生命は7つの層でできており、感覚は12個でできている。この時に生命の7つの層は、みな同じものではなく地球人とか宇宙存在とか、さまざまな振動差があり、基本的には振動密度が低いものは高いものを対象化できない。つまり、その存在を発見できないということだ。

で、宇宙の階層を振動の高いものから並べると、全宇宙、全太陽、太陽、惑星を抱え込んだ太陽、全惑星、惑星、月あるいは火、空気、水、固形物(土)という順番になる。
太陽と、惑星を抱え込んだ太陽は違うのかと疑問に感じるかもしれないが、より上位の意識に対して受け皿の月としての太陽と、下にある惑星に向けた太陽は違う。これはヘルメスの「太陽は上に対して月であり、下に対して太陽である」という言葉をそのまま反映させたものだ。

グルジエフの食物エニアグラムでは、外部から取り入れる扉を意味する9の数字の位置に、固形物(H768)が配置され、これをドの音とすると、水、空気、火、惑星、全惑星と続き、惑星を抱え込んだ太陽がシの音になり、これで7つの層になる。
地球人は食べたものでできている。外部から取り入れる固形物が、固形物としての肉体を作る。生命は7つの層でできていると言うことは、この地球人間は進化の上限が太陽系にとどまり、その外に行くことはできない。

太陽系の中にある惑星は、常に自転・公転しており、ひとときも休まない。で、物質というのは、意識の自己分割によって作られていくので、固形物としての身体は、分割の果て、限定性が極端化されたもので、「いま・ここ」という限られた場所にしか存在せず、寿命も著しく短い。
これは常に回転する惑星の上で、限られた地域にしか存在しえない生命のありかたで、惑星の上にしか住むことができないということなのだ。

太陽系の外の恒星は、太陽系の中の惑星のように常に動き回っているわけではない。惑星は惑う星で、恒星は恒久的に存在する星なのだ。グルジエフのエニアグラムの外界との唯一の扉である9の位置は音階のドの音だが、下のドは固形物を外界から体内に取り入れる。

一方で、上のドは太陽系宇宙から見ての外宇宙としての恒星が割り当てられる。たとえば、地球に住んでいる眠りこけたスターピープルが、自分のことを思い出すと、故郷としての恒星が存在の基点になる。
自分はシリウスbから来たなどと思い出してしまうと、その人は、このシリウスを軸にして、生命の7つの層を再構築する。生命は7つの層でできているという原則からすると、9の数字の恒星をドの音にして、降りて行き、7番目はエニアグラムの2の数字に配置されている水(H384)が低限となる。
本人からすると、これが土の元素を示す肉体であるが、地球の大地を踏みしめて生きている人からすると、水の元素にしか見えない。上に伸ばしたので、下が寸足らずになったのだ。

このように目覚めたスターピープルは、固形物(H768)を外部的なものとみなし、自分の生命の7つの層には組み込めなくなり、いわばコートとか着脱可能なものとみなすのだ。
すると、目の前にあるモンブランケーキとか、ココイチの3辛カレーとか、デニッシュとか、ペペロンチーノのスパゲティとかをじっと見て、果たしてこれを体内に入れていいのかどうか躊躇の気持ちが生まれる。

というのも固形物の物質は、地球の大地に根付き、時間と空間の尺度において限られた場所にしか存在しないものだ。記憶を失ったスターピープルが、どうして記憶を失ったのかというと、この限られたところにしか存在しないものに自己同一化することで、継続する意識はとぎれとぎれになるからだ。

固形物を体内に取り入れることが、記憶を失う大きな要因でもあると気がつくと、たとえ贅沢な肉料理を目の前にしても口に入れることに抵抗感は必ず出てくる。これを食べたら、シリウス人であったことをまた忘れてしまうのではないか、と。
実際に食べると、記憶は失うが、多くを失うことはない。しかしずっと大食いを続けると、シリウス人であることが現実味を失い、大地に根付く存在に戻ることは確実だと思う。

おすすめの記事