前回、人には上昇オクターヴ型と下降オクターヴ型の人がいて、二極化されたものを非二元にするということは、上昇オクターヴ型の人には大切だが、下降オクターヴ型にとってはあまり関心がある話ではないと書いた。

どうもこの内容がずいぶんと興味をひいたようだ。上昇オクターヴ型の人というのは固形物から進化する。固形物とは個人としての肉体があり、これが自分の基盤であるとみなす人だ。

で、わたしはいつも複数の本にしつこく書いているのだが、二極化されたものがもとの一なるものに戻るというプロセスは一回で終わる話ではなく、階層化されているということをよく言う。
ある対談で、わたしがそのことを持ち出した時に、対談相手は、わたしがいたずらに複雑に考えていると言い、それでは真実にたどり着かないと主張していた。
精神世界関係では、ワンネスに至るということをシンプルに考える人も多いのではあるまいか。悟りというのも一種類しかない、と。

二極化されたものがワンネスに戻るというのは、図式では三角形で描くことができる。
下にふたつの極があり、これはプラスとマイナス、陰陽と考えてもいい。その上にひとつの点があり、これが統合化されたものを表し、ゼロのポイントと考えるといい。

階層化された構造を考える時には、参考としてピュタゴラスのテトラクテュスを持ち出すのが一番シンプルだ。
ここでは三角形が9つ、積み木のように積み上げられており、上から見ると頂点に絶対の意識があり、それが二極化して三角を作り、この三角の底部のふたつを各々頂点にして、二回目の二極化が生じて二階層目の三角がふたつできる。
それがもう一度繰り返され、二極化が都合三回繰り返されることで世界が作られるというものだ。
生命の樹とかエニアグラムも、だいたいこの三角形の三度繰り返しということが図示されており、おおまかには共通している。

このとおりに、下降オクターヴ型、すなわち創造の光線の下降というコースに向かう宇宙存在、わたしの言う「スタピ」とか「アントロポース」は、一なるものから二極化(二元化)し、さらに二回二元化することで、地上の人間のレベルに到達する。
下の次元に降りるというのは自己分割することでなされるので、自分を三回切り刻むという印象で、この長い転落の結果、地球に生まれてくることができる。

下降オクターヴ型の人は、このように転落しても、すぐにルーツとしての一なるものに戻ることができるのかというと、この分割された意識である個体に付随する感情、感覚、興味、意識の在り方などにしがみつくと、元に戻るルートを忘れてしまうことはある。
分割されたもの、すなわち重たいものが占有すると記憶を失うのだから。
この場合、つかんでいるものを手放して狭い視野から自由になれば、すぐに上昇することができるし、記憶も再生する。

で、わたしのこの宇宙の階層構造に対して、「複雑に考えすぎている」と主張する人は一人ではないと思うが、そう思う人々はたいてい愛、共感、信仰、祈りなどを大切にし、もっぱら感情を大切にして生きている人々であることが多いと思う。
「四つの道」があると言われているが、そのうちの一つが「水の道」にたとえられる「信仰の道」で、キリスト教徒がアレキサンドリア図書館を燃やして以後、世界中、この知識を否定した信仰の道が席巻したのではあるまいか。
宇宙の階層構造などを考えるのは「火の道」、つまり「哲学の道」を使う人々のやりかたで、キリスト教はこれを退けることで発展した。

わたしたちが愛とか共感を感じるのは、実は自分と同じ振動レベルにある存在に対してのみだ。そもそも同じ振動のものしか目に入らないし、認識もできない。
テトラクテュスの図式で、二極化が3段階進んだ結果、四つの階層世界があるとしたら、このうち、どれか一つの世界に住む人は、横にあるものだけに愛と共感を感じることができる。

日本は何か共感を強いるようなところがあり、これがなかなか脅迫的だと感じている人は多数いると思うが、共感や愛は結合力だとすると、結合力は強くなるとやはり押し付け力にもなるからだ。

で、四つの世界のうち、自分が住んでいる世界でのみ愛を感じることができるので、愛を基準に生きる人は、このテトラクテュスが示すような宇宙の階層性を受け入れることはない。
他の階層があることを考えると、この愛、共感、気持ち、心は傷つけられるか、否定される結果になるからだ。
それに愛が結合力だとすると、複数の階層があると、結合力はちりぢりばらばらにされてしまう。
だから自己防衛するかのように、ワンネスというのは一種類しかないと思い、それが階層化されているなど想像するだけで荒廃した気分になる。

おすすめの記事