スターピープルはたいていひとつの恒星を故郷にしている。たとえば、自分はシリウスaから来たなど、わりにシンプルな出自だ。
仏陀はオリオンから来たと言ったが、オリオンから来たが、その後どうなのかということについては語っていない。実際にはオリオンに戻っていない。

で、恒星意識は、さらに進化すると、全太陽意識に向かう。全太陽意識というのは複数の恒星を結晶化させて、その真ん中にさらに高次元な意識を軸にしていくということだが、そもそも全太陽意識とか、その上の全宇宙意識というのは生命として結晶化ができない領域なので、そこまで行ってどうするの?ということもあり、わたしは人間の最終的な進化は恒星意識までだと説明している。

精神世界でいうノンデュアリティの意識の行きつく果ては、恒星意識なのだ。とはいえ、たいていノンデュアリティの達成点はもっと手前のことを言っていることが多く、全宇宙、全太陽、太陽、全惑星、惑星、月あるいは火、空気、水、土という宇宙の階段の中では、火、空気、水、土という物質界から、月上の全惑星意識に上昇することを示していることが多い。
ひとつの次元は二元化、すなわち陰陽化をすることで成立するので、この二元化を統合化すると、その上の次元に行く。
ということで、ノンディアリティというのは何段階もあり、ノンデュアリティのことを言う時に、それはどこのノンデュアリティなのかを聞きたくなってしまう。

それはともかく、スターピープルは、まず自分の故郷の恒星を思い出すのが大切だ。
で、最近のジャスムヒーンの講座では100人くらいの受講者がいたと聞いた。「地球はもうこれが最後の人は?」とジャスムヒーンが質問した時、97人が手を挙げたらしいが、“地球はこれが最後”という人は、その後恒星に戻るということを想定しているはずだ。
そもそもジャスムヒーンの講座に来るような人に、純地球人なんかいない。でもスタピが地球に生まれるという目的には、恒星意識から、次の全太陽意識に進化したいという目的も隠されていることが多い。

シュタイナーは、霊界では新しい知り合いを作ることはできないと言った。新しい知り合いを作ることは地球上では可能だが、死んで霊界に行くとそんなことはできないのだと。
わたしの父親が死んで半年くらいした時、夢の中で父親はわたしの知り合いと一緒にわたしのところにやってきた。わたしはそのことに驚いた。
死後、新しい知り合いを作ることは基本的に無理な話なので、父親はわたしの親であるという地上的なところの縁を利用して、わたしの知り合いの宇宙知性と知り合いになり、死後もかかわりを持っていたということになる。ちょっとこれは変則的でずるいんじゃないの?と思ったのだが、利用できるなら猫でも使えということで、わたしの父親は死後世界を広げたのだ。

ここでいう霊界とは、メンタル界、恒星界のことで、魂界とはその下のアストラル界、惑星を抱え込んだ太陽のレベルという意味で、日本人が言う霊という曖昧な定義とは違うことを書いておく。
日本人が一般的に霊というと、これは「魂魄」の魄の存在の話で、全宇宙、全太陽、太陽、全惑星、惑星、月あるいは火、空気、水、土という連鎖の中での月のレベルに該当する。

話を戻して、地球に住んでいる時に、複数の恒星のネットワークによる全太陽意識に向かう試みはありうるが、地球から去ってもとの恒星に戻った時には、全太陽意識に向かうチャンスは失うので、地球はトランポリンのような作用を持っている。
地球に降りてバウンドすると、もとの恒星ではなく、その先の全太陽に行く可能性もあるのだ。確かにそれは希なケースではあるが、しかしそれを目論んで地球に生まれてくるスタピはいるのだ。

で、どうして地球はトランポリンみたいな作用があるのかということだが、地球人としての固形存在は、その在り方が物質的に限定され、特定の時間、特定の空間にピンポイントとして存在する極端に小さな生き物だ。
で、この小さな点のような位置座標を持つことで、方向、場所など空間性と、どの時期というような時間因果など、局在的な区分けの識別をすることができる。

肉の目を持つことで、たとえばオリオン三つ星はあの方向にあり、アルクトゥルスはあの方向にあるなどと地図を持つことができる。固形人間の物質的姿を失うと、空間位置とか時間性を失い、生命は非局在的なものとなり、この恒星がどこにあり、あの恒星がどこにあるということはもうわからないのだ。
固形物存在から解脱すると、物質世界の理論である科学なども全壊してしまう。科学は、肉の目を持つところでないと成立できない体系だ。

地球上の固形存在という生き方をしている間は、さまざまな恒星の区別ができるので、ここから全太陽意識という複数の恒星を組み合わせたマトリクスを想定することが可能ではあるが、大切なこととして、黄緯、黄経、距離、時間などの区分は、固形物としての物質的人間である限りはそれをあてにすることができるが、解脱した存在から見ると、これは偏ってでたらめな基準だということが判明してしまうので、存在が固まっている間に決めておき、物質存在の溶解後、エッセンスのみ保持するという早業が必要なのだ。

