世界的なスピリチュアルリーダーであり、「奇跡のコース(A Course In Miracles)」のティーチャーとしても活躍する、アラン・コーエンさん。
スピリチュアルなコーチングの実力で、長年、大勢の人の人生を導いています。
今回も、珠玉のエッセイを発信していただきましょう。

スピリチュアルな旅路で変化した自分らしさ

ずっと普通に受け入れてきたことが、もう耐えられなくなった最初の瞬間を私は覚えています。登場人物が撃たれたり、殴られたりする映画を観た後、吐き気を覚えたのです。
これは、私が自身のスピリチュアルな道を歩み始めた頃のことで、瞑想したり、ヨガをしたり、食生活を変えたりし始めていました。

それまでは、暴力的な映画も戦争映画も、気味の悪いモンスターが出てくるような映画も、どんなものも鑑賞できていました。
ニュージャージー州の公営住宅で育った私は、通常、多くの人が嫌な気持ちになることに対しても、良い意味で鈍感だったのです。大学では、パーティー同好会に属していました。つまり、何も私を不快にさせるものはなかったのです。

しかし、映画を観て吐き気を覚えたとき以降、今まで楽しかったはずのことが、重く、意味がないものに感じるようになりました。
友人との関係性も変わり、不満ばかりの会話でつるむことを止めました。楽しいと思えるものの種類が変わり、パーティーは魅力を失いました。

そんなふうに全てを流れに任せていたら、新しい友人とのより恵みある付き合いを受け容れる空間が自分の中にできました。
私は、スピリチュアルな成長をする中で変化を遂げたのです。この記事を今読んでいるあなたもまた、私が言っている意味を正しく理解してくださっていることでしょう。

何年も何年も、そのプロセスは止まることはありませんでした。むしろ速度を上げていきました。
今や、かつては刺激的だったと思っていた活動はどんどん減ってきています。本質のないジョークばかりのものには興味がなくなり、ショッピングモールはまるで別の惑星のように感じます。
テレビやニュースも非現実に感じます。

そこで、パートナーと私は映画のストリーミングサービスのメニューをじっくりと調べて、これから2時間を費やして観る映画を苦労して見つけるのです。
時々はピンとくる映画を見つけ出せますが、しかし、それもかなりの時間をかけた後のことです。メニューを見ながら、頭を掻いて「誰がこんな映画を観るためにわざわざ支払っているんだろう?」と不思議に思うのです。

変なのは自分でなく、この世界の方だとしたら

私のマインドの一部は、自分があまりにもえり好みが過ぎているか、気取り過ぎなのではないか、と疑問を投げかけます。
しかし、私は自分を不快にさせるようなことをとりあえず行って、何も問題ないふりなどできないのです。

私は内なる存在の導きによって、自分にもたらされるものを信頼するとともに、興味を持てないものが遠ざかることを信頼しなくてはなりません。
進化は、それまでの行動をもっともな理由をつけて不快なものにしてしまいますが、その代わり、別の活動への試みを、とても味わい深いものにします。

おそらく、あなたも自分自身を「あまりにも感じやすい性格なのではないか?」と疑問に思ったり、普通だとみなされていることに対し「居心地が悪いと思う自分はダメだ」と思ったりしたのではないでしょうか。
セミナーの参加者に「自分のことを変だと思ったり、変だと人から言われたりしたことがありますか?」と尋ねると、ほぼ全員が手を挙げます。

ここで私は、この普通だとされている物事へのあなたの感じやすさと不満をどのように捉えたらよいか、その抜本的な見解をお伝えしたいと思います。

まず、変であるのは、あなたではないのです。この世界なのです。
「奇跡のコース」は、私たちが作り出している世界は、私たちが生きるべき道とは逆を行っていると言っています。
そのためこの世界では、誤りが正しく見え、正しさが誤りに見えます。世界は写真のネガのようなもので、黒が白に見え、白が黒に見えるのです。

つまり、見えているもの自体に正誤はなく、それを正しく見ているか、と言う判断自体が存在しません。
ですので、自分は人とは違っていると感じる風変わりな部分を、むしろ「自分は正しい道にいる」と確認させてくれる、スピリットからのサインだと受け止めてください。
英国の劇作家であるトム・ストッパードは、こう書いています。

