• HOME
  • ブログ
  • 松村潔
  • 松村潔のアナザーワールド/vol.4 腰に眠る蛇の目覚めと多次元に行ける「幕」、金星とのつながり

松村潔のアナザーワールド/vol.4 腰に眠る蛇の目覚めと多次元に行ける「幕」、金星とのつながり

最近、予定の起床時間よりも早く目覚めた時とかには、寝床に横たわったまま、タロットカードの「20審判」のカードに描かれている手法を試みたりする。
わたしはこのカードを、自著ではクンダリニをあらわしていると説明しているのだが、通常のクンダリニの説明は、腰に三回半のとぐろを巻いて眠る蛇を起こすというものだ。このカードの図柄では、上空から呼びかけをする天使がラッパを吹いている。上から降りてくるシヴァ神の呼びかけで、腰に眠る蛇は目覚めるのだから、この天使はシヴァを意味している。
この呼びかける意識と、下にいて眠りから目覚める側は「本質」と「質量」という均衡関係になるので、呼びかけする上空の意識が高度になるほどに、呼び起こされる質量的エネルギィも強力なものとなる。
頭頂よりもはるかに遠い星雲界とか恒星のあたりから呼びかけをすると、より深層の眠りを起こすことができるし、そこで上昇する力はそのまま身体を突き抜けて星雲界にまで行こうとする。

実際には人間の主体の意識というのは、自由にどこにでも行くことができるので、天使の位置にふんぞり返って蛇を呼び覚まそうとするよりも、天使の持つラッパの筒の中に入り込んで、絵の下のほうにある墓に向かうことも可能だ。
インド式だと腰に眠る蛇という絵は、西洋のタロットでは「墓の中に眠る死者」として描かれる。下に近づくにつれて、この墓のサイズは大きく見えてくる。わたしはひとつの世界というのは立方体で表現されると説明しているが、それはタロットでは墓として描かれており、意識が降りていくことで、この眠って安定し固定された世界というものに入り込んでいくのだ。
しかし実際に見えてくる光景としては、腰から自分の周囲に幕が上がってくるように見える。主体は自分を中心に世界を見るので、自分が墓に近づくと、墓が立ち登ってくるように見えるということで、立方体の箱の壁に包囲されたような映像が見える。

この箱、あるいは時には壁の一枚をあらわす板は私の場合、光沢のないざらざらした茶色の、いわば土壁のように見えるものが多く、でもロバート・モンローが言う3Dダークネスのように、奥行きのある三次元的なビロードの漆黒の布面ということもある。
土壁にしても3Dダークネスでも、ダマがあったり不規則な突起が見えていたりして、工業製品のようになめらかではない。この3Dダークネスというのは、さまざまな次元に行くことのできるショートカットの駅のようなもので、以前ブルース・モーエンと対談した時に、彼が頻繁に3Dダークネスを使っているのに「どうして本に書かないんだ」と言ったことがある。
「言われて見ればそうだね」と答えていたが、いろんな次元に行ける幕、あるいは箱はドクター・フーが乗っているターディスのようなものでもあるのだ。つまり、腰にある立方体は世界だが、あちこちの世界に向かうことの可能なモバイル箱であることもあり、レイヤーのようにもなっている。
これは秋山真人氏が「Lシフト」で、宇宙船の底部に、時間と空間にチューニングする場所があると説明しているが、つまり腰のムラダーラチャクラとはそういう装置だ。

先日、この幕が上がってきた時に、壁は鳥肌の立つような気持ち悪いざらざらとした茶色の幕だったのだが、下に蟻の巣の露出であるかのような穴があり、この穴の脇に一枚の石版が置かれていて、穴から掘り出したばかりという光景だった。
太古の時代の金星に関する情報が書かれているという説明だったのだが、そもそも文字が読めない。この腰から上がってくる幕には、いろんな文字とか絵に似た模様とかが鮮明に見えることも多いが、その文字を真面目に読む気がない。読むよりも読んで聞かせてほしいからだ。

