世界的なスピリチュアルリーダーであり、「奇跡のコース(A Course In Miracles)」のティーチャーとしても活躍する、アラン・コーエンさん。
今回はハートのケアについての質問をいくつか用意し、その答えを綴っていただきました。

日々、ナチュラルなマインドに戻す訓練を

Q
アランさんはいつも落ち着いて穏やかに見えます。どんなときでも、心の中を常に穏やかに保つコツを教えてください。

A
私も気持ちが動揺することはあります。誰もが自分の内側に天使を持っていますが、だからと言って天使ではありません。
ですから私の場合、セルフケアに自分を没頭させるようにしています。動揺している状態は低い波動にありますが、セルフケアをしているときは高い波動でいられます。
昼寝したり、犬と遊んだり、ビーチに出かけたり。そんなふうに、スピリットが伝えてくる「正しいマインド」に立ち戻るために必要なことを行っています。

自然と触れ合うことは、ハートに平和をもたらします。自然そのものが癒しだからです。
もし身近に自然がなければ、祈ったり、瞑想したり、本を読んだり、アファメーションをするなど、自分の心に平和をもたらすことを見つけ出しましょう。
動揺している状態は、誤ったマインドに流されている状態です。ネガティブな思考から正しい状態に戻す訓練が必要なのです。

 

Q
心の穏やかさを保ちたいとは思うのですが、何かがきっかけで、ネガティブな感情が湧いてくるようなときは、どうすればいいのでしょう?

A
「奇跡のコース」では、「まず、どれだけあなたが嫌な思いをしているかを知る必要がある」と言っています。嫌な感情がどれだけあるかを知らないことには、戻そうとする必要性も感じないことでしょう。
「こんな感情はもう要らない」と思うことが、まずはターニングポイントとなります。ですから、知ることが変化の始まりです。

コーチングプログラムでも「ケースによっては、クライアントにまず感情を吐き出してもらう必要がある」としていますが、それと同じです。
日本人は、まず感情をジャッジしようとする傾向があるようです。
ネガティブな感情に対して後ろめたさを持ってしまうでしょうが、「そんな感情であっても、持ってもいいんだよ」と教えてあげる必要があります。
そうすることで、感情の中にあるストレスという一つの層を取り除いてあげられるのです。少なくとも、一つの層をまずは癒すことができます。
取り除かずに押さえつけようとすれば、それは逆効果になります。

「癒しとはバランスの回復です」という言葉が、コーチングのテキストにも書かれています。癒しとは「自然な状態への回復」とも言えます。
動揺しているときには自分のバランスを欠いていますから、先ほどアドバイスしたポジティブな行為を通して、自分自身を自然体へと回復させていくのです。

 

Q
アランさんは日頃から、ご自身の在り方に対し、努力されていますか?

A
穏やかな状態を保つために、努力しています。なぜなら、“ノーマルな状態は通常、ナチュラルな状態ではない”からです。
ノーマルな状態は誰もがしていることであり、ナチュラルはあるがままで生きることです。仮に、ノーマルな状態とは遅くまで仕事をすることであるなら、ナチュラルな状態ではそれでは病気になってしまいます。

そういう意味では、私が毎月発信しているこのサイトの運営者「ナチュラルスピリット」の社名は素晴らしいですね。社名を見た人に、ナチュラルな状態を思い出させてくれることでしょう。

 

Q
セミナーではよく「視覚化(ヴィジュアライゼーション)」による誘導瞑想を行っているそうですが、それはどういうものでしょうか?

A
私が視覚化「ヴィジュアライゼーション」による誘導瞑想をセミナーで行うときは、ただ参加者とともに、自分の心を「美しい場所」へと解き放つだけです。荘厳な寺や美しい森、光のある場所などへ、参加者とともに訪れる感覚です。とてもいい気持ちです。

アメリカ人はすぐに「12体の金色の仏陀が天から降りてきた」と言ったりするのですが、残念ながら、日本の皆さんは「視覚化誘導瞑想」があまり得意ではないようです(笑)。「美しい海を見てください」と言っても、「何も見えません」と言われることがあります。

これは、皆さんが「想像力を使う」ということを、あまり教えられてないからかもしれません。箱の中のように、制限を課したうえで考える習慣が身についているのではないでしょうか。
想像力を使って、独立心とともに新しいものを創造したり、他の全く違う世界に飛び込んだりすることが怖いと言う人が多いようです。