あなたがすでに分かっていると思っていた、ほとんどのものに対して「間違いだ!」と感じたそのときが、最もイキイキと生きるべき可能性を持ったときである。

風変わりなままでイキイキ生きるための5つのコツ

さあ、では、どうしましょう? 洞穴に隠れて、あなたがきちんと収まることができるような世界に変化するのを待ちますか?
でも、それはたぶん、すぐには起こらないでしょう。それまでの間、世界が健全になっていくまでの間、この場で少し学んで、やれることをやってみましょう。

●極めて正直になること自分を元気づけてくれるもの、または反対に消耗させるもの、それらに対して正直になりましょう
自分にとっての「これだ!」と「これではない」に対して、それが何なのか、真実を語るのです。
自分らしくいたいという体験への思いが、自分がいるべき場所へと連れて行ってくれるでしょう。

●信頼すること導かれていることを信頼しましょう
自分の完璧な成長へ向かうことに、後ろめたい気持ちになる必要はありません。直観に従えば、自らが育まれ、守られ、導かれます。
考え過ぎるのは止めましょう。自分の最も深いところにある知恵とともに進むのです。

●行動することガイダンスに沿って行動しましょう
自分に合うものに「イエス」と言い、合わないものには「ノー」と言いましょう。多くの人は、より健全な境界線を設定することで、良いものを受け取ることができます。
「これではない」ものに「ノー」と言うこと。「これだ!」というものに「イエス」と言うこと。それを覚えていてください。

●恐れないこと自分が成長し続けることを、恐れないでください
私のコーチングのクライアントの多くは、「古い友人ともう楽しめなくなった」と報告してきます。
友人たちはゴシップや愚痴を繰り返したいと思い、一方で私のクライアントは今まで習慣的にイエスと言っていた彼らからの招待状に、ノーと言うことに罪悪感を持ちます。
愛あるコミュニケーションを通して、関係性を向上できるのであれば、そうしてください。もし、できないと思うなら、この成長の流れにそのまま乗って、次の変化の地点に行きましょう。

●深めていくこと自分の成長に見合う新しい繋がりや活動、習慣を深めていきましょう
私とパートナーは観たい映画を見つけられないとき、こうします。スピリチュアルなセミナーの動画を観たり、音楽を聴いたり、犬たちと遊んだり、自然の中を散策したり、星を観たり、大切なことを話したり。
私は自分の後ろに置いてきたものに、何も未練を感じることはありません。

***

私が自分自身の成長を尊重するとき、私もまた全ての人の選択を尊重しています。
誰もがいつも完璧な学びの「曲がり角」にいるのです。その角を曲がることで、あなたに新しい変化が訪れるのであれば、その成長の流れに乗りましょう。

(翻訳/桜水現実)

アラン・コーエン
アメリカ生まれ。ハワイ島在住。世界25カ国で著書が発売されているベストセラー作家であり、セミナーリーダー。全米のTVやラジオなどに多数出演する他、多くのスピリチュアルドキュメンタリーにプレゼンターとして出演。「101 Top Experts that Make our Life Better(より良い人生へと導くエキスパートトップ101人)」の中に名を連ね、その教えの深さと大きさから「Mentor’s Mentor(メンターのメンター)」と呼ばれている。毎年来日するほどの親日家であり、日本でも15冊以上の翻訳本やDVDが発売されている。代表作に『人生の答えはいつも私の中にある』『「願う力」で人生は変えられる』など。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本第8期ホリスティックライフコーチ養成プログラム
10月開講!
※6ヵ月間のトレーニングと認定を受ければ、プロのコーチとして活動することができます。7月19日(日)10:00~11:30 「無料オンライン説明会セミナー」参加受付中。

http://spiritfirst.com/life_coaching_program/ 

アランの住むハワイ島でのリトリート~12月開催!
世界初、アラン流瞑想のワークも受け取れます。
https://spiritfirst.com/hawaiiretreat2020/

アラン・コーエンの来日・最新情報はこちらをごらんください。
https://spiritfirst.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『頑張るのをやめると、お金とチャンスがやってくる』
アラン・コーエン著/本田健訳/PHP研究所

おすすめの記事