【松村潔】秋山眞人著『Lシフト』から思いをはせてみた、宇宙と宇宙人とタロットを融合した占星術

秋山眞人氏の『Lシフト』(秋山眞人、布施泰和 共著/ナチュラルスピリット)という本を読んだ。霊的な存在と宇宙人は違うと説明しているが、その区別がいまひとつわからない。
ずっと昔は宇宙人というのは地球人と同じような肉体を持ち、ナットとボルトでできた宇宙船に乗ってやってくるものだと決めつけられていた。今はそのように考えず、物質的に出現したり消えたり、瞬間的に移動したりすると考えられるようになった。
もちろんそのほうがはるかに自然だと思うが、こうなると霊的な存在と物質的宇宙人の境界線がいまひとつ不明になってくる。というよりは、わたしの考え方ではなんでもあり、ということで、霊的な存在であり物質的に出現できるものもあれば、空気にまでしか降りてこれないような、中途半端な物質化しかしない宇宙人とか、無数のパターンで考えたい。このあたりでは、地球人的な信念体系を次々と壊して、いままでは絶対に想像不可能だったようなものもあり、というふうに決めたい。

で、あらためて秋山氏が言う霊的なものとは何かと考えたりもする。そもそも秋山氏は誰よりも霊的なものには詳しいはずだ。世の中では霊というと、だいたい勘違いして、幽霊などを見ても、霊だと思い込むが、これは正しい言葉の定義が世の中に浸透していないせいだ。
霊魂という時、霊と魂を並べており、霊と魂は違うのだということをはっきりさせる。さらに魂魄という時、魂と魄は違うということも示している。
で、わたしは人間の仕組みは、霊魂魄プラス物質身体と定義する。霊はメンタル体で、魂はアストラル体。魄はエーテル体。その後、物質的身体がある。霊魂の両方とも、個人性というものがなく、とくに霊というのはまったく個人に関係しない普遍的なもの、非局在的なものだ。

人間が死んだとき、身体から魄が剥がれる。すると霊魂魄があり、次に魄が分離して、霊魂が残る。その後、霊魂から魂が脱落して、霊が残る。秋山氏が言う霊的なものは、たぶんこの霊を示さず、一般的にみんなが言う霊に近いものだろう。
というのも、わたしがここで定義している霊、まったく個人性を持たないものをあらわしているのだとすると、それについての長々とした説明が必要になり、面倒な話になる。たぶん、世間にあわせて、なんとなく曖昧な霊魂的なものとか、時には、魄的なことを言っているのかもしれない。

で、宇宙人は何かという時、トータルな霊魂魄プラス身体の存在であり、ただし地球人とは振動密度の違う物質的身体を持っているというものではないか。つまり、地球人の進化の線上にある未来的な存在ということだ。
わたしは最初から宇宙船はナットとボルトで作られた金属の乗り物と考えておらず、精神世界で言うマカバとか、日本神話でいうアメノトリフネと考えているが、これらは等しく7つの要素をトータルに兼ね備えている。
7つの要素はチャクラでもいいし、グルジエフの言う7つのセンターでもいい。グルジエフの7つのセンターで考えると、このうちひとつは高次思考センターで、これは恒星のことを意味しているので、秋山氏の言う自分の故郷の星雲、恒星などを思い出さないと手に入らないということと同じだ。
で、わたしはマカバとかアメノトリフネは別にどこかに飛ぶわけではなく、内部的にいろんな部位に同調するだけだと説明する。つまり乗り物は、宇宙的マップそのものであり、このマップの範囲内にあるもののどこにもチューニングできる。だから、恒星の故郷も組み込まないことには恒星には行けない。

タロットカードの17星のカードには8つの星が描かれ、ひとつは大きく、ほかの7つは小さく描かれる。これは恒星よりももうひとつ上の次元にある全太陽クラスターのことを示していて、中心の太陽と、それに従属する7つの太陽を示している。この宇宙には、複数の全太陽クラスターがあり、それぞれが「宇宙連合」を作っている。
きわめて広い範囲のマカバ、あるいはアメノトリフネは、この全太陽クラスターの範囲にあるすべての場所を航行可能だ。これがもっとも強力な宇宙船だ。マクロとミクロはともに共鳴関係にあるという考え方があるが、それで言えば、このもっとも強力な宇宙船、つまりもっともマクロな領域を旅することのできる乗り物は、その反射構造として、原子、素粒子を突き抜くような物質で作られるという話になる。
マクロとミクロの共鳴という意味では、宇宙船が原子レベルで作られていると、太陽系の外にはもう行けない。そもそもが宇宙船は想念で動くという時、原子で構成されていると、この宇宙船はもう想念には従わないので使えない。
素粒子レベルはひとつの恒星に。素粒子よりも微細な暗黒物質で作られる宇宙船は、今のところ、地球科学ではまだ推理できないのかもしれない。というより科学手法を使う限りは永遠に理解できないのではあるまいか。

