実は前回、重要な前提をご紹介していなかったので、誤解を招いたかもしれない。
「エノクの預言」とは、旧約聖書に記されているエノクという人物が書いた預言のことではない。地球外生物「プレヤーレン」(※)たちが述べる「宇宙人類史」の中に登場する、「エノク」という120億年前の預言者のことである。
つまり、彼は120億年前の超古代の地上に降り立った宇宙人だった。一般常識として、120億年前に地球は存在していなかったことになるが、プレヤーレンによると、地球は6460億年前に誕生したという。

それを前提で、120億年前にエノクが預言した未来の様相を、プレヤーレンの一人であるクウェッツアルがビリー・マイヤーに詳細に伝えたのが、ここで公開する内容である。
それは、1987年2月の「第215回コンタクト」として記録され、そのとき語られた内容が驚異的な精度で的中してきたことが判明している。

※「プレヤーレン」への標記の変更について
これまでビリー・マイヤーがコンタクトしている地球外生物を「プレジャリアン」としてきましたが、これは英語読みの標記です。彼らの呼称はドイツ語読みの「プレヤーレン」の方が一般的なので、今後は「プレヤーレン」に標記を改めさせていただきます。(高島)

「エノクの預言」が示す時期は2020年以降の未来

その後、ビリー・マイヤーが2012年にクウェッツアルとコンタクトした際、エノクの預言が示している時期は「2020年以降の未来」であることが告げられた。
前回の続きをこれからご紹介するが、全体像をつかむためには、前回の記事を参照してほしい。

《前回の内容の主なポイント》
●この預言が成就する時期は、ローマ法王がローマに居住しなくなるときである。
●その法王は、1987年の時点から見て「次の次の法王」、つまり、現在のフランシスコ1世である。
●そのとき、カトリックもプロテスタントも大きく縮小し、ヨーロッパがイスラム原理主義勢力に占拠され、アメリカが凶暴化し、多くの国々を戦争に巻き込む。

ビリー・マイヤーによる「第215回コンタクト」
1987年2月28日 土曜日2時9分〜
クウェッツアルが語る「エノクの預言」のメッセージ
(前回の続き)

そしてその罪は、とりわけ無責任な科学者にある。
彼らは良心と感情を欠いたクローン人間の戦闘機械や、
とてつもない殺傷力を持ち、何でも破壊する
コンピューター兵器を生み出すであろう。

この場合、懸念されるのは、
人間による戦闘機械および殺戮機械、
すなわち戦闘クローンが自立して、
独力で地球人や惑星に死と荒廃、破壊と破滅を
もたらすようになることである。

こうしてすべてが、それまで地球上に
存在したこともないほどの凄まじい地獄となろう。
この残酷な出来事はちょうど888日間続き、
文明は崩壊するであろう。

だが、この恐るべきシナリオは
なおも続くであろう。

なぜなら、人間の間に伝染病や流行病や
さまざまな種類の疾患や、ものすごい飢餓が蔓延し、
世界経済は完全に破壊されて沈滞し、
何の財も生産することもできなくなるからである。
言うまでもなく、
すべての食料や薬品などは配給制となり、

これらの財を横領した者は、
死をもって償わねばならない。

しかし、戦争の狂気は陸上で広がるだけではない。
破滅は大海や大気圏、
それどころか、宇宙にまで持ち込まれるであろう。

未来に誕生する海中団地も攻撃されて壊減し、
何千もの人間が命を落とすであろう。
しかしまた、破滅の渦は、
海中の施設からも生じるであろう。

すなわち、海底都市で結成された潜水艦海賊団が、
海中深くから浮上して、
水面上で艦隊に激しい攻撃を加え、
破滅的な戦闘行為に巻き込むであろう。

そしてこのとき、地球外勢力が介入して
西側の先進工業国を攻撃するという可能性が
現実となり得るのである。
なぜなら、西側の先進工業国は
来るべき邪悪な時代の途方もない災厄に対する
すべての責任を負っているからである。

もし、この可能性が現実となったら、
そのとき地球外勢力は、
その匿名性と秘密をかなぐり捨て、

無責任な行動をする西側国家によって
恐怖におとしめられている人々を助けるであろう。

しかし、黙示録を思わせるような自然災害も発生し、
ヨーロッパ中を震撼させるであろう。
それにもかかわらずヨーロッパは、
途方もなく多くのものが破壊されても
なお存続するであろう。

