風水師・占術研究家のアーロン千生です。
今回は書籍『ある吉』(太玄社)の中の情報をおすそ分けします。

6月30日5時半からは開運に最高のタイミング

6月も終盤となり、2020年が半分過ぎようとしています。
前半はコロナ一色で、否応なしに新たな生活の在り方を強いられた試練の期間となりました。これから様々な影響が露出してくるであろう2020年後半、「ある吉」で柔軟に対応できる閃きを手に入れましょう!
今回のおすそ分けは・・・

開運に最高な日時
6月30日(火)5:30~6:30

仕事運UP →
恋愛運UP → 南東
金運UP  →

この日、5:30~6:30の間に開運目的の方位に500メートル歩き、その場所に5分滞在するだけ!
その後は、どこに行ってもかまいません。

吉方位に行くときには、必ず事前に自分の目標をイメージしてくださいね。イメージが具体的であればあるほど、目標が実現するスピードが上がります。

 

この日、「ある吉」した方全員に効果が上がる開運キーワードは『野菜サラダ』
この時間内に食べても良いですし、お散歩に行って買ってきて、後から食べても良いです。時間内に「野菜サラダ」に関連する行動をすればOK!

以前お伝えした「開運効果を高めるための吉方位の床の拭き掃除」は、毎回(「ある吉」をするたびに)行ってもいいですよ。

そして、この時間帯は「告知に良い時間帯」でもあります。
インスタグラムやTwitterやフェイスブックなどのSNSや、ホームページの更新や動画をUPすると拡散しやすくなります。
これは方位は関係ないので、どの場所から更新しても大丈夫です。

どうしても手が離せない、忘れてしまいそうという方は、事前にUP時間の設定を済ませていてもいいですが、効果を上げたい方は、その時間に自分でUPしてくださいね。

皆さまに素敵な運が開かれますように。

それではまた来週!

 

アーロン千生
あーろんちなり/風水師・占術研究家・ヒプノセラピスト。住空間・ワークスペースに興味を持ち、風水をはじめ東洋から西洋の各種占術を学び、風水師・占術研究家となる。現在、風水コンサルティングと平行し、本格的な中国伝統風水の講師として各種講座を全国で開催し、プロとして活動している風水師・占術家が数多く受講している。また、気功やヒプノセラピーを使った能力開発での開運にも実績がある。
https://ameblo.jp/fengshui-takemiya
https://twitter.com/takemiya_yukio
最新の講座情報はこちら
https://ameblo.jp/fengshui-takemiya/entry-12573656261.html

『ある吉―たった5分歩くだけ! 吉方位開運法―』
アーロン千生著/太玄社


おすすめの記事