昨年4月に、著書『ワンネスの扉 心に魂のスペースを開くと宇宙がやってくる』(ナチュラルスピリット)を初出版した、フランス人起業家のジュリアン・シャムルワさん。
高校生の頃から始まったUFO&ETコンタクトや、24歳のときに体験した鮮烈な「ワンネス体験」などを綴った本書を出版するや、大反響。
そんなジュリアンさんに、高次存在との関係性やワンネス意識についてお聞きしました。
*2019年の年末に来日した時の内容となります。

スピリチュアルな能力を実生活に活かす

──見えない存在の気配を感じたり、オーラが見える能力をお持ちですが、『ワンネスの扉』の出版後、スピリチュアルな能力に変化はありましたか?

大きな変化はないですが、現在、ヒーリングを学んでいます。昨年11月に、南フランスで行われたオーラのワークショップに参加したのがきっかけです。
それはオーラ・ヒーリング歴35年という、フランス人ヒーラーのワークショップで、オーラを手で感じながら「オーラ漏れがある部分」を探してそこを癒す、というものでした。

──フランスは、スピリチュアルなことやヒーリングをなかなか受け入れないお国柄とのことでしたが、そういうワークショップは珍しいのでは?

そうなんです! 見つけたときは驚きました。参加者は主にフランス語圏の人々で、ほとんどは、医者やキネシオロジーのセラピストでした。
あるセラピストは、「公の場ではスピリチュアルなことを受け入れてもらえないので、キネシオロジーでカモフラージュしながら、オーラ治療やハンドヒーリングをやりたい」と言っていました。

──ヒーリング以外では、ご自身の能力をどう役立てていますか?

普段から、人生の目的を探す際に役立てています。「これから何をやろうかな?」などと自分に問いかけ、自分と対話して、ヒントなり答えなりの情報をつかむんです。

──情報がやってくるときというのは、自分の中からですか? それともガイドなどの外部の存在の声でしょうか?

両方です。「これは外側からやって来ているな」と感じるときは、“独特な味わい(感覚)”がすることもあります。そういうときは大体、何らかの存在がいる気配も感じますね。

その気配は、宇宙人や高次元の存在だったりします。ときには、彼ら以外の身体を持たない存在の場合もあります。
いずれにせよ、ヒントなり答えを聞いて、「わかりました。ありがとうございました」と答えて、そのあと、従うかどうかを考えるんです。
「いいヒントだな」と思うこともあれば、「これはちょっと、どうかな?」と思うこともありますから。

──情報を採用しない場合、情報の送り主が「失礼しちゃう」と思うかもしれませんね(笑)。

そうかもしれません(笑)。でも、この人生は自分のものですし、ヒントをくれたとしても、答えは最終的には自分が決めるものだと思っています。
もし、「外側からの声は常に正しい」と思ってしまうと、自分で決められなくなります。自分の道をしっかり歩くには、自分で決めないと。
でも、たまに向こうから「お願い」をされることもあるんです。

──何を依頼されるのですか?

周りの人々をサポートするための助言を伝えることや、「この人に連絡しなさい」といったものもあります。それを受け取った私は、「はい、わかりました。タスクリストに加えます」という感じで、実行できる時間ができたときに依頼に応えるんです。
そういう依頼は、以前からたびたびありました。

卵のような形の光り輝く存在からのコンタクト

──昨年、本を出版後、高次元の存在たちとの関係性は、何か変化しましたか?

彼らの姿が、もっとはっきり見えるようになりました。
最近も、姿形がはっきりした存在を目にしました。先ほど話したオーラのワークショップに参加する前日の夜、部屋の中に“光の存在”が現れたんです。全身から、ビームのようなものが出てきました。

前兆として、耳鳴りがし始めたので「あ、何か起きるな」とは思ってました。それで、「部屋の中に誰かがいるのはわかりました」と、受け入れるような意識状態にしていたんです。
そうしたら、寝る前に「大きな光る卵」のような感じの光の存在が現れたので、心の中で「何の用かはわかりませんが、あなたの存在を認識しましたよ。ありがとう」と伝えました。

光の存在から感じたのは、「明日からのワークショップは、あなたにとっていい方向へ向かいますよ」というものでした。なので「あ、良かった」と思って、そのコンタクトは終わり、耳鳴りもなくなったんです。

──天使なのか、宇宙人なのか、どういう存在かはわからなかったのですか?

ずっと前からですが、そういう存在に「誰ですか?」と聞いても、返事が返ってきたりしないんです。なので、こちらから追及することはしません。
私が以前と変わったのは、以前なら、返事がないことにイライラして「迷惑だ」などと思っていましたが、今は「ありがとう」と感謝の気持ちで受け入れていることですね。
そして、「伝えたいことがあれば、何とか受け取るように頭にスペースを作りますから、おっしゃってください」と、思うようにもしています。

──前兆としての耳鳴り、ということでしたが、耳鳴りにはどういう意味があるのでしょうか?

前兆以外の意味は分かりませんが、私の場合、右側の耳だけに響くんです。音が聞こえるというよりも、まるで何かが耳の中に入って振動しているような感じに近いと思います。
耳をふさいでも止まないし、1時間や2時間ずっと続くんです。たぶん、「これから行くよ」という合図でしょうね。玄関のドアをノックするように。ちょっと長すぎますけど(笑)。

──他にも、何かが起きたりしましたか?

