これまで3回にわたって、ビリー・マイヤーと異星人であるプレジャリアンとのコンタクト記録を紹介してきた。コンタクトは今でも続いており、英語に訳出され、公開されているものでは、2018年10月23日に行われた第712回コンタクトが最新である。
こうしたコンタクト記録には、近未来の預言、歴史的な出来事の真実、異次元の存在、瞑想法と覚醒、プレジャリアンの高度な精神科学、人類への警告など、実に興味深い内容が多い。その量は膨大である。
それらはおいおい紹介するとして、今回は別の話題をお届けすることにした。プレジャリアンのコンタクト記録と同じくらい興味深い内容となる、人類学者、ハンク・ウエスルマン博士の体験である。

プロの人類学者・ウエスルマン博士の別の顔

ハンク・ウエスルマン博士は、コロラド大学ボーダー校で動物学を専攻し、カリフォルニア大学バークレー校で人類学の博士課程を終了した、バリバリのプロの人類学者である。
1992年、エチオピアで約440万年前の人類、アルディピテクス・ラミダス(ラミダス猿人)の全身化石が発見され、猿人と人類とを結ぶミッシングリンクが見つかったとされたが、ウエスルマン博士はこれを発見した国際調査隊のメンバーでもあった。
ラミダス猿人の特徴は、この調査隊に参加した人類学者たちが書いた11の論文に詳しくまとめられていて、ウエスルマンもこの論文の執筆者の一人である。

現在、彼はハワイ大学などで教えているようだが、人類学者とはまったく異なる顔がある。それは、シャーマンとしての顔である。
シャーマンの研究者などではなく、彼自身がシャーマンなのだ。

スタピ会員になって、全てのコンテンツを楽しみませんか?

スタピオンラインでは、「スタピ会員」(月/220円税込)を募集しています。会員になると、記事や動画を含む全てのコンテンツをお楽しみいただけます。
地上に生きるスターピープルに向けて発信する情報を、日々のマインドケア
にお役立てください

おすすめの記事