こんにちは、占術家のいくらです。
これまで様々な職種、立場の人の人相を鑑定してきました。その結果、それぞれの立場によって、人相の特徴に偏りあることに気づいたのです。
中でも特に、女性の相談者の場合、責任者の立場だったり、自分で会社を経営していたり、起業されている方々には、一定の共通点がありました。

そこで今回は、これまで人相鑑定をしてきた中で見出した「社会で活躍している女性の共通点」を、占いによらない独自の視点から紐解いていきます。
なお、女性に見られる共通点として取り上げていますが、男性にも通じるところがありますので、あわせてお楽しみください。
※この記事は、あくまで人相学から筆者が判断したものであり、見た目による差別を助長するものではありません。
イラストはすべて、私が描いています。

活躍する人たちに見られる3大特徴

1 額が広い・額を出している

共通していることの一つとして、ほとんどの方が、額を前髪で隠すことなく全開にしている点です。


女性の中には額を出すのがあまり好きではない人もいるようで、「オデコ出しNG」というのも珍しくないようですね。
もちろん個人的な好みがありますし、額を出す出さないで見た目年齢に差が出ますので、年齢を気にする方は額を隠すことでしょう。


また、額を出さないと社会で活躍できない、というわけでは決してありません。これについては面白い話があります。
現在、芸能界には女性アイドルグループが多数存在しますが、その中でも大手のグループを担う某プロデューサーは、オーディションの際「ここで今すぐ額を出せるか?」と相手に問いかけ、すぐに額を出した人を合格圏内に残し、出せなかった人は不合格にしていた、というエピソードがあります。

これは「額を出さないと売れない」というよりは、すぐに対応できるかどうかの度胸を試したのだと考えられます。度胸のあるなしは、芸能界で売れるための必須条件です。そのたびに躊躇するようでは仕事にならないからです。
これは、他の仕事においても同じことが言えます。大きなチャンスが巡ってきたり、責任が問われる大役を任されても、決して尻込みしない度胸や、肝が座っていることが大切です。

ちなみに人相学でも、額全体は社会性を表すので、ここを隠すことは「社会性を閉じる」という意味になります。

 

2 頬が前方へと張り出している

女性に限らず、どの業界でも第一線で活躍している人に見られる特徴です。頬がふっくらしていて、前に張り出しています。通常、年齢を重ねる毎に、頬は次第にげっそりして張りは無くなるものです。

人相学では、頬は「世間の人気」を表します。頬がきれいなほど世間からの評判が良く、前に張り出しているほど、世間に打って出る力があります

経営者、責任者に頬が張り出している人が多いのはなぜか? これについては理由があります。
そのような立場で活躍する条件として、「コミュニケーション能力」に長けていることが挙げられます。人は、一人では生きていけません。自分のいる会社や組織、業界で活躍したい場合、どうしても他の人と協力することが必要です。
その際「相手と会話し、考えを共有する」ことで、互いに打ち解け、協力してもらえるようになります。


会話をするということは、口の動作が多くなり、連動している頬の筋肉を使うことにつながります。
特に、頬が前に張り出している場合、笑顔で話していることが多いことを意味します。周囲と良好な関係を築いている証拠と見て取れるので、頬が張っている人はたくさんコミュニケーションをとっている人であり、「活躍している人」と解釈できるのです。

 

3 アゴが張っている

ここで言うアゴとは、「腮骨(エラ)が張っている」人です。輪郭が四角型の人と言えるでしょう。
骨格的に張っている人はもちろん、後天的に発達して、気がつけば以前よりアゴが張ったように見える、という人もいます。
人相学では、ここが張っている人は「忍耐力が強い・我慢強い」とされます。その証拠に、歯を食いしばると、この部分も張りますよね。

責任者や経営者になると、新たな責任が生じ、ときには部下の責任を負うこともあるでしょう。言われのないことで叱責や罵倒されることがあっても、歯を食いしばって耐えなければならない場面が増えてきます。
信じられないことですが、それを繰り返すうちに、腮骨(エラ)に筋肉がついてくるのです。これが、アゴが後天的に張ってくる理由です。

ある女性芸人コンビの話です。
今では珍しくない女性芸人ですが、そのコンビが活動し始めたのはまだまだ先駆けの時代で、男性芸人と混じって仕事をするのは肩身が狭く、かなり辛い状況だったそうです。
そんな中で、悔しい想いをしながらも必死に活動し、のちにコンビは大ブレイク。女性芸人ブームの走りになったのですが、その一人がある日歯医者に行ったとき「あなたのアゴ(エラ)の張りは骨じゃなくて、筋肉だ!」と言われたそうです。

そのアゴの張りはトレードマークでもあったわけですが、結局、女性芸人は筋肉を落とすために歯を食いしばらないように気をつけることにしました。すると、アゴの張りはだんだん無くなって、細くなっていったのです。

今では女性の進出もそう高いハードルではなくなりましたが、まだまだ男性社会の名残があるため、このように歯を食いしばって絶えている女性も決して少なくはないでしょう。
その中で、責任ある立場になって活躍している女性の場合、アゴが張っている人がわりといるようです。

***
いかがでしたか?
今回挙げた3つの理由の他にも、まだまだ挙げることができますが、またの機会にご紹介しましょう。

 

いくら
人相研究・占術家。セツモードセミナー修了。顔学会会員。観相術(人相・手相など)四柱推命を主に扱う。喫茶店やファミレスなどで対面鑑定を行う傍ら、セミナー講師、Web・雑誌の記事の執筆・監修など、多岐に渡り活動している。

人相見いくらの、開運「顔」ブログ
https://ameblo.jp/nigaoe-uranai

twitter
https://twitter.com/ikuradesign1375

現在の活動内容はこちら
https://ameblo.jp/nigaoe-uranai/entry-12365260343.html

おすすめの記事