最近わたしがよく出す話題は、「全惑星意識」というものだ。惑星の上に住む地球人の知性の平均水準は「惑星意識」というもので、グルジエフの定義では法則48。
そこからひとつ上の次元に進化したものを全惑星意識と呼び、法則24が割り当てられている。全惑星意識は惑星の上では不死であり、いかなることによっても損なわれることはない。また全惑星意識の上には、「太陽意識12」があり、太陽意識は全惑星意識の上では不死である、ということになる。

意識は対象がないことには自分を自覚しないし、活動もできない。そこで自己分割して、自分の内部に対象あるいは客体を作り出すが、惑星意識48は対象として自分よりも下の振動の月、あるいは火96、空気192、水384、土768などを自己確認のための対象にする。

しかしほとんどのケースではこの対象を自分と混同する傾向があるので、「惑星意識48」は物質しか認識しない存在となる。この世には物質しか存在しないし、人間も水をためこんだ土の袋であり、精神とか感情とか見えないものは存在しないと考える傾向にある。

全惑星意識は言葉どおり、太陽系の惑星のすべてを集めて統合化したものだ。これは法則として一なるものは7つにわかれ、このうちのひとつはまた7つにわかれるという連鎖から考えて、だいたい惑星は7つくらいではないかと想定する。
一なるもの、すなわち太陽が、太陽系の内部に自分を7分割したのだと考え、これらを全部まとめると、太陽に近づけるのではないかとみなすわけだ。

で、しばらくの間、わたしは太陽系モデルは、原子に模写されていると主張していた。これは旧型のラザフォードモデルではそのとおり。
そもそも原子というミクロの世界はマクロの世界を小型にコピーしたもので、ミクロの世界そのもので、独自に発展する要素はない。ならば原子は太陽系の模造だと考えてもいいわけだが、量子論の発展以後、長岡半太郎やラザフォードが言うような固定的な原子のモデルは考えにくくなり、電子は輪郭のはっきりしないあいまいな雲のように描かれるようになった。

これで、原子は太陽系の小型コピーではないということができるかというと、逆に今の太陽系のイメージを、量子論的原子に寄せていくほうが正しいのではないか、すなわちやはり原子は太陽系のコピーであると考えるのが、最近のわたしの主張だ。
旧来の占星術は、古典的な神学にしたがって、惑星の数を月、水星、金星、地球(太陽が肩代わり)、火星、木星、土星の7つにし、それ以外の惑星に関しては故意に記憶喪失した。
18世紀以後、ここに天王星、海王星、冥王星が加わり10個になったが、しかし太陽系の惑星はこれだけでなく、さらにいくつもあって、また未発見のものも隠れていて、総量がいくつあるのかわからない。

惑星の発見と、世の中での出来事は連動していると考えられており、惑星の性質を推理するのに、逆にその年起きたメインの事件を参考にするということがなされる。キロンの時には「ゴークリン事件」が起きた。天王星と土星の板挟みにあって自殺したのだ。
視覚は思考の投影であるという点で、太陽が何か新しい思考を抱くと、それを対象化した惑星が、雲の中から現出すると考えてみると面白いのではないか。
このように何か思いつくと、その物質が出現するというのは、下降オクターヴ型の存在の特有の性質だ。

存在は、土くれから発展する上昇オクターヴ型と、もともとの一なるものから自己分割して降臨する下降オクターヴ型の2種類がいる。
前者は進化コース、後者は創造コースだ。上昇オクターヴ型は固形物から発展するので、そもそも創造という概念を理解できない。なので、太陽が何か思いつくと、それを対象化するような惑星が雲間から現れてくるというようなイメージは受け付けがたい。

原子核と電子雲は電磁気的相互束縛作用が働くので、原子核に似た太陽が何か思いつくと、電磁気的均衡が崩れ、そこで電子に似た惑星がこの思念を裏書きするような形で増えることで、電磁気的相互束縛作用が回復して、太陽系一家は安定する。
なので、今後新しい惑星が見つかると、その都度、太陽は新案を打ち出しているのだと推理するといい。太陽を取り囲む電子雲に似た全惑星意識のサイズは不確定で、いったい何個の惑星を集めたら全惑星意識になるのかわからないが、下降オクターヴ型はそんなのこだわる必要などないと言う。

で、上昇オクターヴ型の人は、惑星を確たるものと考え、個数などをカウントするが、下降オクターヴ型は、惑星を最初から固形と考えず、まずは太陽の周囲には電子的な渦巻が取り巻いており、それには濃淡があり、濃い部分がさらに濃くなってダマになるとそれが惑星になると考える。
スープの中に、豆腐、鶏、エノキダケ、ニンジン、白菜などの具が浮かんでいて、全惑星意識とは具の集積でなく、むしろスープのほうにあるとみなす。太陽のまわりにまとわりついている黒い影が、全惑星意識なのだ。
これは中国の陰陽魚図では黒い魚であり、惑星の個数はさほど気にならない。バロットのように、惑星になっていないぼんやりした固まりもあるはずだし。

おすすめの記事