パラマハンサ・ヴィシュワナンダ「来日トーク・イベント」リポート/1

愛と献身の道を説く「バクティ・マルガ」の創始者である、パラマハンサ・ヴィシュワナンダ。モーリシャス島出身の霊的なマスターである彼の来日イベント「トーク・イベント&サットサング」が昨年10月22日に行われました。
サットサングとは「真我との交わり」を意味し、そのイベントの第一部にあたるのが、2人のゲストを招いてのトークイベント。大盛況となったこのイベントの模様を、3回にわけてお届しましょう。

Talk Members————————————————————————————

パラマハンサ・ヴィシュワナンダ
モーリシャス島出身の霊的なマスターであり、献身の道を説く「バクティ・マルガ」の創始者。自らの人生と仕事は全て、人々が文化、宗教、性別、年齢の境界を超え、ハートを開いて全てに浸透する神の永遠の愛に気づき、それを受け入れることに捧げている。人々に限りないインスピレーションを与え、日々の生活の中で愛を経験する能力を目覚めさせる知恵と技法を提供している。
http://bhaktimarga.jp/
https://www.bhaktimarga.org/(English)

青山圭秀
あおやままさひで/1959年、広島県生まれ。理学博士、医学博士。『理性のゆらぎ』『神々の科学』(いずれも三五館)他、著書多数。量子物理学を専門としながら、西洋科学と東洋生命科学の融合を模索。長年研究してきた現代科学、ヴェーダ哲学に基づき、2004年より、千数百人に瞑想を指導。
http://www.art-sci.jp

 

藤田一照
ふじたいっしょう/1954年、愛媛県生まれ。29歳で得度。その後渡米し、長年アメリカで禅の研究と指導にあたる。曹洞宗国際センター前所長。『現代坐禅講義』(佼成出版社)、『禅の教室』(中央公論新社 )他、著書、共著、訳書多数。現在は、日本における禅の普及活動を行う。
http://fujitaissho.info

 

司会(鶴飼哲也)
つるかいてつや/「真の教育のための学校NOW」の共同代表として、講師やトレーナー、コンサルタント活動を行う。
https://nowprojectnow.org

 

最も根源的な全ての全てと言える存在とは

──会場の皆さん、お一人お一人の中で確かな体験が深まっていく機会になれば素晴らしいなと感じています。
青山さんから順番にお尋ねしたいのですけども、いろんな宗教や信条の中で「最も根源的な全ての全て」のことを、ご自身はどう認識されて何と呼ばれていますか? 例えば、神、宇宙大生命、仏、タオなど、いろんな呼び方があると思いますが。

青山
先ほど、鶴飼さんと食事しながら打ち合わせさせていただきましたが、こんな難しい質問をされるなら、なぜ、それを先に言っておいてくださらないかと思いました(笑)。
私は中学や高校の頃、「カトリックの洗礼を受けて修道院に入ろう」と、ずっと思っていました。大学に入ってから、パラマハンサ・ヨガナンダの『あるヨギの自叙伝』(森北出版)を読んで、自分がそれまで持っていた世界観よりも、はるかに大きな世界があるということに気がつきました。その後、インド医学を研究したり、インドに行って聖者や占星術師、インド医学のマスターたちにお会いしたり、様々な考え方に接してきたわけなんですけども。

もし、「どういう呼び方をしますか?」と言われたなら、私はずっとアーユルヴェーダを研究してきましたから、「純粋意識」という呼び方かもしれません。「神」という呼び方でもいいと思います。「実在」「存在」「絶対」、いずれも同じものを指していると思いますが、インド医学やインド哲学では、「純粋意識」という言い方をします。純粋で、単一で、普遍の意識。
そのことが聖典に書かれていますが、それは言葉で説明することができないんですね。分析して頭で理解できるものではなく、“ただそれは、経験することができる”だけ。あるいは、“その状態を生きることができる”だけです。
それは神と一致した状態であり、私は「純粋意識」と呼ぶことが多いです。

藤田
皆さん、こんにちは。自分がスワミ(ヒンドゥー教で「師」に対する尊称)の横に坐って、皆さんから熱い眼差しで見られているこの状況が、よく理解できていません(笑)。
今の質問ですが、僕は10歳の時、夜、自転車に乗っていた時に夜空を見上げたら、星がまたたいていました。その時に、なぜか、「あそこで星が生まれたり死んだりしている。星がものすごく遠いところでまたたいているのと、僕がここで自転車をこぎながら呼吸しているのは、同じことなんだ」というつながりを感じたんです。

それまでは、それらは別々のことだと考えていました。でも、向こうで起きていることと、ここで起きていることは、ひとつの同じ現象だと直感したんです。「これは一体、どういうことだろう?」と深い疑問が湧いてきました。
今、こういう格好(禅の法衣を着装)をすることになったのも、さかのぼれば、あの時、自分の中で〝わかってしまった何か〟を、もう1回理解しようという欲望みたいなものが生まれたのかなと思います。そのことを今、質問されたことにより、思い出したんですけど。
たぶん、僕たち全ての存在は〝生かされて生きている〟という存在です。星を、星の状態としてあらしめている。僕を、僕としてあらしめている。そういう何かの働きがあるんじゃないかと。
宇宙全体も、そういう平等な状態にあるのではないかと思うわけです。それを、ひと言で言うなら「大宇宙の精妙な働き」と言うしかない。

