前回まで、プレヤーレンとコンタクトしているビリー・マイヤーが、1987年2月28日に与えられた「エノクの預言」の全文を掲載した。
2012年のコンタクトでは、この預言の光景は2020年代の世界であり、今のところ、これが実現する確率は92%ということだった。
これは非常に高い確率だ。ということは、今、我々は「エノク預言」の内容が実現する過程を、目の前で見ていることになる。
はたして本当にそうなのだろうか? 今回は「エノクの預言」を踏まえて、実際に検証してみたいと思う。

「プレヤーレン」とは、この宇宙の裏側にある別の宇宙のエラ星からやってきた地球外生物であり、プレアデス星人のことではない。外見は人間とそっくりで、精神性もテクノロジーも高度に発達している。マイヤーが毎週のように交信しているのは、プレヤーレンの長老である「プター」である。

 

世界的な混乱に至る過程は2つの段階に分かれる

◆混乱に至る状況
ところで、ビリー・マイヤーのコンタクト記録で予言的な内容がある場合、起こる出来事が時系列で分かりやすく表記されているのではない
起こる時期がはっきりとは分からないよう、あらゆる出来事が、いわば圧縮されて書かれている。「エノクの預言」も、その例外ではない。

しかし、よく読むと、世界的な混乱状態に至る過程は、2つの段階に分かれている。まず、混乱に至る一般的な状況は、次のように描写されている。

他方では極西、すなわち
アメリカ合衆国では様子は異なり、
国土は完全に破壊されていよう。

その原因はいろいろあり得る。
アメリカは遠い将来までひっきりなしに
際限のない紛争を起こし続けて、
世界中にアメリカに対する激しい憎しみを生み出す。
その結果、アメリカを途方もない破局が見舞うが、
それは地球の人間にとって
ほとんど想像もできないような規模に達するであろう。
WTC、すなわち世界貿易センタービルのテロ破壊は、
ほんの始まりにすぎないであろう。

すべての黙示録を思わせるような出来事は
ABC兵器、レーザー兵器、
その他の信じられないほど殺傷力の強い破壊兵器や、
クローン化された殺戮機械によって生じるだけでなく、
地球の人間によって無責任にも
徹底的に痛めつけられた世界と自然が立ち上がり、
地上にこのうえなくひどい破壊と
死をもたらすであろう。
激しい火災旋風とものすごい竜巻が合衆国を見舞い、
人間の記憶にないほど凄まじい荒廃と
破壊と破滅をもたらすであろう。

 

◆最初の段階
この状況に至る過程は、明らかに2つに分かれている。
最初の段階は、狂ったように国々を侵略するアメリカに、多くの同盟国が共鳴して、混乱が拡大する過程である。次がその具体的な描写だ。

いわゆる平和的なグローバル化の隠れ蓑のもとで、
アメリカの政治は経済による
絶対的な世界支配を追求するからである。
そしてそれは、大多数の人間がついに理性を持ち、
自分たちの政府と軍およびその諜報機関による
狂気の策謀に対して必要な措置を講じ、
無責任な責任者の権力を
すべての分野で禁止しないなら、
第3次世界大戦が勃発し得る方向へと向うであろう。

もしそうしなければ、大小さまざまな民族は
独立と文化的なアイデンティティーを失って、
意気阻喪するであろう。
なぜならばアメリカは邪悪な暴力によって
彼らに対する優位に立ち、
自分たちの意のままにしようとするからである。

最初、多くの国々は
アメリカの攻撃と制裁に対する不安から、
合衆国という狼の声に合わせて吠えるであろう。
スイスやドイツといった国々の
多くの無責任者もそうするであろう。

しかしまた別の国々は、なんらかの形で強制され、
あるいはアメリカの宣伝や、
無責任者のアメリカ寄りの
プロパガンダに惑わされて同調するであろう。

これは、リーマンショック以前のグローバリゼーションの拡大期の状況と、同時多発テロ後に実行されたアフガン戦争と、根拠のない大量破壊兵器の保有を理由に進められたイラク侵略戦争の状況を圧縮して描写している。
アメリカの同盟国はまさに「狼の声に合わせる」ように吠え、アフガンとイラクに進攻した。進攻した軍の建前は、多国籍軍であった。

 

◆次の段階
ところが、次の段階では状況に大きな変化が生じる。アメリカの同盟国の一斉の離反である。

だが最後には、アジア、アフリカ、
そしてヨーロッパの多くの国々は、
自分たちがアメリカ合衆国の戦争と
征服と搾取の目的のためだけに
利用されていることに気付いたとき、
アメリカの覇権に対して立ち上がるであろう。

したがって最初に多くの国々が
アメリカの手下国となった後、
政府の責任者や多くの国民に理性と認識が訪れて、
合衆国に対する離反が行われるのである。
しかし、大規模な戦争は避けられないであろう。

