インドラネットについて書いてみたい。毎日noteのサークルで、youtubeの動画を作っているが、この話題は5月22日に話したものだ。

インドラすなわち「帝釈天」は、大まかには「太陽神」と同一視されている。インドラネットは、日本では「因陀羅網(いんだらもう)」と言われていて、インドラ神から出た網には、結び目に宝玉があり、宝玉同士が互いに映じあって連鎖していると言う。
これは太陽から放出されたエーテル体グリッドで、下降型の全惑星意識を意味していて、この網目の中に、スープのダマのようにして惑星が形成される。

わたしが二十代の前半の頃だと思うが、ある夜、天井のあたりにインドラ神が現れて、同時にインドラから剣が出て、わたしの胸を突き刺したという体験があり、このとき、痛みが半端でなくてのたうちまわった記憶がある。

これだけを読んだら、インドラから成敗されたと思うだろうが、実際には、インドラの剣すなわち太陽から出たエーテル体の糸がわたしを貫通したのであって、このときに抵抗が大きいほど痛みは激しくなる。
インドラネットに従っていない要素が、粛清されたのだ。
インドラの剣は、簡単に言えば雷神が放つ雷電のようなものであり、雨が始まる前に天空から放たれる光の筋のようなものだが、仏教的には金剛杵だと言われている。

で、太陽から発生したグリッドのことを、ソララは黄金グリッドと呼んでいるのだと思う。著書『スターボーン』によると、惑星グリッドをBグリッドと呼んでいて、黄金グリッドと惑星グリッドは異なるもので、このふたつのシステムをつなぐために、コンバーターとして「アンタリオン転換」(※)があるのだと言う。
※アンタリオン転換/二極性を一元性へと融合させることができる、目には見えないエネルギー転換システム。自らの意識下で作動させることも可能という。

そもそも惑星グリッドと、太陽グリッドであるインドラネットは大きく違う。惑星グリッドは惑星の自転・公転の中にあるローカルなグリッドだが、インドラネットは太陽から発したもので、個々の惑星の動きにいちいち合わせているわけではない。

これは占星術のホロスコープで言うと、太陽グリッドはヘリオセントリック図で、惑星グリッドは惑星から見た宇宙図なので、ジオセントリック図だ。
地球から見ると、惑星の運動には見かけ上の逆行などがあり、これが地上において人々の錯誤、迷い、勘違いなどを作り出す。
しかし、ヘリオセントリックにはレトログレードはないので、シンプルで、迷いがなく、宇宙法則がそのまま反映されている。

最近、サークルの参加者に、月のステーション、わたしが言う「中二階」に行って、そこを楽しい場所にするように、いろんな施設とかイベントを増やすといいのではとお勧めしているが、これはモンロー研究所の言う「フォーカス27」の場所で、地球の信念体系が脱色された後、宇宙との交易センターのような場所で、もちろんイントラネットが働いている場所だ。
地球的信念体系はフォーカス25あたりにあり、つまり、まだジオセントリック的視野が働いている場所であり、フォーカス27ではすでにほぼ解消されていて、だからこそ宇宙につながることができるのだ。

で、ここで問題にしたいのは、昔、ゲリー・ボーネルは惑星グリッドのような網目を描いて、その網目の中のひとつは三角形になっていて、つまり正二十面体をもう少し細分化したような図を本に掲載し、これを「アカシックレコードのグリッド」と説明していたことだ。

それは惑星グリッドだったので、インドラネットとはあきらかに違う。
インドラネットは太陽から発しており、地球のグリッドは地球から発しており、このふたつはそのままでは同期を取っておらず、ダイレクトな情報の行き来はない。
このふたつをつなぐには、紙に書かれた内容を、改めてパソコンに打ち直すような面倒な作業が必要だ。

地球は長い時間をかけて歳差運動をする。これは太陽軸とは違う方向に、地球の軸がすりこぎ運動をしているもので、地球は「太陽にそのまま恭順したくない、自分には自分の独自の運動があるんだ」と主張している。
自転運動もまた、閉鎖的な自分の独立性を作り出すもので、ただ馬鹿みたいに公転しているわけではないと言いたいのだ。

なので、惑星グリッドには地球特有のデータが蓄積されていて、それがアカシックレコードと考えてもいい。
エドガー・ケイシーはデータが破損しないように、ほかにふたつか三つのミラーサイトがあると述べているが、ここにアカシックレコードとしての、人生のいろいろな内容が記録されている。

おすすめの記事