クンダリニの話に戻るが、上空から降りるのは意識だ。存在の意識の振動にあわせて、それにふさわしい記憶や世界というものがあり、異なる振動の存在は我々とは異なる世界に住んでいる。
腰のムラダーラ・チャクラは物質界を象徴する。この中の蛇は、いつもは眠っていてくれないと困る。蛇が起きるというのは、ある意味世界の終わりであり、火山が起きたり天変地変が多発したり、大地が流動し、かつての地球のように海と空と大地などがまだ混じり合って分離さていないような世界に戻ってしまう。
この状態で、想念は物質を支配するということが可能となるが、自分の想念とか好奇心とかさえ制御できない、いわば意識の自立性のかけらもない地球人が蛇を目覚めさせてしまうと大変なことになるので、今の段階では厳重に禁止されていると考えてもいいだろう。

でも、人間はいつかは物質を支配することが可能な段階に至る。科学の場合には、道具を使って物質を支配しようとするので、ものを持ってものを制すということで、あまりすっきりしない。やはり思っただけでそういう世界ができたり、そこに行ったりできるようになるというのが正しい方向だ。
マクロスコスモスとミクロコスモスは人間を折り返し点にして、鏡に写したように対応しているというのが法則だが、マクロの側では、世界は人間、月、地球、惑星群、太陽系、恒星、恒星の集団などに拡大していく。
この拡大は、そのままミクロコスモスではより小さな物質へと反映されていく。原子モデルは、太陽系とだいたい合致する。原子核と電子雲、あるいは太陽と惑星群、地球と月は互いに縛り合って、安定した存在になっている。
太陽系から外に飛び出して恒星に行くと、それはミクロコスモスでは、より小さな物質の成分に照応することになり、素粒子などに対応すると思うが、アーノルド・ミンデルは、この素粒子は意識と連動していると考えていた。量子論では確かにそういう考えでもある。

なので、シヴァ神の呼びかけが至近距離の頭頂のサハスララ・チャクラからでなく、恒星領域からの呼びかけとなると、物質の根底にある素粒子領域が共鳴する。スーパーストリングスなどを科学的に研究するのはどこか徒労に感じることがあるのだが、それらをじっと対象として見ることなどできず、思ったら思ったなりに変化していく波動的な要素だと思うからだ。
これまで科学的な観察対象になっていたものとは、常に主体と対立しているか離反している関係にあるもので、一緒に付和雷同してしまうような物質は、科学的にはとても扱いにくい。

ちなみに、わたしは恒星意識とは、純粋な意志や意図を示すものだと思っている。この邪魔されることもなく、相対的な価値観にも振り回されない純粋な意図というものを持つことができたら、ミクロな成分はそれにそのまま従うものだと思う。
地球上でそれができないのは、そもそも多くの人間は、この純粋に意志を抱くということをほとんどわかっていないからではないかと思う。きっとどう説明しても理解できない人は多い。意図は、受け取る側ではその受け取るという姿勢そのものによって理解できないものとなっている。

腰から上がってくる幕の素材は時々質感が変わってくるのだが、どうもこの質感の違いによって、どのレベルのコスモスをアクセスしているのかを識別してほしいようだ。
で、太古の金星の石版とはいったいなんだろうかと考えたが、これは地面に穴を開けることで、そこから発掘された。ということは、この気持ち悪い素材の立方体の外から来たものだということだ。
この体験をする数日前に、わたしはヴェリコフスキーのことを思い出していたので、金星は太陽系の外からのものを持ち込むインターフェイスにもなるということに関係するだろう。

壁は気持ち悪い。つまりこの壁に囲まれた世界に対して、わたしは拒否感を抱いている。
そこにあつらえたように蟻の巣の穴が開いており、石版を解読して、外宇宙に行こうと誘われているのだ。石版を見る数日前に、同じように腰に降りた時、目の前に板が上がってきて、そこに文字と絵があり、ある一人の人物の絵を強調していた。それはちょっと、餅をつくうさぎの構図に似ていた。
おそらくこれは、数日後に見ることになる石版の内容の一部を見たものだろう。何度も出てくるということは、これを話題にしてほしいということだ。

