後に僕が翻訳することになるリズ・グリーンの『Relating』(邦題『占星学』青土社刊)とか買いました。アマゾンなんかない時代ですから。

田中 えー、高校生のときに!? 専門的で難しい内容だったんじゃないですか?

 当時の僕にはめちゃくちゃ難解で。でも、自宅に京大生の家庭教師が来ていたので、一緒に読んでもらったりしました。

田中 どうりで英語が堪能なわけですね。

NEXT:「高校生のときから開始した雑誌への執筆活動」「最初に手がけたパワーストーンの翻訳本が大ヒット」「心理占星術が定義する「魂」にこだわった本でデビュー」

おすすめの記事