宇宙人の定義とは何かを突き詰めると、いろいろ面白いので、こういう話題はもっと続けたいと思う。秋山氏は昔は対立していたエル、ペル、ゲルという宇宙種族が地球問題に関係して協力関係になっているという話を書いているが、そもそも地球問題を深刻化させた奥には、異なる全太陽クラスターをもう少し大きな範囲で結び付けようという意図が働いていて、地球に関連して異種族が入り混じっていくということが最初から目論まれていたのだろう。
龍蛇族はもとを正すと、それは筒、パイプの形をしていて、さまざまな次元をつなぐ通路としての生命体だったし、今もそうで、地球はやがてこのドラコニック・トランスバースの方向に統一化されるという話があるが、そうなると、さまざまな次元を行き来できる余地が生まれる。ジェンダーを持つ人間型はあまり遠くに行けない。

「Lシフト」では、チャクラでいう一番下のムラダーラ・チャクラに、つまり宇宙船の底部に、時間と空間にチューニングする部分があるという話だ。わたしはずっと長い間、タロットと占星術の本を書いてきて、この路線をやめずに、宇宙と宇宙人問題をすべてタロットと占星術をベースにしたところで展開しようと思っている。これだと資源の無駄がないからだ。
だから、12感覚でもある12サインは宇宙船であると定義することにした。世界のどん底は秋分点にあり、これをはさんでいるのはおとめ座とてんびん座で、12感覚では視覚と触覚を意味している。わたしたちは視覚によって特定の世界につかまり、触覚の上昇によって、そこから離陸する。この視覚と触覚は12感覚の中でもっとも濃密な要素で、これをチューニングすることで、時間と空間の位置を調整する。
古い占星術の絵には、人間を海老のように折り曲げて、この秋分点が腰に配置されるような図像があるが、12感覚、12サインをぐるぐるとフラフープのように回して、肉体が少しずつ違う次元にシフトする。
秋山氏はアセンションは2020年と説明しているが、この12感覚ぐるぐる回しは、あと10年くらいかけて、まとまった手法にしていきたい。この手法そのものが、タロットカードでは20審判と21世界のカードに関連するテーマでもある。
太陽系の外と行き来できる宇宙船の祖形は、古い時代に忘れられていて、これを発掘するのは18月のカードのテーマだが、たぶんこれが楽しすぎて、多くの人は時間を使いすぎてしまうのではあるまいか。
地球にいて、眠り込んでいるスタピは、すでにもともと宇宙船を持っていたが、どこかの時代に放置していて、埃をかぶったこれを現代に引きずり出さなくてはならないのだ。使われる機体の素材によって、どのくらい遠くまで飛べるか決まる。

ちなみに、秋山氏は、14歳までに宇宙人のマーキングがあるということを書いていて、これは以前直接そういう会話をしたことがある。ある意味、これも中二病だ。
いろんな人の話を考えてみると、このマーキングのことを忘れているケースは多いと思う。そしてある日、いきなり思い出す。遮蔽記憶であることも多く、これは直接記憶を引き出すと衝撃が大きすぎるからだ。

 

松村潔
まつむらきよし/1953年生まれ。占星術、タロットカード、十牛図、エニアグラム、ライフシンボルなど、 いくつかの手法を活用して講座・研究会などを開催。アカシックリーディング等でも、タロットカードや占星術を併用すると安定性が高いという考えから、ツールの複合性を提案している。『わたしの運命がわかる地球星座占い』(角川書店)、『ディグリー占星術』『三次元占星術』(以上、説話社)、『土星占星術講座』(技術評論社)など著書多数。http://www.tora.ne.jp/

  1. 秀峰

    松村さん、僕にとっては、なつかし~です。

    80年代に Nifty-Serve というパソコン通信で Misty Land という
    電子会議室のシスオペをされてましたよね。
    私もメンバーでお世話になりました

    その電子会議室から派生した ARION世紀末書込み寺 という電子会議室
    があったのですが、当時のメンバーの方、これを見ていたら
    連絡くださいm(__)m