スターピープルの皆様、こんにちは。
2019年令和となり、その名が示すように一人ひとりが神からご信託を受け始めました。あたりまえのように一人ひとりが神と繋がり、自らが本来の創造主だと思い出す時です。
一人ひとりの宇宙を完成させ、自らの調和が取れた時、調和から、人類一丸となる大調和へと向かっていく、今は見事に地球も人も変容の時期です。

神の島で考えさせられた一人ひとりの使命

私は普段、沖縄の那覇在住ですが、先日、神の島と呼ばれる久高島にお友だちと遊びに行ってきました。
今までも何回か泳ぎに行ったり、のんびりしに行きましたが、それはあくまで観光気分でした。しかし、今回は島のガイドさんを予約したのです。

さすが、神の島に先祖代々住んでいた方でした。一言一言が神々しく、「あぁ、この方を通して、神が私に大切なことを改めて教えてくれているのだ」と感じました。
その中で、私が最も心惹かれた言葉があります。

「地球は最初から聖地だよ」。
「この地球に存在するものは全て役割があるの。だから、邪魔な人も邪魔な物も無いの」。

地球はどこも最初は聖地でした。それは今も、本当は変わらないはず。
人間が自分たちの都合に合わせていろんなことをしてきたけれど、地球は最初から今も聖地なんだ。小さな石ころにも、砂粒にも、道端の雑草にも役割がある。
どんな小さなものでも、目立たないものでも全てに役割がある。
邪魔な人も、邪魔な物も無い。価値の無い人も、価値の無い物も無い。
それぞれに役割がある──。

そう思ったのです。雑草が生えてなかったら、生きられない生き物がいます。
雑草のおかげで浄化されている土があります。
ガイドさんの言葉は私の心の深いところまで届き、そのあともずっと色々考えさせられました。

久高島には人の形をした神様はいませんが、何気ない木々の奥や波打ち際に、そっと神様はいます。そして、島の人は毎日あたりまえのように手を合わせて感謝をします。
とはいえ、そこだけが特別な場所ではなく、久高島は島そのものが神なんだと感じずにはいられません

この島には、それぞれの神様の役割がわかりやすいように、小さな場所が用意されています。麦の神様の発祥の地であったり、神様が海から上がってきた場所だったりなど、そこを一つの目印としていますが、島のどこにいても神様の気配が感じられます。
そのため、どこにいても、ただ感謝の気持ちが湧いてきました

自分と向き合い目覚めを確かなものにするために

このような感謝を、私たちはどのように行動に移すことができるのか? 私たちはどう生きたらいいのか? 私たち一人ひとりの役割とは?
そういうことを、誰もが考える時期にさしかかっています。

2019年も、あと1ヵ月で終わります。
今月12月21日(土)10時〜16時、渋谷で年内最後のワークショップを開催させていただくこととなりました。
今ここに、数ヵ月前にワークショップのお話しをいただいたときと違う、小梅がいます。

この1年の意識の変容は小梅だけではなく、どの人も一気に加速上昇したことと思います。
より深く、より高く、より広く、より軽やかに……。
どの人にも、確実に意識の目覚めが起きています。もちろん、そのことを今までのように気がつかないふりや、見て見ぬふりをすることもできますし、それは自由です。
でも、もうここからの時代、見て見ぬふりをしながら、自分に嘘をつきながら生きることは、意識の目覚めに気づかないふりをして生きるより、さらに苦しいのではないでしょうか。

今、一人ひとりが自分とちゃんと向き合うときです。それは恐れることではありません。自分と神が一体となり、自神(自信、自身)となるだけだからです。
今この時代は、ある日突然覚醒してしまうこともあります。朝目が覚めたら、今までと違う世界にいるような感覚や、「24時間365日、なんだか不思議と幸せな感覚の中にいる!」と感じても不思議ではありません。