わたしはわたしの講座に参加する人に、全惑星意識として、複数の恒星の結晶を獲得することを薦めているが、正直これはかなり無理な到達点を要求していることになる。スタピに戻るのでなく、転んでもただでは起きない存在として、その先に行こうと言っているのだから。
でも、そのために地球に生まれてきた存在は確実にいる。

恒星ネットワークの結晶は、宇宙座標が成立可能な固形物存在である間は、いろんなパターンが考えられる。これらはみな仮説に過ぎないが。
で、複数の星座にまたがるアステリズムもいいのでは?とも言った。これはある人の恒星パランを見た時、冬のダイヤモンドを構成するシリウス、リゲル、アルデバラン、カペラ、ポルックス、プロキオンのうち、四つもあったからだ。残りふたつを足して、六角形を作ろうと言いたくなった。

アステリズムも地球から見たから成立するのであって、固形物存在を脱ぎ捨てると、この形は成立しなくなる。地球人でいる間に知り合いを作ると、霊界でもその関係が続くという話のとおりに、このアステリズムという視点が成り立つ間に、本体に行っておこうということなのだ。

そもそもオリオン三つ星も、ひとつの星座の中にあるアステリズムで、これをもとにして、日本では宗像三女神、弁財天の三人、住吉三神などを考えた。わたしが親しんでいるのは、春の大三角であるアルクトゥルス、スピカ、デネボラで、地球上に住む間は、デネボラの力をそうとう借りている。
生きている間しか通用しない関連性として、神話の話つながりもある。ケフェウスとカシオペアとアンドロメダは、王と王妃と王女のファミリーだ。

全太陽結晶をひとつの星座の中でまとめるのはやさしい方法で、北斗七星とかプレアデス7星などは古来からポピュラーだが、宇宙にもっと大きく広がるために、ひとつの恒星を軸にして、そこから空間を8とか12とかに区分けして、そこに該当するマイナーな星を結び付けていくなどもある。そうすると、全太陽意識の先にある全宇宙意識にはつながりやすい。

でも、最近わたしは話を先に進めすぎていることを自覚している。
全宇宙、全太陽、太陽、全惑星、惑星、月あるいは火、空気、水、土という宇宙の階段のうち、人間の悟りとは、まずは非局在性の全惑星意識に到達することであり、その段階で、個人としての存在性は消失する。
これを果たすだけでも驚異的なことだ。全宇宙、全太陽、太陽などを目指すのは夢のまた夢。
恒星(上に向いた太陽)に戻るスタピは、人口のうち3%と言ったが、この3%は潜在的なスタピであり、はっきりと自覚して星の身体を取り戻すのは1%もいないかもしれない。

つまり、先に進めすぎると、読者が激減するということなのだ。惑星意識としての普通の地球人は、一個人としての利害に凝り固まるので他者を攻撃し、SNSでも心無いことを発言し、誰かを自殺に追い込んだりする。
集団意識としての全惑星意識は、多くの人を仲良く集合させるので、政治家、社長、組織の指導者など心が広い人があるべき理想の意識水準で、地上においては教祖、セレブ、崇拝される人、スター、アイドルなどになったりする。

アイドルになりきれない人は、個人意識という黒ずんだ部分がまだ残っているのだ。ずっと昔、キャンディーズが「普通の女の子に戻りたい」と言って解散したのは、全惑星意識の異常な高エネルギーを使うプレッシャーに耐え切れず、惑星意識に戻ったことを示す。
ローマ法皇のイベントに数万人とか数十万人集合するのは、ローマ法王が全惑星意識として完成度が高いからだ。

このスタピ・オンラインのコラムでも、書く時に「どこに目的を置くべき?」と考えたりするが、スタピというタイトルがついている以上は、恒星意識としてのノンデュアリティ存在を基準にするほうがいいはずだ。社長がもっと会社の収益を上げて、盛り上げたい場合には、恒星意識のレベルでなく、全惑星意識に軸を置くのが良いのではあるまいか。

ドンファンは弟子が数人しかいなかったとか、ノストラダムスは五人の生徒がいたという話だが、これは身軽にすることで、全惑星意識よりも恒星意識などに集中しているチームを作ったからで、もちろんそれは社会からどんどん孤立し、離れてしまうので、お金も儲からないし、誰も知らないチームになりやすい。
自分がいまいる位置から、存在の重心をどこにするかを正確に見極めて正直に生きるのが、誰にとっても重要なことだ。


松村潔
まつむらきよし/1953年生まれ。占星術、タロットカード、十牛図、エニアグラム、ライフシンボルなど、 いくつかの手法を活用して講座・研究会などを開催。アカシックリーディング等でも、タロットカードや占星術を併用すると安定性が高いという考えから、ツールの複合性を提案している。『わたしの運命がわかる地球星座占い』(角川書店)、『ディグリー占星術』『三次元占星術』(以上、説話社)、『土星占星術講座』(技術評論社)など著書多数。
http://www.tora.ne.jp/

『夢を使って宇宙に飛び出そう』
存在の4つのフェイズを縦横無尽に探究する
松村潔著/ナチュラルスピリット

『分身トゥルパをつくって次元を超える』
秘教の体系と神秘体験から見出した不死の身体とは
松村潔著/ナチュラルスピリット



おすすめの記事