17世紀のイギリスの大占星術師による名著『クリスチャン・アストロロジー』(ウィリアム・リリー著、太玄社)の翻訳を手がけ、ご自身も占い師と風水師としての顔を持つ田中要一郎さん(写真右)。
そんな田中さんが、占い界の重鎮クラスのゲストを招いてスペシャルトークするのが、この企画。
5回目のゲストは、占星術研究家として中世の魔術書『ピカトリクス』や小惑星に造詣が深く、占星術スクールも運営している、芳垣宗久さん。悩みながらもドラマティックな変遷を経て、占星術家として活動するようになったという、芳垣さんのエネルギッシュな個性が炸裂する対談となりました。
2人の占術の専門家による、ディープな世界をお届けしましょう。

噂を呼んだ学生時代の手相とタロット鑑定

田中 生まれはどちらですか?

芳垣 東京都大田区の映画の街・蒲田です。

田中 占いに興味を持ったのはいつからですか?

芳垣 中学生のときでした。父親が買った雑誌に、手相の袋とじ企画があったんです。天下取りはこんな手相だ、みたいな。弟の手相をその場で見て、「これは面白いなぁ」と思って。
その場で丸暗記したら、次の日から占い師になっちゃったんですよ。学校に行って、「おまえ、手相見せてみろよ」って。

田中 はははは!

芳垣 「おまえは受験に失敗して浪人する」とか、ひどいこといっぱい言いましたね。でも、みんなが手相を見せに来て噂が広まったんです。そして行列ができ始め、いい気分になって「どれどれ、う〜ん」と予言者気取りでした(笑)。
それが、わりと当たったんです。「おまえは芸術家だ」「あぁ、やっぱり」とか。そのうち先輩や先生とかも来るようになって、「占い師」というあだ名になったんです。それがきっかけですね。

田中 へぇ〜、そうだったんですね。

芳垣 ある時、先輩が「占い好きなの? これあげるね」とタロットカードをくれたんです。その日から、タロット占いを始めました。

田中 どんなタロットでしたか?

芳垣 マルセイユ版だったと思います。簡単な説明書がありましたが、どうせ覚えられないからと絵柄で読み解いてました。でも、今思うと、それは正しい占い方でしたね。3人が描かれた絵柄だと、そこから受け取るインスピレーションで、ライバルを表していると感じたり。
死神とかの不吉な絵柄が出るとみんな怖がりますが、「安心しろ、もう1枚引けば解決策がわかるんだ」とか言って。そうやって引いた解決策のカードの意味が当たっていたので、我ながら「よくやっていたなぁ」と思います。

田中 (笑)。

芳垣 私がいた学校はヤンキーの怖い先輩がいて、目立つといじめられたんです。自分は中一の夏休みくらいで目立ったので、ついに呼び出しが来ました。逃げてもいじめられるので、行くしかないなと。
剣道部の部室が怖い先輩の溜まり場で、そこに行ったら、待っていたわけです。「おまえ、占いができるんだって? ちょっとやれよ」と机に座らされました。やるしかないので「じゃあ、手相を拝見!」と先輩の手相を鑑定したら、いろいろと当たったんです。
「すげー! 彼女呼んでくるわ」と言われて、女の子が来てくれたら少しは和やかになるだろうから「あぁ、助かった」と思って。先輩たちは次々と手を差し出すので、その手相を観て、タロットでも鑑定して。「おまえ、すごいなー! 当たってるよ」と言われて、仲良くなったんですよ。

田中 はははは!

芳垣 「占いの力はすごいな」と思いましたね。でも、一番怖い先輩がやって来たんです。目つきも強烈だし、体格もでかいし、「俺は信じない。インチキを暴く!」と言い出して。
質問もすごくて、「俺は今までの人生で1回だけ引っ越しをしたことがある。それがいつだったか当てろ」と言われたんです。

「ここで外れたらずっといじめられるかもしれない」と思って、パニックになりながら、まずは手相を観て「タロットに聞きます」と言いながら、どうやって切り抜けたらいいかを数分間考えました。そのとき、彼が幼稚園の夏休みが終わって、みんなに「バイバイ」って言ってるシーンを、なんとなく感じたんです。
「幼稚園の年長さんのときの夏休みですよね」と答えたら、「なんでわかった?」と言われました。本当にそうだったんです。たぶん、何らかの事情で引っ越しして、大変だった時だったんでしょうね。シーンとなって、その先輩から「おまえは本物だと思う。今日から俺がおまえのマネージャーだ。芳垣に占ってもらう時は俺を通さないといけない」と言われました(笑)。

田中 それはそれで怖いですね(笑)。

芳垣 それからは、すごくよくしてくれたんです。気配が近づくと皆が逃げるくらいのヤンキー集団なのに、私だけには「遊ぼうぜ」って声をかけてくれて、ある意味、幸せでしたね。
そこで味をしめました。占いって、相談事にのるカウンセラー的な役割でもあり、いろんな人と仲良くなれるんです。

2年間のひきこもりと占いの現場を知ったショック

田中 それから、ずーっと占いを学校でやっていたんですか?

芳垣 高校生の頃には疲れてしまい、大々的にはやらなくなりました。それに、高校を卒業してから、2年ほど引きこもりになったんですよ(笑)。

田中 そうだったんですか。

芳垣 アルバイトをする気にもなれず、オカルト系の占いの本を読む生活でした。

田中 2年間もひきこもりに?

芳垣 その時は、この先、どうしたらいいのかを深刻に考えていたんです。「どうしょう、どうしよう」って、半分ノイローゼに近かったですね。親も悩んじゃって。
当時は80年代の占いブームで、テレビにたくさんの占い師が出演していました。今と違うのは、怪しそうな雰囲気の占い師がいたこと。肩にカラスがとまっていたり、パフォーマンス的な占いをされる方が多かったです。それを目にして、「会社員は無理だけど、占いならできるかな」と思いました。

そこで、どうやって占っているのか、友人の口コミを頼りに、占いブースがいくつかある建物に偵察に行きました。出会ったのは、ひどい占い師で。
おばちゃんのいるブースを覗いたら、「座りなさい。何を悩んでいるの?」と言われたので、「将来、何をしていいのかわからない。自分が何者かもわからない。自信がない」と話しました。
おばちゃんは「なるほどね」と言って、九星気学の本を出して、そこに書いてあることを読み上げたんです。「あなたに向いているのは、結婚式の司会、弁護士、金物屋」って。一生懸命メモったけど、何の脈絡もなくて(笑)。
「あんた、生まれつき運が悪いから、これ買いなさい」とラピスラズリのペンダントを差し出されて、「それで運が良くなるならいいかな」と催眠にかかったように買って、身に付けて帰りました(笑)。

でも、そのペンダントを誤って洗濯したらボロボロに崩れたんです。偽物でした。その時に、「二度と占いには行かない。占いってひどい! 自分は絶対、占い師にはならない」と決めました。
そんな自分が、今は占い師ですからね(笑)。

田中 はははは。

NEXT:「夢の中で松村潔さんに導かれた占星術への道」「大ピンチを迎えたオーストラリアで占い師デビュー」「小惑星好きが高じて熱海との運命的なご縁に気づく」

おすすめの記事