他方では極西、すなわち
アメリカ合衆国では様子は異なり、

国土は完全に破壊されていよう。

その原因はいろいろあり得る。
アメリカは遠い将来までひっきりなしに
際限のない紛争を起こし続けて、
世界中にアメリカに対する激しい憎しみを生み出す。
その結果、アメリカを途方もない破局が見舞うが、
それは地球の人間にとって
ほとんど想像もできないような規模に達するであろう。
WTC、すなわち世界貿易センタービルのテロ破壊は、
ほんの始まりにすぎないであろう。

すべての黙示録を思わせるような出来事は
ABC兵器、レーザー兵器、
その他の信じられないほど殺傷力の強い破壊兵器や、
クローン化された殺戮機械によって生じるだけでなく、
地球の人間によって無責任にも
徹底的に痛めつけられた世界と自然が立ち上がり、
地上にこのうえなくひどい破壊と
死をもたらすであろう。

激しい火災旋風とものすごい竜巻が合衆国を見舞い、
人間の記憶にないほど凄まじい荒廃と
破壊と破滅をもたらすであろう。

アメリカだけでなく、新しい千年紀が始まってもなお、
発展途上国や第3世界の国々を制圧し
支配できるという
狂気を抱いている
他のすべての西側先進工業国も、

まもなくこれらの国々に対する影響力を失うばかりか、
それらの攻撃から、
我が身を守らねばならなくなるであろう。

エノクの預言によれば、実のところ
先進工業国は本当の文明国ではなく
見せかけだけの文明国とみなさねばならない。
なぜなら、彼らは20世紀の終わり、そして
新しい第3千年紀(21世紀)の始まりに
近づけば近づくほど、
ますます一切の真の愛、真の自由と英知、真の平和、
そしてヒューマニティーと真の人間存在の
すべての価値を踏みにじるからである。

しかしこうしたすべてのことも、
邪悪な出来事が生じた後でさえ、
引き続きすべての民族に対して攻撃を仕掛けることを
合衆国にやめさせはしないであろう。
北アメリカ大陸が、それまで記憶にないほど
ひどい大災害に見舞われようとも、
軍隊やコンピューターやABC兵器を駆使して
殺戮を続けるであろう。
その際、コンピューター兵器が自立し、
もはや人間にコントロールできなくなる
ということが起こるであろう。

以上が、エノクの預言の最も重要な部分の概要だ。

ビリー
だが、告げるべきことは、もっとあるはずだ。どうか、それを語ってもらいたい。少なくとも君は私にそう言ったことがある。

クウェッツアル
君は諦めることを知らないね。では、預言の中からあといくつか重要なことを語ろう。

地球上では、すでに新しい伝染病が
人間の間に広がっているが、
エノクが預言したところによれば、
その後も数多くの伝染病が続くであろう。

1990年代にはエイズが世界中に広がるだけでなく、
来たるべき新しい千年紀になっても、
いろいろな伝染病が生じるであろう。
たとえば、いわゆる狂牛病もしくはBSE、
そしてそこからクロイツフェルト・ヤコブ病の
さまざまな症状が発生するであろう。

エボラと呼ばれる伝染病も、
その他の伝染病や病気と同様に
多くの死者を出すであろう。
そうした病気の一部はまるで流行病のように出現して、
それまで経験したことのない地球の人間に
謎を投げかけるであろう。

主として政治に関しては、
多くの不気味な事件が起きるであろう。
第3次世界大戦が始まる前に、
フランスとスペインの武装勢力が衝突するであろう。
しかし、フランスはスペインとの紛争を
最後まで戦い抜くことはしないであろう。
というのは、ロシアやスウェーデンのように、
フランスでも国内に大きな暴動が起こり、
政府転覆や内戦に発展するからである。

特にフランスとスウェーデンでは、
たとえば、欧州連合の策謀とその独裁的な発令が、
多くの暴動と蜂起に火をつけるであろう。
が、これらの国々ではギャングや組織犯罪も寄与して、
内戦は避けられまい。

これに加えて、生まれつき国籍を持っている者と、
移住してきた外国人との間に
重大な差別が生じるであろう。
外国移民はたいてい自国民とは異なる宗教を信じている。
まさにこのことも、時間が経つにつれて
ますます深刻な紛争を招くであろう。
排外主義、外国人排斥、
他の宗教を信じる者への憎しみが、

