前回までは、著名なUFOコンタクティー、ビリー・マイヤーが公開した異星人、プレヤーレンによる「エノクの預言」を解説した。
それは、2020年代以降の未来であり、現在の世界情勢を見ると、我々は確実に「エノク預言」に予告されている方向に向かっている気がしてならない。それは決して明るい未来ではない。
このコラムでは世界情勢をリアルタイムで追い、「エノクの預言」が本当に実現する過程に我々がいるのかどうか、きちんと検証する。もし、実現することが確信できれば、危機の時代に対処する方法を真剣に考えなければならない。そのことも、このコラムで紹介する。

※「プレヤーレン」とは、この宇宙の裏側にある別の宇宙のエラ星からやってきた地球外生物であり、プレアデス星人のことではない。外見は人間とそっくりで、精神性もテクノロジーも高度に発達している。マイヤーが毎週のように交信しているのは、プレヤーレンの長老である「プター」である。

 

ウエスルマン博士が説く「人間の精神的成長の段階」

では、このような危機にどのように対処したらよいのだろうか? プレヤーレンは、我々の内面に宿る「創造の力」を瞑想で覚醒させて、現実を変えるべきだと言う。それは具体的に、どういうことなのだろうか?

今回は、暗い「エノクの預言」を一回お休みし、別な人物の視点からこうした問いに答えてみることにする。その人物とは、このコラムの第4回の記事で紹介したハンク・ウエスルマン博士である。
6年も前になるが、筆者は2013年にウエスルマン博士に会ったことがある。そのときに、「エノクの預言」のような危機に満ちた未来がやってくるなら、どのように対処すべきなのかを聞いてみたのだ。

ところでウエスルマン博士は、人間には精神的に成長する段階のようなものが存在し、これから経験する危機は、人間に内的な成長を促す重要なきっかけとなるに違いないと力説する。それは次のような段階だ。

・・・・・・・・・・・・・
第1段階/後期旧石器時代
人間はまだ周囲の自然と完全に同一化し、分離していない段階。周囲の自然すべてが、意識をもった生きた存在として、信仰の対象となるアニミズムが一般的。シャーマンが媒介者。

第2段階/新石器時代
まだアニミズムの状態にあるが、女性の繁殖力が崇拝の対象として突出してくる。だがまだ、聖職者や宗教組織のようなものは存在していない。

第3段階/バビロンからギリシャ、ローマ帝国時代
崇拝の対象が、自然そのものや女性の繁殖力ではなく、神という特定の対象に限定されてくる。多くの神々がおり、それらは階層化される。専門の聖職者が現れた。

第4段階/過去2000年の西欧文明
多神教の神々に代わり、絶対的な唯一神が崇拝の対象となる。一神教の神を祭る巨大な宗教教団が台頭する。

第4段階の最後/現代
科学の発達により、一神教の教えが無効であり、神話でしかないことが証明された時代。多くの一神教が信用を失墜する。

第5段階/これからから始まる新しい精神の時代
これまで「神」と呼ばれ、崇拝されてきた超越的存在を、個々の人間が自分の内面に直接体験できるようになる時代。このため、聖なるものを信者に伝える聖職者の必要性はまったくなくなるので、宗教教団のような組織も消滅する。新しい神秘主義の始まりの時代。

成長の鍵は人生を楽しみながら今を生きること

このような人間の精神的な成長の段階を踏まえると、「エノクの預言」が予告するような危機の時代は、人間が第5段階に移行する成長のチャンスかもしれない、ということになる。
以下は、ウエスルマン博士との対談である。

ウエスルマン博士との対談

博士 変化はいきなり起こると思います。変化のためには準備しておかなければなりません。準備とは、否定的な極にはまり込まないことです。
個人にも社会にも、「成長したい」という強い衝動が備わっています。もちろん、社会によってはこの衝動を抑圧する社会もあるし、成長を促進する社会もあるでしょう。
重要なことは、私たち自身が「神」であると悟る新しい段階に入ったということなのです。これは、文化や社会の違いには関係がありません。

ヤス これはやはり、13世紀の日本の仏教に似ていますよね。たとえば日蓮は「実は我々自身が仏である」と言っています。この思想とよく似ていますよね。

博士 人は幸福になることを目標にして、家族との関係や人間関係を充実させることを求めますが、それだけでは足りません。精霊とつながり、パートナーシップを組み、そして何よりも「いまを生きる」ことがとても大切です。すると、「人生は楽しむために生まれてきた」ことが分かります。

ヤス なるほど。そのような体験は、これからから始まる新しいサイクルでは強化されてくると思いますか?

