直観エンパス・マスターであり、高名な予見者として知られるルハン・マトゥスさん。人々を稀有な高次元意識状態へと導く、突出した能力を持つシャーマンとして敬愛され、須藤元気さんの本にも登場し、シャーマニズムの奥義を綴った2冊の書籍は世界的にも大人気です。
そんなルハンさんにナチュスピのワークショップで、6月14日〜8月9日まで遠隔ヒーリング「インナー・ラディアンス・エンハンスメント」を行っていただくことになりました。一体、どんな内容なのか、ルハンさんの能力も含めて伺いました。

地球外種族の叡智が込められた進化のためのプログラム

──予見者、エンパスとして有名なルハンさんの能力は、生まれつきのものですか?

私の能力は生まれつきのものですが、自分自身の成熟とともにその能力は目覚めていきました。
すべての人が、このようなプロセスを経験しなければなりません。あらゆる人の人生において、目覚めは段階的に起こるのです。

私は6歳の頃から、多くの要因からの影響を受けてきました。世界中の様々な場所に住んだことがありますが、私の一番の居場所は自分のハートにあります。
私は「直観エンパス」であり、子供の頃からエンパスとして、出会う人の一人ひとりと心を通わせてきました。現在60歳を超えていますが、人生の旅を振り返ると、“人類の進化に奉仕するよう導かれてきた”と感じています。

これまでに、地球外に起源を持つ5種族から接触を受けてきました。その中でも、ゼータ・レティクル星の存在たちから、最も影響を受けています
彼らは宇宙のこの2重星系に住まう2種族のうちの一つであり、彼らのテクノロジーは極めて進化していて、「ハートの覚醒」と「自然の法則」の観点からすると、私たちより数百万年も進歩しています。
彼らとの親交から受け取ったものを、著作『Whisperings of the Dragon(龍のささやき)』と『Who am I?(私とは何者であるか)』(ともに未訳)で公開しました。
その他には「ラディアンス・プログラム」を通して伝えようと試みてきました。このプログラムは日本の方々にポジティブな効果をもたらすでしょう。

──ラディアンスとは、どのような意味ですか?

ラディアンスとは、「光輝く」ことを意味し人が生まれる時に身体に到着するエネルギーです。同時に、人が亡くなるときに身体から離れていくエネルギーでもあります。
白色ですが、個人によっては虹色を帯びるときもあります。私たちがマインドフルネス(その瞬間に自分に起きていることに意識を向け、感情・思考・感覚を客観的に認識し、現実を受け入れること)の状態に到達するとき、このラディアンスというエネルギーが私たちのために働き始めます

ラディアンスは、私たちの「内なる銀河的な叡智」であるとも言えます。自らのラディアンスが発光している状態をすでに達成している宇宙の存在たちに、私たちの位置を知らせ、確認できるようにしてくれます。
それを促すのが、今回提供している「インナー・ラディアンス・エンハンスメント」です。

──カルロス・カスタネダの著書を読んだ方は、ルハンさんの名前から、世界的にも高名な呪術師「ドン・ファン・マトゥス」(メキシコ・ヤキ族)が思い浮かぶかと思います。ルハンさんにとって、彼はどのような存在ですか?

私は「夢」というビジョンを通じて、ドン・ファン・マトゥスから数多くのコンタクトを受けています。また、私はカスタネダの系統の指導者である「ロ=バン」の意識の転写を受けています。
そのことは、私の最初の著作である『平行的な知覚に忍び寄る技術―人間の意識の革命的なマニュアル』(ナチュラルスピリット)でも述べています。将来、人類がエンパスへと進化していく中で、シャーマニズムは道しるべとなるはずです。

進化の鍵はポジティブで愛情深くあること

──「シャーマニズム」「スピリチュアル・ガイダンス」などの分野で活動する方と比較して、ご自身のユニークな強みを一つあげるとすれば、それは何でしょう?

私が毎瞬浸っている「深い感謝の念」がそれに当たるでしょう。教師として私は、人々が自分自身の内部にあるこの境地に至るための能力を発見できるよう、務めてきました。

──「第3の目」を目覚めさせるためのアドバイスをいただけますか。

制限されない視点を持ちましょう。
あらゆる社会化のプログラムから、自分を自由にしておきましょう。
日々の困難の中でも、ポジティブで愛情深くありましょう。
ストレスを持たないようにし、他人を害してはなりません。
仏陀の言葉にあるように、「彼らと私は同様であり、私も彼らと同様である。わが身に引き比べて、他人を傷つけてはならない。また他人にも傷つけさせてはならない」のです。
これは感情面でも、思考においても、頭の中の想像でも言えることです。
謙虚に自らの運命に従い、それに奉仕すれば、自分という体に潜んでいる「とても特別な秘密」が明らかになってきます。そうする中で、あなたは幻想の自分ではなく、本来の自分自身を発見するでしょう。

──ルハンさんのように、明晰夢を見て、その夢からはっきりと教えやガイダンスを受け取る能力を持つことはできますか?

はい。このことを理解してください。
あなたがそうであるように、他者もそうです。他者がそうであるように、あなたもそうなるかもしれません。
この神秘的な捉えがたい真実を突き止めた時、あなたは“この惑星上の何者も損なってはならない”ということを悟ります。

夢見のためには、まず最初に、「巨大な社会のグリッド」につかまってしまった個人的な幻想を解きほどく必要があります。
私は、あなたをこのグリッドから切り離すことを勧めているのではありません。愛情を持って、何を変える必要があるのかを見ていくのです。そして、できる限りの信念と力強さをたずさえて、この「現実」という夢のような幻想に向き合い、生きていくのです。そのとき、真実の夢見が可能になるでしょう。

今、すべての人類がそうする必要があります。私たちの真実の夢とは、「お互いに対して行うこと」と、「お互いから受け取るもの」からなるのです。
仏(ほとけ)とは愛情を持ってこの崇高な境地を表した者であり、あなたがそれを観ずる時、その視線は、人間の形をとった存在である自分に返ってきます。
愛情を込め、優しく鎮まった心で接する時、すべての出会いの中に仏が姿を現します。
忍耐強くそれを待つこと──。それが、私たちの務めなのです。

ルハン・マトゥス
古代シャーマニズムの伝統を継承する、直観エンパス・マスター。宇宙の精妙な波動をリアルに感じられるよう、稀有な高次元意識状態へと人々を導く、特別な才能を持つ。独自の包括的な教えの中では、一人ひとりが未知なる世界とのつながりを認識し、育むための方法を提供している。学び手の成長のために意識を傾注し、常にスピリットが望むことに静かに応える姿勢が、彼と出会った人々に深い影響を与え続けている。著書は『並行的な知覚に忍び寄る技術』『第三の眼を覚醒させる』(ナチュラルスピリット)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インナー・ラディアンス・エンハンスメント
「内なる輝きを高める」
日時/毎週金曜日 19:30~22:00(日本時間)の間で30分枠
※セッション期間は8月9日(金)までとなります。
料金/30分  22,200円
※座ってリラックスした状態でセッションに参加していただきます。

詳細とお申込はこちらから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『第三の眼を覚醒させる』
反復の真の本質を見出す
ルハン・マトゥス著/高橋徹訳/ナチュラルスピリット

『平行的な知覚に忍び寄る技術』
人間の意識の革命的なマニュアル
ルハン・マトゥス著/高橋徹訳/ナチュラルスピリット

 

おすすめの記事