そのことを、後に僕がかかわることになった禅の世界では、「心(しん)」と呼んでいるんですね。こころのことであり、心臓という文字の心(しん)であり、いつでも動いていて生きていることの象徴です。なので、宇宙そのものがひとつの生命体として「感得(かんとく)」されたもの=感じて会得されたものを、心(しん)という字で表しているんです。
現代語で言うなら、「大いなる命」でしょうか。道元さんは、「おんいのち」と表現しています。個々の命ではなく、全ての命を命たらしめている働きを指します。
ですので、僕の場合、呼び方としては、仏教用語の「心(しん)」か「おんいのち」ですね。

青山
今、一照さんが「星は生きている」とおっしゃいました。私の知人に船乗りがいるんです。
その人は、数ヵ月も1人で太平洋や大西洋をセーリングして、帰ってきては紀行文を雑誌に書いたりしていますが「ずっと1人で、昼は太陽を、夜は星々や月とともに航海していると、星や月は生きているとしか思えない。そうでなければ、太古の占星学も生まれ得なかった。聖者たちが星と話をして、科学が生まれた」と言います。

私は占星学は専門ではないですが、インド医学でも同じような話があります。聖者が薬草と話をすると、薬草が「私をこういう時に使ってください」「私をこんなふうに調合して使ってください」と話しかけてくると言います。その言葉を聞いて初めて、あれだけ複雑で膨大な数の調合が可能となる──。
草花や木々は生きています。それに比べ、星は物体だと思うじゃないですか? 「でも、そうじゃない」と知人の船乗りは言うんです。「昼間は太陽、夜は星や月と何ヵ月も一緒に過ごしていると、彼らの気持ちが伝わってくる」と。
彼は自然と一体となり、東京に帰ってくるわけですが、何人かで会って食事をしている席で、「あなたは、これこれこうですね」と、それぞれの状況を言い当てたりするんです。でも、「東京にしばらく住んでいると、そういう能力もなくなってくるので、また海に1人で出たくなる」と言います。
私たちが気がつかなくても、星や月も実は生きていると思うんですね。

──この流れを受けて、スワミにお聞きしたいことがあります。スワミの本『JUST LOVE ただ愛のみ』(ナチュラルスピリット)の中に、今、話している最も根源的なもののヒントやエッセンスや核心が書かれていると感じます。その「JUST LOVE」というもののエッセンスについて伺いたいのですが。

パラマハンサ・ヴィシュワナンダ
「ジェイグルデヴ」という挨拶があります。その言葉の意味は、〝私たち一人ひとりの内なるマスターに対して挨拶をする〟ということです。そのマスターが誰であるかは、関係ありません。
なぜなら、全ての人の内側には、神が等しく存在しているからです。私たちはそれを、様々な名前で呼びます。神を信じてない人は、それを「エネルギー」と呼んだりします。「気」「生命力」「クリシュナ」「キリスト」などと呼んだりもしますが、どれもが同じものを意味します。

「JUST LOVE」とは、全ての存在を結びつけているものです。まず、自分自身を愛すること。自分を愛することができなければ、他の何かを愛することはできません。
自分の中にある愛に気づかなければ、他の人を愛することはできません。全てのものを結びつけているのは「意識」と呼ばれたり、様々な呼び方をされています。でも、それは「愛」なのです。
誰もが、人生の中で愛を体験したことがあります。このような愛を、人生の中で感じることもあれば、感じないこともあります。はっきりと「あ、これだ!」と感じることもあれば、そうでない時もあります。そうでない時というのは、心が曇っている時です。

先ほど、星の話がありましたが、星というのは昼間は見えませんが、夜ならはっきり見ることができます。それと同じで、目に見えないからといって、それが存在しないわけではありません。
私たちがここに生きている目的、「なぜ、ここに生まれてきたのか?」ということを、まずは知らなければなりません。
人生は、生まれてきたことも含め、ランダムではありません。単に偶然、生まれてきたわけではないのです。
生まれてきたことには、必ず偉大な目的があります。ヒンドゥー教では、私たちは何度も輪廻転生しており、その数は840万回と言われています。
なぜ、あなたはその肉体を与えられ、偉大なる目的を持って生まれてきたのでしょう?
それを知ることが「解脱」であり、「本当の神を知る」ということです。それは、マスターの恩寵がなければ知ることができず、解脱は非常に遠いものになります。

何回も生まれて来た中で、誰かに「あなたの生まれて来た目的は、それではありません。本当はあなたが考えている以上の偉大な目的があります」と言われたかもしれません。
その偉大な目的とは、愛です。
今日は知っているけれど、明日は忘れてしまうような一時的なものではありません。それは愛ではなく、単なる期待にすぎません。あなたが何かを期待している時、それは本物の愛ではありません。何の期待もなく神の愛を求めている時、愛が何であるかを理解することができます。
一人ひとり、異なる道を歩きながら、同じ目的地に向かっています。例えて言えば、それぞれ自分のハシゴを登っているようなものです。たくさんの競争がこの世界にはあり、このようなスピリチュアルな道においては、一人ひとりが自分だけの道を歩みます。
それは、自分だけが体験していくものです。皆、それぞれの道を歩いていかなければなりません。なぜでしょう? そのために皆さんは今日、ここに集まったのです。


──ありがとうございます。ここで、1分間の静寂を共有したいと思います。

自然な呼吸をして、目を閉じて心地よく座り、純粋な意識や愛、自分が登るハシゴを感じながら、たったひとつの全ての全て、本当の自分を感じながら、1分間を共有したいと思います。
それは、この会場だけではなく、会場の外や遠くにまたたく星々など、全てに及ぶでしょう。全てを結ぶのは、根源的な偉大なる命と間違いなく言えると思います。

 ***

※約1分間、静かな時間が共有されました。このトークイベントの続きは、次回お届けします。

 

『JUST LOVE ただ愛のみ』
シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ著/山下豊子訳/ナチュラルスピリット

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。