台頭するネオナチ、テロ、
極右主義などとともに日常茶飯事となろう。
イングランドやウェールズや北アイルランドでも
内戦状態になり、多くの死者を出すであろう。

ソビエト連邦はこの80年代に、あるいは
遅くとも次の10年間が始まるときには
消滅するであろう。

そのキーマンとなるのは、
ミハイル・ゴルバチョフであろう。
だが、それによって平安が訪れるわけではない。
なぜかと言うと、新しく生まれ変わったロシアは、
長い歴史を引き継ぎ、内モンゴルを巡って
中国と衝突するであろうから。
その結果、ロシアは領土の一部を
中国に譲渡することになるであろう。

まさにこの中国が、危険な国になるであろう。
わけても現在すでに理想的な関係にはない
インドに対してである。
中国はインドに侵攻するであろう。
もし生物兵器が使用されたら、
ニューデリーとその周辺だけで
3000万人が殺されるであろう。
それのみならず、その時点では生物兵器を装着して
使用される爆弾やミサイルは、まだ制御できないことや、
そのとき、知られざる恐ろしい伝染病が発生して
急速に広がり、多くの地域を見舞うであろう。

パキスタンもある事情から
インドと交戦するように誘惑されるであろうが、
両国は核兵器を開発しているので、
それは危険極まりないものとなるであろう。

ロシアも平安をもたらすことはないであろう。
ロシアはスカンジナビアを攻撃し、
その結果、すべての影響が
ヨーロッパ中に拡大するであろう。

そのわずか数ヵ月前には、
恐ろしい竜巻が北欧で荒れ狂い、
実に多くのものを荒廃させ、破壊するであろう。
ロシアの攻撃について言うと、それは夏の期間に、
アルバンゲリスクを起点に遂行されるであろう。
このとき、デンマークは戦争行為に巻き込まれないが、
その理由は、この国が重要ではないからである。

しかし、この戦争行為にロシアは満足せず、
その領土拡張欲は激しさを増すであろう。
その結果、ロシア人はその戦力を携えて
イランとトルコに侵入し、
血なまぐさい戦いとものすごい破壊によって
両国を占領するであろう。

ロシアのこの領土拡張欲には、
中東の石油資源を我がものとし、
南東ヨーロッパの領域に直接到達したい
という欲求が根を下ろしている。
それゆえ、ロシア人はバルカン半島にも侵攻し、
多くの死者と破壊を伴う激しい戦闘で、
バルカン諸国を容赦なく、壊滅的に打ちのめす。

またこの時点では、
イタリアで大きな自然災害が国土と人間を襲い、
それによって大変な困窮が生じるであろう。
そのとき、ベスビオ火山が再び噴火し、
途方もない災厄を広めるであろう。
さらに戦争も国を揺るがせて、多くの人の命を奪い
大規模な破壊を繰り広げるであろう。

より北方の国々でも、
戦争の災厄が降りかかるであろう。
なぜなら、東方から強力な軍隊が侵入して、
殺害と略奪を行い、雨あられのような爆弾とミサイル、
レーザーとコンピューターによって制御された
前代未聞の殺傷力を有する兵器によって
すべてを破壊し、壊滅させるからである。

このときまっ先に蹂躙されるのはハンガリーであり、
オーストリアと上部イタリアがこれに続くであろう。
スイスも深刻な巻き添えを食らうが、
本来の攻撃目標とはならないであろう。
攻撃目標となるのはフランス、
次いでスペインであろう。

しかし、攻撃者の最終目標は
ヨーロッパ全体を軍事的に支配することであり、
フランスが、その本拠地として定められよう。
フランスは外部から攻撃者によって占領されるだけでなく、
内部からも占領軍への協力勢力や
その他の勢力によって占領されるであろう。
内部勢力として考えられるのは、
その時点でフランスに在住し、
異なる宗教、特にイスラム教を信仰する外国人であろう。

フランスが陥落すれば、
スペインと英国に対する侵略戦争が始まり、
それからスカンジナビアに侵攻する攻撃軍との
連合が成立するであろう。
フランスを拠点としたこれらのすべての戦争行為に、
フランス国内に貯蔵されている大量破壊兵器が使用され、
ひどい荒廃と破壊と破滅がもたらされるであろう。

