みなさん お久しぶりです。
未来予報士 雪下魁里でございます。いかがお過ごしでしょうか?
前回の記事は「平成」から「令和」への年号代わりに関しての未来予測について書きましたが、すっかり「平成はもう古い!」という気分になってしまっていますね。

新年早々の未来予報が現実となった山形県沖地震

まずは、この記事を思い起こしてみてください。

未来予報士通信〈5〉未来予報! 元号も新しくなる2019年はどんな年になる?/雪下魁里

主要な部分を抜粋すると、以下になります。

立夏前の土用中に新年号になり、夏至(国内のエネルギーが活発に動く頃)を頂点に、時代と国民が流れに乗れるような運びで慣行されていくかと思います。個人差もあると思いますが、暦上はそうなります。

12年に一度は天変地異が起こりやすい

2007年の亥年にも「新潟県中越沖地震」がありました。早速ですが、先日1月3日にも熊本県で震度6弱の地震がありました。
これら3つの地震は、どれも内陸に起こりやすい直下型地震です。
この近年の流れを見ていると、12年に一度は国土面積や立地条件の関係で、直下型地震が起きると予期していたほうが良いのかもしれません。

と書きましたところ、直下型地震ではありませんでしたが、夏至を目の前にした6月18日22時22分頃にそれは起こりました
昨年の「大阪北部地震」と同じ日です。

この2ヶ所の地震が起こった瞬間の時間軸を、陰陽学的な表に書いてみました。
内容はともかく、シンクロニシティと思えるような文字が浮き出ました。

去年と今年の6月18日の四盤暦から見えるもの

9マスの真ん中がみなさんのおなじみの干支九星なのですが、真ん中の記号中心に少なくとも8つの組み合わせのパラレル宇宙が広がっているという意味です。
そして、それはもっともっと細かく9の倍数で広がるパラレル宇宙だと、古代陰陽学理論が語っているのです。
細かいことはさておいて、ここでは四盤暦から「簡単な数字」と「干支のキーワード」が出てくるということをお話ししたいのです。

先日の山形沖地震の時の四盤暦を例に見ると分かるように、年月日時の4つの表を重ねると、縦に「3と9の対冲」、横に「午午午のゾロ目」ができあがりました。

2019年6月18日 山形県沖地震の四盤暦

※縦に「3」「9」が向き合う
※午(うま)が、横一線に並ぶ(太陽が直射する)

次に、昨年の大阪北部地震の四盤暦を見てみましょう。
こちらも同じように4つの表を重ね合わせると、「上下に 5の対冲、6の対冲」。そして、「右下がりに午午午のゾロ目」が出てくるのです。

2018年6月18日 大阪北部地震の四盤暦

では、これを解説していきます。
前回の令和直前の未来予報で、「戌亥の二年間は、災害から学ぶべきものがある年」とお伝えしました。
この2つの地震の四盤暦から、対冲で揃った「5」と「3」「6」「9」そして「午」
この記号の並びが、とても重要な宇宙からのメッセージなのです。

各記号の意味は、下記の通りです。
「5」→すでに決まっていたこと。こうなるのはわかっていた。
「午」→垂直。この場合は地球腹の垂直な力、つまり「逆断層型地震」を意味します。

ポイントは「3」「6」「9」のセットで、重要な意味が浮き出ています。
369=ミロク(弥勒)=悟り=未来仏(ワンネスは目の前)という意味となります。
「3」「6」「9」の数字セットは、偉大な発明家、ニコラ・テスラも数理的に特別な意味があると考えていたくらいです。東洋だけでなく、世界中で特別視されてきました。

四盤暦から読み取れるメッセージ

これらの文字を解読すると、このような意味になります。

2018年の大阪北部地震から、2019年の山形県沖地震までの一年間。
宇宙が我々にすでに決まっていたかのように(我々を鍛えるためのようなスタンスで)地震が起き、これらを乗り越えることで日本国民が悟りかけてきたので、2019年の地震では死者やダメージは君たちの力(危機管理能力)で回避できるようになってきている。

君たちの前にはワンネスの光が見え始まっているよ。

実際は、地震で被害に遭われた方々もいらっしゃいますし、日々、私の中で祈る日は絶えません。
ですが、一方で私たちは愛を学ぶ真っただ中にいるのです。ワンネスを目の前に、進み続けているのです。

今回は、今までの未来予測の経緯から、地震などに災害のメッセージなどを、具体的な数字に置き換えてみていきました。
そして、ちょっとだけ時空的な読みを説明してみました。
ゆくゆく見えてくるであろう“ワンネスの世界”に、私たちは一歩ずつ近づいています。

雪下魁里
ゆきしたかいり/未来予報士。生まれ持ったサイキックを元に、干支九星、四盤暦鑑定学と世界各地のシャーマニズム研究から編み出した、独自の開運学で相談者の未来を予報。これまで25,000人以上を鑑定してきた結果「運命というのは与えられるだけではなく、いくつかの条件が合えば、ある程度は創ることができる」と分かり、それができる人たちを育て、占い師の要らない未来を作ることが夢(笑)。

日本に上陸した愉快な宇宙存在シャーとの日常「宇宙で大人気!のきみへ」
https://ameblo.jp/chijikunokami2019

シャーの話したことや、四盤暦や多次元説、都市伝説や霊的なことなどを深掘り
雪下魁里ゆきしたかいりのこの世のしくみノート
https://note.mu/chijikunokami

Twitter
https://twitter.com/yokoohsawa83

facebook
https://www.facebook.com/kairiyukisita/

ライン占いアプリがリリースされました!
Appストアで「ライン占い」というアプリをインストール(無料)すると、私が登場します。2018年10月31日〜11月4日の時点で、人気アプリ1位を獲得しました。また、アメーバ公式占いサイトに、世界初の試みのアプリ「鎮魂日盤奥免法」がリリースされています。

おすすめの記事