ドルフィニスト綾子の「イルカくんからのメッセージ」/vol.5 病気は「本流へ戻ろう!」というサイン

ドルフィニスト綾子さんがチャネリングした「イルカくん」に様々なテーマで質問をして、その答えをお伝えしていくという、このシリーズ。
イルカくんの願いは、一人ひとりが本来の自分になって、喜びの中で生きてもらうこと。
前回同様、合間にドルフィニスト篤さんからのコメントも加わった、愛いっぱいのメッセージをお届けしましょう。

悟りをテーマに発信しているドルフィニスト篤さんと、チャネラーのドルフィニスト綾子さん。

テーマ:病気は「本流へ戻ろう!」というサイン

── 前回の「壊れたものを元に戻そうとしない」に関してですが、人生でショックなことが起きた時、特に病気になった場合などは、なんとか対処してダメージを食い止めようとするのが人間の心理だと思うのですが・・・。
*ドルフィニスト篤さんのコメントは、青色の文字です。

そうだよね。
でも、元に戻そうとしないこと。

確かに、病気になると、体力が落ちて、
以前できたことができなくなるよね。
すると、元の状態に戻そうと
リハビリしたりするけど、

早急に元に戻すことを目指すよりは、
今の自分にできることをする方が大事なんだ。

新しい体験ができて、
その体験をその先へと辿っていくと

新しい自分に再生していく。
ということは、
今の自分から生じてくるもので完璧だから

それをすればいい。

そうしているとね、
必要な情報に出会ったり、
新しい価値観に変わったり、
会いたかった人に出会ったり、
違う道が開けたりするんだ。

それは、今までの道の延長線上にはないことで
病気にならなかったら起こらなかった
大切な変化であり、出会いなんだ。

イヤイヤやることには、何もいいことはないよ。
だって、ストレスになるじゃない?
結局、“イヤだからやらなくていいように”って、
病気になったりして、ストップがかかる。

そうなるのは、自分がそうさせているんだよ。
自分でやめる選択をせず、
イヤイヤやりたくないことをやっていると、

ストレスを溜めて病気になって、
自らストップをかけることになる。

だったら、最初から
「イヤだからやらない」って決めたら、

病気のプロセスはいらないよね。

その正直な気持ちを早く伝えればいいのに、
怖がって言えないでいるでしょう?

自分から変化を起こそうとしないから、
病気や何らかの形でストップをかけて、
時間をかけて変わることになってしまうんだ。

だから、病気になったのは、単に
「やりたくないことをやってるのを、

ストップしたかったんでしょう?」ってこと。
「その道じゃないよ、本流はこっちだよ!」ってサイン。

病気と闘っている時間がもったいないと思えば、
自発的にイヤなことをやめようとするよね。
でも、みんな、それを怖がるんだ。

だから、仕事でも人間関係でも、
先に言っておいた方がいい。
仕事では、
「その件は、都合がつかなくてお受けできません」。

人間関係では、
「都合が悪いので、やめておきますね」。

イルカ的には、そうする方がお勧め。
何も守らなくても大丈夫。
必要のない余計なことをやめたら、
“どわぁー!”とうまくいくよ。

最初はみんな、
それでうまくいくことが信じられないんだけどね。

「壊れていくものは壊れていくままでいい、本来、守らなければいけないものはないんだ」と、すべてを肯定的に捉えることができて、「起こることすべては完璧だ」という視点で見れるようになると、何が起こっても手放しで信頼できるようになりますね。

── イヤなことをやらない自分に対し、「甘えグセがついてしまうんじゃないか?」と思ったりしそうです。

でも、一番やりたいことをやるなら、
ものすごい情熱をかけるもん。

大好きなことだったら「もっと良くしたい」とか、
「こんなふうにしたい」という、
アイデアもいっぱい浮かんでくる。

イヤイヤやっていたら、
情熱もエネルギーもアイデアも湧いてこないよね?

逆に、それだけ情熱をかけたものなら、
みんながものすごく共鳴するよね?

その人の存在そのもののエネルギーが
込められているから、
それに共鳴した人が
「見たい」「関わりたい」ってなる。

そのエネルギーに触れたくなる。

人は細かいことじゃなくて、
本質的なエネルギーに触れたいだけだから。

そこに触れて、自分を思い出したいから
みんな、それを外側に探し求めているだけなんだよ。

 イルカくん語録 

イヤイヤやることは、何もいいことはない。
だって、病気になったりして
ストップがかかるじゃない?
病気と闘っている時間がもったいないから、
先に言っておいた方がいい。
都合がつかないので、やめておきますね」。
そうすると〝どわぁー!〟とうまくいくよ。

(この記事を書いた人/Y-MAYUMI)

ドルフィニスト篤
ドルフィニストアカデミー主宰。京都大学理学部物理学科卒業。京都大学院理学研究科物理学専攻、修士課程修了。2001年より、イルカのスピリットをチャネリングする綾子夫人と共に、イルカのように生きる「ドルフィニスト」を提唱し、全国にて講演活動を行い、人々の目覚めやヒーリングに従事する。現在は悟りのコミュニティにおいて、鋭い論理と慧眼で悟りへと導いている。著書『悟りハンドブックー〈私〉を思い出すこと、それが悟りです!』(ナチュラルスピリット)。

 

ドルフィニスト綾子
イルカくん、いるかちゃんをはじめ、イルカのスピリットたちの生き方やメッセージをチャネリングし、伝えている。2000年にガイドのイルカのスピリットのチャネリングが始まると同時に、高次元の光の存在、アセンデッドマスター、土地の神々、自然のスピリット、宇宙存在、天使たちとのコンタクトが始まる。覚醒した意識と卓越した感性を活かし、夫の篤氏と共にドルフィニストアカデミーを主宰し、イルカのように生きる「ドルフィニスト」を提唱。個人セッションは15,000人の実績を持つ。カウンセリング、ヒーリング、セラピーを統合し、現在は悟りのコミュニティに尽力。

イルカくん
地球に愛を伝えに来たイルカのスピリットで、ドルフィニスト篤のガイド。愛と喜びにあふれ、ワンネスの意識を持つ。元気で情熱的で、人間味あふれる個性が人気。

 

いるかちゃん
イルカくんのパートナーで、ドルフィニスト綾子のガイド。慈愛と優しさに満ち、ワンネスの意識を持つ。大和撫子のように控えめでかわいらしい個性。

 

ドルフィニストアカデミー
http://www.dolphinist.jp/
http://iru-iru.jp/

『悟りハンドブック』
(ドルフィニスト篤著/ナチュラルスピリット刊)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。