「この場所で生きなくてはならない」「この現実的で具体的な場所にいなさい」という、小さな頃からインプットされた教えの影響が強いのかもしれません。
日本人だからというわけではなく、そういう訓練をさせられてきたのだと思います。
「従属」は、想像力とは真逆のところにあります。他者の箱に自分を押し込めてしまうのです。想像力とは、宇宙が創造した私たちへのギフトです。

 

Q
瞑想のコツについて教えてください。

A
心が行ったり来たりしないようにすることです。長い時間目を閉じていても、心が行ったり来たりしては瞑想にはなりません。
そうならないために、いろいろな方法があります。マントラを唱え続けたり、アファメーションしたり。
自分自身を美しいビーチに連れて行ったり、天使を招き寄せるたりする「視覚化瞑想」(ビジュアライゼーション)もいいでしょう。
何かポジティヴなものにあなたのマインドを合わせていくことをお勧めします。

ただただ呼吸に意識を向け、呼吸が通っていくのを感じてみても良いでしょう。マインドをいろんなところにさまよわせずに、クリアな一つのポイントに合わせていくことが大切です。
ただし、「視覚化」などを使ったやり方は、厳密な意味では「瞑想」ではありません。瞑想は本来静寂の中でのみ行います。
しかし、ほとんどの人はすぐに静寂の世界へとは入っていけないので、何かを通して少しずつ入っていく方が良いのです。

 

Q
長年、コーチングをされてきたアランさんから見て、日本人をどう思いますか?

A
もちろん、愛しています!そうでなければ、日本に来続けていません。
日本人は美しい魂(ソウル)を持っています。優しくて賢明で、謙虚で、一緒にいるのが気持ちいいし、素晴らしいスピリットを持った人たちです。
スキルや学習に関しても、一つのことにとても深く入っていけるものを持っています。それは従属の反面と言えるのかもしれませんが、倫理や親切心、ホスピタリティに基づいた深いスピリチュアルな文化によるものです。

私は長年ライフコーチングをしていますが、日本人の学びの速さに驚くことがたくさんあります。いったんハートを開くと、その奥に彼らが表立って見せているものとは対照的なものを見つけることができます。
手堅い仕事をしていてとっつきにくく感じた人が、コーチングによってハートを開き、美しい考え方と見方をすぐにし始めることを何度も経験しました。

コーチングによって、その人がパッと輝くところを見るのが、私はとても好きです。その人の魂がリラックスした瞬間です。
人が平和な気持ちと自信を取り戻す瞬間は私にとって報酬であり、プライスレスな学びでもあります。私にとっては、まるで植えた種から発芽し、葉が茂り、花が咲いていくようなギフトです。

そのような自然の営みのように、コーチングのメインの目的は「自然な状態を回復する」ことです。
コーチングに限らず、どれもがそうです。ヒーリングアートも、マッサージやヒーリングワークも。全てが、自然なあるがままの状態への回復が目的なのです。

(翻訳/桜水現実)




アラン・コーエン
アメリカ生まれ。ハワイ島在住。世界25カ国で著書が発売されているベストセラー作家であり、セミナーリーダー。全米のTVやラジオなどに多数出演する他、多くのスピリチュアルドキュメンタリーにプレゼンターとして出演。「101 Top Experts that Make our Life Better(より良い人生へと導くエキスパートトップ101人)」の中に名を連ね、その教えの深さと大きさから「Mentor’s Mentor(メンターのメンター)」と呼ばれている。毎年来日するほどの親日家であり、日本でも15冊以上の翻訳本やDVDが発売されている。代表作に『人生の答えはいつも私の中にある』『「願う力」で人生は変えられる』など。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2020年3月来日!
3月18日(水)19:00~21:30
アラン・コーエン茶話会 with 中谷彰宏
「自分を好きになれば、毎日が楽しくなる」
エキスパートの2人が教えてくれるシンプルなコツ
https://spiritfirst.com/sawakai/

3月19日(木)19:00〜21:00
イブニングセミナー
「ライフコーチングで心に安らぎと強さを手に入れる」
人生を成功に導くライフコーチング
https://spiritfirst.com/eveningseminar

アランの住むハワイ島でリトリート7月開催!
世界初、アラン流瞑想のワークも受け取れます。
https://spiritfirst.com/hawaiiretreat2020/

来日最新情報はこちらをごらんください。
https://spiritfirst.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『頑張るのをやめると、お金とチャンスがやってくる』
アラン・コーエン著/本田健訳/PHP研究所



おすすめの記事