プラーナで生きる「不食」の第一人者として、世界的な活動を続けるジャスムヒーンさん。存在そのものから慈愛のエネルギーが放たれているような、圧倒的なパワーを感じさせる方です。
“不食を通した生き方のヒント”のインタビューをお届けしましょう。

どうやって過ごすかが「あなたの生きる領域」を決める

──ジャスムヒーンさんは、意識を拡大させるために瞑想することを勧めていらっしゃいます。それ以外にも、心がけるとよいことはありますか

あなたというシステムにとって、自分自身の純粋な本質がメインになるような時間を過ごしてください。ライフスタイルの在り方に、立ち戻る必要があるのです。

あなたがどうやって時間を過ごすかが、あなたの周波数を決めます。
その周波数が、あなたがどのような領域に生きるのかを決めます。

永遠なる平和の領域を見つけたら、
恩寵の領域を見つけたら、
感謝の領域を見つけたら、
何もない領域(空:くう)を見つけられたら、
あなたのハートは常に感謝の状態でいられます。

そうなれたら、次はそれを誰かとシェアすればいいのです。
あなたはどの領域で生きたいですか? たくさんのゾーンが存在しますが、どれを選ぶかはその人次第です。

──自分が希望するゾーンを選んだとして、そのゾーンにちゃんと行けるものなのでしょうか?

全てのバイブレーションは「今ここ」に存在しています。ライフスタイルは、テレビのリモコンのようなものです。
「二元性」という番組もあれば、「ユニティとワンネス」という番組もあります。見たい番組にしたければ、リモコンでチャンネルを切り替えなくてはなりません。

「ユニティとワンネス」は、人間として最も高い潜在的可能性を得られる番組です。ただし、その番組があると知らなければ、チャンネルを替えることもありませんよね? 私が行っているのは、その番組を知った人にチャンネルの替え方を教えることです。

そのチャンネルは私にとって効果がありますが、他の人にとってはあまり効果がないかもしれません。
私は7歳の頃から、「ユニティチャンネル」にずっとフォーカスしていて、まもなく63歳になります。ですから、このチャンネルに55年間、ずっと目を向けてきたことになります。

その間、何百万人の人と協力し合ってきて、ほとんどの人が私のやり方に似ていることに気づきました。
それは、“ライフスタイルにおいて、どうやって自分の時間を過ごすか?”にあります。自分のエゴを開拓するために過ごしてもいいし、人間性を開拓するために過ごしてもいいわけです。
それをすると、人間性というテレビ局の番組になります。
自分の中の純粋な本質を開拓しようとするなら、ユニティというテレビ局の番組になります。ユニティとは、自分とのユニティ(一体化)であり、自分以外の全てのものとのユニティ(一体化)です。

──ジャスムヒーンさんが活動する中で、注目されていることはありますか?

物事を変える人は、「変化をもたらす人」と呼ばれます。
例えば、ニコラ・テスラ。彼が亡くなる際、破産して孤独で、完全に彼への評価は否定された状態でした。というのも、新しいエネルギーシステムを紹介したからです。彼は、既存の確立されていたものを変えようとしていました。
新しいヒーリングの手法を紹介していた人たちもたくさんいましたが、彼らへの評価も否定されました。製薬会社に挑戦するようなことをしていたからです。

私の活動もそれと同じです。この活動を西洋で始めた時、とてもネガティブな反応をされました。人々は私たちのやっていることを信じなかったので、彼らに真実を伝えなければなりませんでした。私は人がなんと言おうと関係ありませんでした。自分の体験したことが、とても深くてリアルだったから。

新しいパラダイムを紹介する時というのは、常に「NO, NO, NO」と否定する人に出会うものです。ガリレオをはじめ、否定された人はたくさんいます。
私も同じです。インターネットで検索すると、ネガティブなことを書かれたりもしています。ポジイティブに伝えてくれた人の情報は、削除されています。
ですので、次にお伝えすることが、世界中で受け入れられているのをイメージしてみてください。

人々は源のソースから滋養を得ることにより、
今よりももっとエネルギーが得られて、
より強くなり、より健康になり、
物質的な食べ物は必要ない状態。

そうなると、何十億ドルを売り上げる食品産業界や製薬業界、医療業界に挑戦することになるのです。ということは、当然、それに対しての反発がやってきます。

二元意識の人々は、お金が欲しいのです。人々に、本当の自由を知ってほしくありません。私たちのように多次元世界に目を向けている者のスピリチュアルな教えも、知ってほしくありません。人々が自らのマスターになることを望みません。
ですから、自分の外側の世界に向かって物を得ることをさせ、二元意識の世界へ封じ込めようとします。

私がお伝えしたいのは、「人間が必要としているものは、自分の中に全部ある」ということです。その人の準備ができたら、“潜在的な可能性が組み込まれている意識の世界”を受け入れられるようになっていくのです。

(この記事を書いた人/Y-MAYUMI 通訳/カレルりえ)

ジャスムヒーン
メタフィジックについて20冊の本を出し、プラーナの栄養についての分野で調査し、国際的にレクチャーを行っている。この20年以上、 ほとんど食をとらずプラーナ(光)だけで生きている。邦訳に『マトリックスの女王』『ハートの王』『エリュシオン』『「平和の道」と「本質」で在ること』 (ともにナチュラルスピリット)他がある。

・・・・・・・・・・・・・・・
今年12月にジャスムヒーンさんが来日!
12月14日(土)〜17日(火)
4日間集中ワークショップ開催予定!

昨年、大人気となった、ジャスムヒーンさんによる4日間にわたる集中セミナー。会場では、ハートの拡大を経験する人も。あなたの意識ゾーンを高めるための貴重なチャンスです。

・・・・・・・・・・・・・・・

『神々の食べ物』
ジャスムヒーン著/鈴木 里美訳/ナチュラルスピリット

『リヴィング・オン・ライト』
ジャスムヒーン著/埴原 由美訳/ナチュラルスピリット


おすすめの記事