2019年8月の朝、パンケーキのお店に出勤中にも、ちょっとした出来事がありました。
音楽を聴きながら歩いていたら、視界の先に見えている景色に重なるように、別のビジョンが見えてきたんです。
それは少し先の地点に、光の存在たちが10体くらい並んでいて、私を待っている光景でした。彼らは顔や手足のある人型ではなく、先ほど話した光の卵のような感じで、どこかの惑星から来たとか、生命体とか、そういう領域を超えた存在のようでした。

そのまま歩いて行くと、こんなメッセージが聞こえてきたんです。
「私たちはあなたを待っています。もうそろそろ、私たちとの本格的なコンタクトを始める時期ではないですか? でも、その判断はあなたが決めることですから」と。

その瞬間、私のハートには、ものすごくパワフルな愛が湧き上がってきて・・・。その愛がものすごく熱かったので、歩きながら思わず「ウワッ」と涙があふれてしまったほどです。

私の場合、突然涙があふれてくるのはワンネス状態に入ったときのサインですが、まさにそれと同じ感覚でした。いきなり人前で涙が止まらなくなるので、恥ずかしくて嫌なんですが(笑)。
ワンネス体験が多くなると、グラウンディングしづらくなるのであえて避けていた中、久しぶりの出来事でした。

宇宙人と光の存在は気配が違う

──今もコンタクトが続いている「卵のような形の光の存在」は、もしかしたら、かつてジュリアンさんが「宇宙人」と認識していた存在と同じ可能性もありますよね?

いえ、私の言う光の存在と宇宙人は、別の存在です。気配がまったく違うんです。
光の存在は、より自由で無限の可能性を感じさせる存在感というか、懐が広い存在のように感じられます。
宇宙人の方は、人間と同じように体を持った物質次元の存在で、そこまで愛が感じられないというか。だから、そばに宇宙人がいて、その気配を感じているときは「心地がいい」とは言えませんね。

──それはどういう感覚ですか?

あくまで私の場合ですが、背後に宇宙人の気配を感じたとき、「振り向きたくない」と思わせる気配です。
彼らは決してネガティブな存在ではないとわかっていても、「何か起こるかもしれない」というような、人間としての恐怖が湧いてくるんです。自分にとって、あまりに非日常な出来事を受け入れる心の準備ができていないからだと思います。
それに、自分と宇宙人とのつながりが強いことがわかっているからこそ、逃げ場がない感じがして、怖くなるのかもしれません。

──では、2020年がどんな年になるか、宇宙人は情報をくれたりしてないのですか?

本に書いたような宇宙人からのメッセージは、その後は特に受け取っていません。
私自身としては、しっかりとグラウンディングすることが大切なキーワードになると思っています。
グラウンディングとは、この地球上での仕事や家庭、人間関係も含めて、魂が望む、本当にやるべきことをしっかりやるということです。なぜかというと、「人間はとても危ない」からです。

今後、地球は気候変動となど様々な形で、地球自身を自ら癒して、地球本来のあるべき姿に戻ろうとするはずです。問題は地球や地球環境ではなく、「地球と共生できない人間のほう」にあるんです。
ですから、グラウンディングしながら、そのうえで、スピリチュアルな教えを学ぶこと。そしてこのことを多くの人たちと分かち合うこと。

私の場合であれば、スピリチュアルばかりに傾倒して、宇宙人や光の存在のことばかり考えるのではなく、自分のやりたいことや、関わる人、お店に集まる人やコミュニティの人たちとの付き合いの中で、皆で一緒に成長していくことを目指しています。

スピリチュアルを学んだ分、同じだけグラウンディングして、バランスを取るようにするんです。
このことが今年以降すごく大切で、私は今、こうした分かち合いに備えた準備をしているところです。それが自分で決めた目的であり、みんなで一緒に歩み、成長したいという思いがあります。

(この記事を書いた人/宙アキラ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2019年以降の次元シフト、パラレル地球、人間関係、ワンネス、ネガティブな感情の扱い方

ジュリアン・シャムルワ
Julien Chameroy
1980年、フランスのブルゴーニュ地方、ディジョン市生まれ。パリ第5大学で人類学修士および言語学修士。台湾の淡江大学外国語文学部でフランス語助教授を1年間つとめ、帰国後、パリ第3大学で教育科学博士。16歳でUFOを目撃して以来、謎の宇宙人との交流が始まり、なんの予備知識もないままに繰り返しワンネスを体験。その現象を長年つぶさに記録した手記を書籍化。
現在はパリ在住。都会の中心に自然との絆を取り戻すことを目的に、コミュニティガーデンの活動に力を注ぐ。パンケーキ店を経営する一方、ビジネススクールISMACでマネジメントとビジネス展開を教えている。少年時代に日本アニメの大ファンとなり、14歳より独学で日本語を学びはじめ、留学生との交換学習を通じて会話を習得。日本語能力試験1級、華語(台湾中国語)文能力測験B1取得。

『ワンネスの扉』
ジュリアン・シャムルワ著/ナチュラルスピリット
本体1500円+税

「僕たちは『人間』の体験をしている宇宙なのだ! 」。冒頭から躍動感あふれる展開、読み出したら止まらない!
フランス人のジュリアンさんが流暢な日本語で書いた、愛の宇宙をリアルに綴った、圧巻のワンネス体験記。シンプルな言葉で、目に見えない魂の交流を鮮やかに語ります。

おすすめの記事