「仕事運を上げたい!」。そうお考えの人にぜひ読んでいただきたい、今回の事例。依頼を受けて風水を整えたのち、わずか1ヵ月で昇進の辞令がやってきたというお話なんです。
お部屋の風水を整えていただくと、変化が現れてくるのは大体1ヵ月。思ったより、早いと感じませんか?
その人の意識と、その人を取り巻いている流れが変わることで、引き寄せられてくる事象にも変化が起きていきます。その結果が、まるでクリーンヒットのようにきれいに現れてくることもあるんですよね。
お部屋が何を語り、風水探偵がどんな解決策へと導いたのか、早速ご紹介しましょう。

部屋からわかる明らかな課題

「自分のパフォーマンスが、正当に認められていない感じがする」。
そう語ってくれたのは、大手企業で働くキャリアウーマン。素直に現状を明るく語り出す彼女は、とてもチャーミングで、会話から有能さとバイタリティが伝わってきました。
「良い仕事はしているのに、思うように評価されていなくて。正しく認めてほしいんです」ということで、仕事運をメインテーマとして、お部屋を拝見することになりました。

そのお部屋は、充分なスペースと高級感のあるしつらえ。でも、明らかにわかる課題がありました。それは、床に直置きにされたモノでした。
その中でも、積まれた書籍が一番目に入りました。リビングの一角には大きな重厚感のある本棚があるのですが、そこは必ずしもいっぱいにはなっていないのです。

「整理しようと思っているのだけれど、できないでいる」ということで、自己成長をブロックする何かがあるのではないかと感じました。
なぜそう思うのかというと、その本棚がある場所は「自己成長・学び」を支援するバグアのエリアで、「自分が自分らしく在ることを許す、認める」ということと関係があるのです。その場所にふさわしい本や本棚がせっかくあるのに、整理しないままにしてあるというのは、本来の自分と繋がることに障害があるように見えました。

本棚や玄関、神棚を整えて空間をパワーアップ

仕事における職場の評価が課題であったこの女性にとって、「自分らしく在る」という課題を解決することは、他者からの評価にも影響していくだろうと思えました。
私は、本棚に入っている本やお札や置物をすべていったん取り出し、きれいに拭き掃除をしてから、美しく収納し直していきました。

本はでこぼこしないようサイズを合わせて美しく収納し、やや粗雑に飾っていたお札は神棚のお作法にのっとって飾り、美しい祈りの置物や小さな草花も一緒に飾りました。その神棚がその人のマインドを整え、見守ってくれるような空間として作用することを意図して。

7割くらい整理をし終えると、「もうわかりました! 自分でできます!」とおっしゃるのです。この心境の変化は体験した人にしかわからないかもしれませんが、すでにエネルギーが変わっていたんですよね(笑)。

私には、もう一つ整えたいエリアがありました。それは「仕事」をサポートするエリアと関連している「道」のエリアで、ちょうど対極に位置します。
「道」というバグアは、キャリアをサポートするエリアなので、今回のご依頼に沿ったアレンジができそうだと考えました。

「道」のエリアは玄関。玄関の棚の上には、彼女が好きだという小さなお人形や動物の置物や絵など、いろいろなモノが脈絡なく置いてありました。
それらにとても愛着があるというので、このシンボルたちをどうしたものか・・・と、しばらく小さなお人形たちをいじったり動かしたりしてみました。

そのうち、一つのイメージがひらめいたのです! それは、小さな動物や人形の置物を職場の人にたとえて、彼女に尊敬と称賛の気持を注いでいるという物語。
となると、玄関の靴箱の上は小劇場。小さな人形や動物の置物は、キャストに様変わりしました。

私はこうしたアレンジを実践するとき、幼児のおままごと遊びのように人形を動かしながら、その人の周りに注目が集まっていく様子を演じてみせます。「ここにライトをもっとあてたら、〇〇さんの周りに職場のみんなが注目して集まってくる感じになりますよね?」と。

風水実行後、1ヵ月で迎えた大変化

1ヵ月後にいただいた「昇進の辞令がおりてチームを任せられました!」という知らせに、うれしい驚きを覚えたのは言うまでもありません。私が想定した以上の結果だったのですから。

願っていたことが美しく形になったことに、心が躍りました。
もともとのその人の実力や実績があったのはもちろんですが、その人自身のマインドを整え、周囲から尊敬され、称賛されているというご自身の状態をしっかりと意識できる空間をお部屋に創ってみることにより、早いスピードで好ましい状態が呼び寄せられてきたということだと思います。

実はこの大きな結果を導いたお部屋の変化として、ベッドの移動もあったと思います。やや日当たりが悪く、熟睡できないという寝室から、明るい広いリビングへと思い切ってベッドを移動したのです。
セミダブルのベッドの移動はなかなかの大仕事でしたが、お掃除も含めて二人で実行。そのベッドから視界に入るのが、実は例の本棚でした。

神様にも見守られ、マインドを整えながら眠りにつくという日常を、大変気に入ってくださっていました。
睡眠の質も高まったとのこと。なんだか、やりきった充実感に満たされました。

仕事運の効果はご本人から相談いただくほうがでやすい!

これは後日談として思うことですが、風水に関心のある人が女性に多いこともあり、仕事面でのこうした開運の効果を感じていただける事例が女性に増えています。
一方で、夫の仕事運をよくしたいというご相談も、間接的にいただくケースも多いです。

その場合、間接的な情報になりすぎてしまうと効果が出づらいようです。風水コンサルを依頼する方が、配偶者の仕事について状況を正しく捉えられないのも無理はありません。
そんな時はもどかしさも感じます。仕事のことは、夫婦間で話し合わないことのほうが多いかもしれません。できればご本人とお会いし、その方の深い意識と現状の空間を感じ取りながら、風水探偵を進めてみたいです。

宇宙は・・・、仕事に関する本来の恩恵(=人に信頼・尊敬され、賞賛されること)を真にサポートしているのではないかと思います。
配偶者がお給料アップだけ望んだとしても、チューニングが合わない可能性があるかもしれません(笑)。

 

フジワラユカ
コンテンポラリー風水コンサルタント。早稲田大学卒業後、大手出版社に勤務し、『こどもちゃれんじ』『かいごのみかた』等の編集長を務める。仕事を通じ「家族関係」や「愛情問題」を深く見つめる中、コンテンポラリー風水の創設者であるMark Ainley氏と出会い、風水師に転身。「人生の流れを創るお部屋の風水」の実践は高い評価を得ている。著書に『幸せな子は、幸せな部屋で育つ。親子の日常をサポートする子育て風水』(麻布書院)。

「人生の流れを変えるお部屋の風水」ブログ
https://www.yukafujiwara-consulting.com/blog
http://fengshui-tokyo.com/

フジワラユカ風水相談メニュー
https://ex-pa.jp/s/uketsuke

風水無料メルマガ(バグアマップ進呈中)
https://maroon-ex.jp/fx79379/MMentry



おすすめの記事