では、それが一体なんなのか?
自分に起きていること、ここからさらに起こること、目覚めた後の生き方など、改めて参加者全員でちゃんと意識合わせをしていきましょう。

大人数の集合意識の力で内なるパワーを目覚めさせる

当日は間違いなく、約束した魂の仲間が集まります。
ここから支え愛ながら、高め愛ながら、調和から大調和へと一緒に向かう仲間だとしっかりと理解して、先に進みましょう。

12月21日のワークショップでは、「2020年とそこからの未来」に意識を合わせ、一人ひとりのあるべき姿をありありとイメージし、参加者全員の集合意識を使い、祝福のエネルギーと共に一気に思考の現実化も図ります。
一人でイメージすることも大切ですが、ワークショップやセミナーならではの「大人数の意識エネルギー」を使わせてもらいましょう。
私たちは創造主です。その力を目覚めさせます。

ナチュラルスピリット社のHPで紹介させていただいたワークショップ内容の半分は、当日変わるかと思います。今はたった1日で、以前の10日から1ヵ月分くらいへと速度が変化しています。
12月21日までにはまだ日がありますから、ワークショップ当日、何が起こるか今から心臓がトクトクワクワクしています。

ワークショップの内容(現時点での予定)

1 参加者のエネルギーを一つに合わせる「ふるさと」
2 結魂(けっこん〕の儀式
3 奇跡の周波数、それは自分
4 波動の絵、波動の読み取り
 《お昼休憩》
5 今まで自分の幸福や成長、覚醒を止める、恐れや疑ってきたエネルギーを光にする「エネルギーエコ還元システムワーク」
6 「WS時空を超えるセッション特別編」からの、あたりまえにあるべき本来の自分の姿へ意識を合わせ、宇宙意識と調和を体感
7 一人ひとりが、参加者全員から祝福の光のエネルギーを浴びて大調和を体感

 

あぁ、早く皆さんに愛たいです。
シェアしたい、触れたい、抱きしめたい、溶け愛たい。一人より、多勢の愛のエネルギーのすごさを一緒に体験しましょう!

2020年直前の今だからこそ、今一度落ち着いて、自分の心に触れて、自分をちゃんと見てあげて、今ここを感じながら、ここからの自分と自分の未来に希望と愛を向けましょう。
あたりまえの健康、あたりまえの幸福、あたりまえに満たされた自分、もともとの光輝くエネルギーである自分。
それをあたりまえのように受けいれ、あたりまえのように現実化する意識の使い方とワークを、目一杯お伝えします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1日ワークショップ

宇宙意識体感ワークショップ ~本当の自分とつながる~
2019年12月21日(土)
時間/10:00〜16:00
定員/90名
料金/20,000円(税込)
会場/アットビジネスセンター渋谷東口駅前
東京都渋谷区渋谷2−22−8
※持ち物/色鉛筆や色サインペンセット、お手持ちの精油2〜3本、クリスタル小サイズ〜中サイズ(お持ちでない方にはお貸しします)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

田中小梅
たなかこうめ/幼少期より神様は一人ひとりの心の奥にいるのだと確信し、内なる神様と日々質疑応答を繰り返す。10歳で子ども霊能者としてデビューし、鑑定歴は40年以上。相談者は約5万人。一切広告をしていないが、日本のみならず海外からも鑑定依頼が絶えない。顧客は、政治家、一部上場企業の会長、社長、芸能人から、主婦、子どもまでと幅広い。自然療法のサロン経営、アロマセラピー、エネルギーワークの講師として全国を行脚した経験を経て、現在はこれまでの知識と体験をもとに執筆活動に専念。趣味は、チェロと外国人に日本語を教えること。世界中を旅しながら、その時気に入った場所で家族と神様と仲良く暮らしている。現在は沖縄県在住。著書『神様とメル友になれる本』(東邦出版)。

『神様とおしゃべりできる小梅さんの開運話』
人生が好転していく「しくみ」のすべて

田中小梅著/ナチュラルスピリット

 



おすすめの記事