これを読むと、まさにこの状況に、これからなる可能性が高いように思う。
今、アメリカのトランプ政権は、同盟国の意向に反して、アメリカの覇権維持のための米中貿易戦争や、ロシアに対する強硬姿勢を強めている。
そしてイランに対しては、イランへの経済制裁解除と引き換えに、核開発を断念させた核合意を一方的に破棄し、イラン産原油の全面的な禁輸を中心とする厳しい経済制裁を発動するだけではなく、イランを軍事的に攻撃する可能性も示唆している。
これは、EU諸国の非常に強い反感をかっている。勝手に多国間協定であるイラン核合意を離脱し、アメリカは一方的に緊張を高めているのだ。

アメリカがもし、本当にこれからイランへの攻撃を実行するようなことでもあると、怒った多くの国々が「アメリカの覇権に対して立ち上がる」ことにもなるだろう。
そうすると、「エノクの預言」のモチーフによく似た展開になっても不思議ではなくなる。これが「エノクの預言」が予期する、世界的な無政府状態の始まりになるのかもしれない。どうなるだろうか?

自分の身を守るにはどうしたらよいのか?

「エノクの預言」には、日本に関する記述はない。しかし、ロシアがヨーロッパに攻め込み、アメリカが分裂し、世界中で戦争が始まるのだ。
日本だけが安全であるとは考えられない。日本にも混乱の津波が到達すると考えたほうが妥当だ。もし本当にそうなったら、我々はどうしたらよいのだろうか?

世間的には、金などの希少金属の保有、食料の備蓄、自給自足、信頼できるコミュニティーの形成などが、本格的な危機を乗り切るためには重要だと言われている。確かにこれは間違いない。

しかし、この連載の第3回の記事で詳しく書いたように、プレヤーレンは“現実は人間の想念が作り出したものなので、変更が可能”だとしている。
プレヤーレンによると、人間には現実を作り替えることのできる根源的な創造力が備わっているという。この創造力の源泉こそ、「創造の掟」である。
しかし、我々の生活は、普段は物質的意識と呼ばれる身体の物理的な欲求をベースにした意識に支配されており、「創造の掟」は潜在的に休眠状態にある。

だが、「創造の掟」の活性化に成功するなら、体験したことのないような創造力が満ちあふれ、これにより、目の前の現実は簡単に変更することができるようになる。
以下が要約である。

ビリー・マイヤーによるプレヤーレンとのコンタクト
「創造の目に見える驚き」
 2018年6月7日

私が自分の内面でも、また外界に対しても
楽観的な気持ちで正しいことを行うとき、
楽しい思考や感情、偉大な愛とともに、
平和と調和の思いが巨大な流れとなって
私の内面を満たす。

私はこの気持ちを、
他の人々に向けて自由に流すことで、

すべての人々を分け隔てなく見ることができる。

このような良い思考と感情が生まれるのは、
私にいつも「真に人間的」であるように促す、
私の本質的な性質にあることを知っている。

私はそれに対抗することなどできない。
私は、本当の意味で「真の人間」になる欲求に
身を任せるほかない。

この創造されたすべてのものがあまりに美しく、
偉大であることを意識し、自ら鼻歌を歌うのだ。
すると、私の目の前にいるすべての人々は、
私の意識に火を灯してくれて、
さらに温かい感情が込み上げてくる。

そうなると、私の意識は拡大し、
知識と視野がはるかに広がるのを感じる。
すべてのものが存在の境界に達するまで
光り輝くのが分かる。
私が心に描いた光景が自然と完成し、
楽園のような情景が展開される。

そこで私は、自分の内面へと目をやる。
すると、この光景こそ、私の意識の中で
「創造の掟」が発動した状況であることが分かる。

***
以上である。
このエッセイは、「創造の掟」が作動した状態の描写であることが分かる。どうも、楽観的な気持ちで正しいことを一貫して行うことが、休眠している創造の掟を作動させるためのカギになるようだ。

筆者もぜひ、そのように頑張って生きてみたい。

高島康司
たかしまやすし/コンサルタント、世界情勢アナリスト。北海道札幌市生まれ。子ども時代を日米両国で過ごす。早稲田大学卒業。在学中、アメリカ・シカゴ近郊のノックス大学に公費留学。帰国後、教育産業のコンサルティング、異文化コミュニケーションの企業研修などのかたわら、語学書、ビジネス書などを多数著す。世界情勢や経済に関する情勢分析には定評があり、『未来を見る!『ヤスの備忘録』連動メルマガ』で日本では報道されない情報を発信。毎年多くのセミナーや講演に出演し、経営・情報・教育コンサルタントとしても活躍している。
主な著作は、『2020年アメリカは分裂する! 』『望みなき時代の幸福論』(以上ヴォイス)、『日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本』(講談社)、『なぜ予測をはるかに超えて進むのか』(ヒカルランド)、『論理的会話トレーニング』(アスカビジネス)、他多数。

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/

有料メルマガを出しています。よろしかったら、ぜひどうぞ!
未来を見る!『ヤスの備忘録』連動メルマガ(毎週金曜日配信)
http://www.mag2.com/m/P0007731.html

ツイッター
https://twitter.com/ytaka2013/

毎月最終土曜日の午後1時半から、都内で「ヤスの勉強会」を主催。
参加希望者は以下にご連絡を。
info@yasunoeigo.com

おすすめの記事