博士 はい、もちろんです。

このように言い、これから多くの人々が、個の内的な力に目覚める新たな時期が到来しつつあるとした。
おそらく我々は「エノクの預言」が予告するような危機に対処する過程で、プレヤーレンが「創造の力」と呼び、ウエスルマン博士が「自分の内面に直接体験できる神」と呼ぶ、超越的な力の存在を体験するのかも知れない。

現実を劇的に変える「創造の力」を覚醒させる

自己の内面に宿る超越的な「創造の力」を、プレヤーレンのセミヤーゼは次のように語っている。これは、ビリー・マイヤーが1975年5月15日に行った第18回コンタクトの記録である。

ビリー・マイヤーによるセミヤーゼとのコンタクト
第18回コンタクト 1975年5月15日

人間よ、絶えず感性を磨き、次のように知覚しなさい。
自己の内部に何者かが存在しており、それが自己に、計り知れない大きな力を与え、非現実的妄想から自己を解放させるものであると。
人間よ、自分が創造の光、英知、知識、真理、論理、愛の大海に包まれているということ、それらが自分の生命の存在を可能にさせていることを、絶えず強く感じなさい。
この具体的表現として、創造の法則として現れる全能なる意志を受入れ、この法則の絶対的な確実性を自己の規範とし、この法則を有効に活用することです。

非常に重要なことは、利己主義、唯物主義、高慢、嫉妬、貪欲、羨望などのような、物質主義的な知的思考力を排除し、忍耐、高度な理解力の育成、宇宙的、普遍的愛の認識と実践、霊的知識を深め霊的能力を増大させることです。
なぜなら、ただこれによってのみ「創造の法則」の認識と「掟の遵守」が保証されるのです。

この「創造の法則」と「掟の遵守」がなされたときのみ、人間にとてつもない霊力、すなわち、創造からのエネルギーが注入されます。
これは現実生活において、実際的な力として証明され、その人間の生活全てが彼の自由になることを意味します。彼は意志するだけで、全てが意志のままに現象されるようになるのです。そして、その意志の実現は、決して偶然ではなく、創造からの賜物であることを、必ず彼は確信できます。

***
以上である。
やはり我々が「エノクの預言」が予告するような暗黒の未来に対処するためには、内面に宿る「創造の力」を、なんとしてでも覚醒させなければならないのだ。

高島康司
たかしまやすし/コンサルタント、世界情勢アナリスト。北海道札幌市生まれ。子ども時代を日米両国で過ごす。早稲田大学卒業。在学中、アメリカ・シカゴ近郊のノックス大学に公費留学。帰国後、教育産業のコンサルティング、異文化コミュニケーションの企業研修などのかたわら、語学書、ビジネス書などを多数著す。世界情勢や経済に関する情勢分析には定評があり、『未来を見る!『ヤスの備忘録』連動メルマガ』で日本では報道されない情報を発信。毎年多くのセミナーや講演に出演し、経営・情報・教育コンサルタントとしても活躍している。
主な著作は、『2020年アメリカは分裂する! 』『望みなき時代の幸福論』(以上ヴォイス)、『日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本』(講談社)、『なぜ予測をはるかに超えて進むのか』(ヒカルランド)、『論理的会話トレーニング』(アスカビジネス)、他多数。

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/

有料メルマガを出しています。よろしかったら、ぜひどうぞ!
未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ(毎週金曜日配信)
https://foomii.com/00169
※バックナンバーもごらんいただけます

ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン(毎週火曜日配信)
https://foomii.com/00170
※バックナンバーもごらんいただけます

ツイッター
https://twitter.com/ytaka2013/

毎月最終土曜日の午後1時半から、都内で「ヤスの勉強会」を主催。
参加希望者は以下にご連絡を。
info@yasunoeigo.com

おすすめの記事