で、わたしは数年前にヘミシンクの会で、ひどく疲労しているので回復するにはどうすればいいかを尋ねた時、「金星から力を吸い込めばいい」というアドバイスをされ、金星から蛆虫のような形のものが無数に飛んできたのを見ていた。
で、最近はこれを弱っちい虫としての「WIMP」と結びつけていたのだが、もちろんこの蛆虫みたいなWIMPが太陽系の外からやってきたのならば、それは”太古の金星”からもたらされたものだろうと思う。
WIMPには電磁気的相互作用がほとんどないために、電磁波では検出できない冷たい暗黒物質の総称だ。なので原子も作らない。
太古の時代に太陽系の中に、外から謎の惑星が入り込んできた、あるいは謎の要素を帯びた惑星が登場したという図式そのものが興味を引く。太陽系は原子に象徴される。この原子の相互束縛の力が、WIMPでは無効化されるということなのだ。それは原子のどこか隙間に入ることはできるが、いつでも勝手気ままに出て行くこともできる。

科学用語はいつ廃れるかわからない流行ものでもあるので、WIMPなどと呼ばないほうがいいかもしれないが、WIMPは固有名詞ではないのでしばらくは使ってもいいかもしれない。
わたしはここ一年くらい、なぜか原子に対する批判発言が多く、まるで原子に怒っているかのような姿勢だが、これは原子が二極性のシンボルであるかのように見えているからだ。だからきっと、気持ち悪い壁というのは原子が作り出したもので、その緊密な秩序に蟻の巣の穴をあけていく太陽系外暗黒物質は、かなり興味の出てくる題材だ。

地球人は自分の想念さえ管理できないという現状を、意識の自立性のなさと説明したが、これは原子の安定構造に深く依存しているということでもある。WIMPはこの壁に穴を開けて、外のコスモスに誘う。
物質というのは腰のムラダーラ・チャクラが象徴しているものなので、それらを暗黒物質で構成するような身体になると、それは縛りのない自由な身体を手に入れることに等しく、これこそが実際には3Dダークネスを住処にする生命存在になるということ、つまり大地に家を立てて住むのでなく、ターディスの中で暮らすということだ。

大きな宇宙の中では、太陽系は小さな住宅地帯で、そこに入居するには日本の携帯電話の会社のように、契約時から続く長い縛りがあり、しばらくの間は安泰の暮らしができるが、そのかわりに自由にはさせないということがあるのだろう。もちろんこれらを企てたのは、プレアデス種族が加わっている連合で、太陽系内秩序とか輪廻などのシステムを作り出した。

わたしがエビ金星人と名付け、日蓮が七面観音と呼ぶ存在は、ここ二年くらい夢の中に繰り返し登場するが、最近「20パーセントルール」ということを言い始めた。
生活に20パーセントの遊び成分が入るのが良いらしく、これはかつての3Mの15パーセントルールよりもユルい。金星が外の世界との接点を持っているものだとすると、エビ金星人が提案するものはすべてはみ出したり、脱線したりするものばかりだと思われる。

facebookでわたしのタイムラインに対して、 古川陽明氏から「宮地水位が山を歩きながら、いつの間にか神仙界に行き、神仙界の花や土物品を持って帰って来たという記録があるので、出来るとは思います。禹歩というのは本来そのための歩法だったのです」というコメントがあったが、神仙界は金星の世界とも言えるもので、私が見た石版はいつもは地球に潜み、しかし時に応じて移動するという物質肉体を作ることに関係する。

2019年、早めの時期に、ナチュラルスピリットから松村潔さんの『夢を使って宇宙に飛び出そう』(仮題)を出版予定です。どうぞ、お楽しみに!

松村潔
まつむらきよし/1953年生まれ。占星術、タロットカード、十牛図、エニアグラム、ライフシンボルなど、 いくつかの手法を活用して講座・研究会などを開催。アカシックリーディング等でも、タロットカードや占星術を併用すると安定性が高いという考えから、ツールの複合性を提案している。『わたしの運命がわかる地球星座占い』(角川書店)、『ディグリー占星術』『三次元占星術』(以上、説話社)、『土星占星術講座』(技術評論社)など著書多数。
http://www.tora.ne.jp/

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。