ラマナ・マハルシのもとで覚醒を得て以来、世界中の求道者たちを真我に目覚めさせた、シュリー・H・W・L・プンジャジ(通称パパジ)。彼の愛弟子として、世界中を巡って教えを伝えるニーラジャさんが、2019年10月に日本でリトリートを行うことになりました。
前回に続き先の7月にローマ郊外で一週間開催された「サットサン瞑想リトリート」の講話内容から、真我を目覚めさせる教えを抜粋してお届けしましょう。
※講話内容の要点をまとめた文章を翻訳しています。
太字部分は、原文での太字をそのまま活かしています。

世界中の求道者たちを目覚めさせた、パパジの教えが書かれた『覚醒の炎』(ナチュラルスピリット)。

執着や苦しみを感じ切ると、それらから解放されます

あなたの目の前に現れる、あらゆるものを手放しましょう。
なぜなら、それは本当のあなたではないからです。

本当のあなたになるためのゴールデンルールは、かたく握りしめている手を開くこと、そこから始まります。
何かに、かたくなにしがみついていることは、大きな障害となります。
それは傷つくのを避けるためなのかもしれません
あるいは、平和でありたいがために、見たくないものがあるのかも知れません。

しかし、平和は愛そのものです。
さあ、躊躇せず、愛を持って炎へ飛び込みましょう。

炎へ飛び込む行為は、自己が消えた愛の動きそのものです。
無私の愛を使って「そこ」へ行ってみましょう。
もしあなたが「そこ」でしばらく待っていれば、あなたの奥深くに存在する苦しみと出会うことになります。
愛と慈悲とともに、勇気を持って、苦しみの中へと入ってみましょう。

あなたが、いまだに執着しているものは何でしょう?
そのストーリーに、あなたをべったりと貼り付けている接着剤を溶かしてしまいましょう。
そこに静かにとどまり、苦しみと向き合うという決意によって、接着剤が溶けていきます。逃げたり、拒否したり、抵抗することなく、そこにとどまり続けて、苦しみが全開になるままに任せておきましょう。
すると、苦しみがひとりでに手放されていきます。
その際、思考が入り込む余地はありません。

ニーラジャさんのセンター内では、集う人たちがゆったりと過ごしている。

エゴが消えると大きな変容が起き、人生はシンプルになります

このリトリートで伝えたいのは「感謝の気持ちで生きることの重要性」です。
現実生活で「私(エゴ)」が消えた時、どのようにして人生を送るかということです。

ここで、疑問が浮かぶのではないでしょうか?
「私(エゴ)」がなければ、どのような人生になるだろう?
「自我」を持たずに、どのようにして他者と関われるのだろう? もしこの世界に誰もいなかったら、自分はどんな行動を取るのだろう? どのような第一歩を踏み出すのだろう?

あなたが「私」という夢から覚めると、大きなシフトが起こります
エゴが消え去り、あらゆるものの真の姿がある「美しさだけがある領域」に対して
意識が開かれます。
生活のあらゆる面から「私(エゴ)」が消える時、大きな変容が起きるのです。

「私」がいなくなることについて、さらに言い換えると「私」という幻想が広大な「空(ボイド)」に出会うからです。
そこであなたの「既知」は死を迎え、「未知」へと生まれ変わります。

大いなる恩寵によって、このような現象が起きます
しかしその瞬間、恩寵を受ける者も、与える者もそこにはいません。
それは自然に、ひとりでに起こります。

その瞬間、あなたは気づくでしょう。
「あぁ、私は消え、そして今、私は見つけることができた」と。
しかし、それを知るためのマインドは存在しません

このようなフォースである「炎」は常にここにあり、いつでも使うことができます
その炎は、この世界に創られたあらゆるものと、全く同じものでできています。
それはあらゆるものの中に存在し、時間や空間とは無縁であり、そこに存在していると同時に極めて空っぽでもある、何かです。

それは、何ら不思議なものではありません。
言ってみれば「公然の秘密」であり、見ることも、嗅ぐことも、味わうことも、
触れることもできます。
あなたが真にそれを知ることができれば、きっと「探求は終わりを告げた」と言うでしょう

なぜなら、もし本当にこのエネルギーの領域、この次元に足を踏み入れたなら、ただ一度だけそれを垣間見た、という体験にはとどまらず、あなたは毎瞬間ごとに真実の中にいて、(エゴが)燃やし尽くされるからです。

この体験によって、すでに在る自分に、与えられるものも奪われるものも
何もないことを知るでしょう
そして、全てが神であることを理解します。
どんな思考も、感情も、体験も、どれも同じものでできているのです。

それがわかってしまったあなたは、どこへ行き、何のために探求などするでしょうか?

もし、あなたが人生で一度でもこのような体験をしたら、それを決して忘れないでしょう。それはあなたのもとに、ずっととどまるでしょう

それは、まるでお腹が空いたトラのようにあなたに飛びかかり、あなたの全ての疑念をむさぼり尽くすまで満足しません!
そうやって、人生は驚くほどシンプルになっていきます。

講話の際は、このようなスタイルをとることがほとんど。

 

ニーラジャさんが来日時の様子。

流れに身を任せ、安らぎの中で幸せを感じましょう

スピリチュアルな生活というものは、概念以上の何かに基づいていなければなりません。
単なる教えではない何か、それは、安らぎや静けさではないでしょうか。
静寂をもたらすには、あれこれマインドで思考するのを止める必要があります。
瞑想はその助けになるでしょう。

親愛なる皆さん、流れに身を任せましょう。
恩寵の風に吹かれるままに動きましょう。

自分の現地点を明らかにしてください。
そこにとどまり、安らぐとともに、決して執着しないようにしてください。
あなたの最も深いところにあるのは、叡智と愛に満たされた世界です。
それは、自分自身のサイレンス(静寂な状態)からやってきます。

自分のハートを覗き込んでください。
その広大さ、そのぼう大な“何もなさ”に身を委ね、幸せを感じましょう。

(翻訳/Chronicstudents 幸田良隆)

ニーラジャ
イタリア生まれ。シュリー・H.W.L.プンジャジ(パパジ)の愛弟子。子供の頃から神秘的な世界に惹かれ、24歳の時、スピリチュアルマスターを探しにインドへと旅立つ。長年、カル・リンポチェやダライ・ラマなどの高名なチベット仏教の師に付き、ヒマラヤの寺院でチベット最高の教えを実践。チベット医学や霊気等の自然治療に興味を持ち、レイキをアメリカやヨーロッパ各地で教える。マスターを探してインド中を旅する間、クリシュナムルティー、アナマライ・スワミ、ヨギ・ラム・スラット・クマーラなどの悟りを得た存在たちに出会い、1991年、パパジと出会う。その後、パパジの自宅に滞在し、何年も奉仕に専念し、蓮の花を意味する現在の名前を与えられる。1997年にパパジが肉体を離れたのを機にイタリアへ戻り、「シュリ・パパジ・センター」を立ち上げ、スピリチュアルな教えを分かち合う活動に専念している。
Sri Papaji Center(英語)
https://www.sripapajicenter.net/?lang=en

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ニーラジャさんが10月に来日し
瞑想セミナー&リトリートを開催!
10月5日(土)~7日(月)横浜(通いのセミナー)
10月12日(土)~16日(水)富士・精進湖(瞑想リトリート合宿)
詳しくはこちらをごらんください。
https://chronicstudents.com/neeraja_2019/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『覚醒の炎』
プンジャジの教え

デーヴィッド・ゴッドマン 編さん/福間巖訳/ナチュラルスピリット

おすすめの記事