東からの攻撃者は、
フランス軍を強制的に同盟軍に編入させて
北欧の国々に対する侵略戦争を遂行させるであろう。
北欧の国々のうち、
スウェーデンとノルウェーが襲われて征服され、
その後、ロシアに併合されるであろう。
フィンランドも軍事力によって侵攻され、
多数の死者が出るとともに、
大規模な破壊が行われるであろう。
その後、国家は完全に解消し、
ロシア軍が長期にわたって駐留するであろう。

その時点では、ドイツの市民も内戦状態に入り、
それと同時に東からの大軍がドイツを攻撃するであろう。
ドイツとその国民は、攻撃者のくびきから
再び自らを解放することができるだろうが、
最初は、侵入軍の暴力に屈するであろう。

ある期間が過ぎると、諸国民は
攻撃者や侵入者に対して決起し、
ヨーロッパ中で解放戦争が始まるであろう。
ドイツで内戦の嵐が吹き荒れるのと同時に、
イギリスでは革命が起きるであろう。
それは実に大量の血を流させ、
非常に多くの犠牲者を出すであろう。
その数はドイツの内戦で出る犠牲者を
上回ることが予想される。

イギリスとアイルランドは、すでに大分前から
イギリスの警察、および軍隊との間で戦争状態あり
そのままずっと続いているので、
革命の波はアイルランドにも広がるであろう。
特に、北アイルランドが最初に見舞われ、
場合により、それは国全体に広がっていくであろう。

ウェールズの内戦でも大量の死者が出るであろう。
ウェールズでは、第3次世界大戦の前にも
いろいろな立場の違いが現われるであろう。
ウェールズとイングランドの軍隊が、
とりわけカムリ近郊で衝突して、多数の死者を出し、
ものすごい破壊を引き起こすであろう。

しかし、ヨーロッパで死と破壊と
破滅の嵐が吹き荒れるだけでなく、
アメリカでも大変な苦難に耐えねばならず、
多くの死者と破壊と破滅を
嘆き悲しむことになるであろう。

世界で最悪の大量破壊兵器を所有している
アメリカとロシアは、
今日でもいく分かは言えることであるが、
その時点でも、互いに巨大な軍事力をもって衝突し、
カナダもこの紛争に巻き込まれるであろう。
そもそもの発端は、ロシア人が
アメリカのアラスカとカナダを攻撃することであろう。

それから大量の死、破壊、破滅、伝染病などが、
地球人がそれまでに見たことも
経験したこともないような規模で、荒れ狂うであろう。
大量のABC兵器だけでなく、
コンピューターによって制御され、
ものすごい破壊威力を発揮する兵器システムも使用される。
このような兵器システムは
現在すでに開発の初期段階にあるか、
または第3千年紀(21世紀)になってから
発明され、設計される。

***

長くなるので、この続きは次回にご紹介しよう。

高島康司
たかしまやすし/コンサルタント、世界情勢アナリスト。北海道札幌市生まれ。子ども時代を日米両国で過ごす。早稲田大学卒業。在学中、アメリカ・シカゴ近郊のノックス大学に公費留学。帰国後、教育産業のコンサルティング、異文化コミュニケーションの企業研修などのかたわら、語学書、ビジネス書などを多数著す。世界情勢や経済に関する情勢分析には定評があり、『未来を見る!『ヤスの備忘録』連動メルマガ』で日本では報道されない情報を発信。毎年多くのセミナーや講演に出演し、経営・情報・教育コンサルタントとしても活躍している。
主な著作は、『2020年アメリカは分裂する! 』『望みなき時代の幸福論』(以上ヴォイス)、『日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本』(講談社)、『なぜ予測をはるかに超えて進むのか』(ヒカルランド)、『論理的会話トレーニング』(アスカビジネス)、他多数。

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/

有料メルマガを出しています。よろしかったら、ぜひどうぞ!
未来を見る!『ヤスの備忘録』連動メルマガ(毎週金曜日配信)
http://www.mag2.com/m/P0007731.html

ツイッター
https://twitter.com/ytaka2013/

毎月最終土曜日の午後1時半から、都内で「ヤスの勉強会」を主催。
参加希望者は以下にご連絡を。
info@yasunoeigo.com

おすすめの記事