三月終わり位から、フェイスブックで夢を探求する研究会を作ったのだが、最近ふと思いついて、参加者に「伝説のシャンバラについて探してみてください」と提案してみた。ここではどんなことも、すべて夢でサーチするのだ。

なぜ、シャンバラと思ったのかということについて説明しよう。ケプラーは、惑星間に立体幾何図形が成立していると主張した。で、地球の内側の軌道にある金星との間は、金星が内接し、地球に外接する正二十面体が成立していると主張している。地球の外には、地球が内接し、火星に外接する正十二面体がある。

昔から地球の内側に、地底王国があるという伝説があり、そこでは上空に太陽があると言われている。ヒットラーはこれを探すために探検隊まで作っていた。
単純な図式として、地球の公転軌道の円を、地球の地表とみなし、地球の内部には、金星軌道、水星軌道があり、真ん中に太陽があるのではないかと考えてもいい。もし、地球の地底に王国があるとすると、それは正二十面で内接する金星に照応すると考えてもいいのではあるまいか。

わたしは以前から動物系知覚と、植物系知覚についてよく説明するが、物質的な様相というのは動物系知覚で見るものであり、これは脳を中心にしている知覚で、植物系知覚は心臓を中心にした知覚スタイルで、このふたつでものの見え方はまったく違う。
地球内部に金星のラインがあるというのは、植物系知覚で見た話だ。腸は動物系知覚で見ると身体の中に納まっているが、植物系知覚で見ればテニスコートくらいの大きさがある。

以前、横たわっていた時、自分の身体の中から、緑色と茶色の混じったような生き物が四つん這いになってせり上がってきたのを目撃した。自分の身長よりは短いものだが、人間の形はしていなかった。
で、これをわたしは、地球よりも内側にある金星のボディだと思っていた。

地底王国のシャンバラは、金星と似ている。この場合すぐに思い出すのは、魔王尊としてのサナト・クマラが、金星から地球に1850万年前にやってきたという伝説で、彼がシャンバラを作ったと言われていることだ。
シャンバラは地球に平和をもたらすために地下に造られたと考えている人もいるが、いくつかのレポートを読む限り、地球の地表世界と、このシャンバラはそう深く関係しているわけでもなく、別の世界を作り出していると考えてもいいのではあるまいか。

サナト・クマラは、ホワイトブラザーフッド、すなわち聖白色同胞団を設立したと言われているが、この聖白色同胞団で思い出すのは日本の竜王会やドリールだ。
ドリールは資金を集めて、アメリカの砂漠を買い取り、そこに聖白色同胞団の地上支部を作り出すことを目論んでいたが、もしその場所ができたら、きっとその基地の中にシャンバラへの地下通路を作り出したに違いない。
オショー・ラジネーシも、アメリカの砂漠に行っていた時期があったが、ドリールを意識していたのかもしれない。

地球の地下に、金星をあらわす、あるいは金星と太いパイプのある世界があり、サナト・クマラは金星から地球に来たのでなく、最初からそこにいる金星人であると考えてもいいかもしれない。ヒットラーは、この地底都市としてのシャンバラを探そうとしたが、そもそもシャンバラは地球の地表とは微妙に振動密度の違う世界なので、地球の地表に住んでいる人が、そのままの存在状態で、シャンバラを探しに行っても見つかることはあり得ない。
ヒットラーがこのことを考えていたのかどうかわからないが、探検隊を送っても、彼らは何も見つけ出すことはないのではあるまいか。少なくとも、探検隊が食べている食物について、もう少し工夫してほしかったと思う。
人は食べたものでできている。身体の振動の重心を変えるには、食べるものを変えていくというのもいいアイデアなのだ。
仙人は霞を食べていると言うが、霞を食べるなら人は仙人になる。ただし感情とか思考もそれにあわせて高速化しなくてはならないが。

物質的には同調できないシャンバラを探索するには、夢とか瞑想で探索するしかない。で、ここで気になったのは二点ある。
日本ではシャンバラの通路として代表的なものは鞍馬山にあると言われているが、おそらく京都を拠点にしたあるグループはこの鞍馬山近辺を牛耳っているようで、わたしが夢探索で、ちょっとこのあたりに入ってみようかと思ったら、そのチームが早速登場してきた。
朝目覚めて後、いつも通る交差点で少し危ない体験をし、これはこのチームの警告だとわかったので、それにはこれ以上は触れないようにしようと思った。

最初シャンバラとの通路を探していると、どれもがあまりにも急峻な崖に見えて、これらを使うとケガをしそうだと感じて、比較的緩やかな通路を探した。すると、彼らが立ちはだかったのだ。
つまり、彼らは緩い傾斜の通路を作り出した、あるいは管理している人々だと思われる。多くの人たちが鞍馬山に向かう。しかしこのシャンバラ通路は、そのグループが関所を作っているので、結局、跳ねられていることがほとんどではないかと思った。

おすすめの記事