新型コロナウイルス蔓延の拡大は止まりそうもない。日本の感染者数は、とうとう1万人を越え、政府も全国に緊急事態宣言の適用を拡大した。
不要不急の外出の自粛により、街からは人影が消え、多くの人々は自宅に籠もっている。

読者の皆さんは、どのようにお過ごしだろうか? ストレスはたまっていないだろうか? この状況は長く続きそうだ。
そこで今回は、日本ではほとんど報じられていない新型コロナウイルスに関する「役立つ情報」を、いくつかご紹介しよう。

疾病対策の最前線のジャーナル誌に掲載された「新型ウイルスの特性」

早くから新型コロナウイルス蔓延の抑制に成功した中国では、このウイルスの研究が急ピッチで進展し、さまざまな論文が発表されている。
そうしたもののうち、我々が知っておくべき情報がある。それは、以下のようなものだ。

***
●通常の飛沫と異なり、すぐに落下せず空気中に数時間漂う
日本では、感染を防止するためには人との距離を2メートルは保つように要請されているが、最近の研究ではそれでは不十分とされ、少なくとも4メートルは空けたほうがよさそうだ。

「米疾病対策センター(CDC)」のジャーナルに、「中国軍事科学アカデミー」や「武漢火神山医院」が発表した論文によると、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は感染者から4メートル離れた空間から見つかったとのことだ。
この発見が事実だとすると、感染防止のためには、2メートルではなく4メートル以上距離を空けたほうがよいことになる。

●新型ウイルスが集中しやすい場所がある
このジャーナルに掲載された論文によると、研究者は2月19日から3月2日にかけて「武漢火神山医院」の新型コロナウイルスの病棟で、24人の患者を調査した。
すると、ウイルスは床と間仕切りに集中して見つかった。これは、患者の飛沫が飛び、落下した結果と考えられる。

それだけではなく、ウイルスはコンピューターのマウス、ごみ箱、ベッドの横板、そしてドアノブなどでも発見された
さらに、検査で陽性となった患者を治療している集中治療室で働くスタッフの靴底からも見つかった
これは、病院のスタッフが履いている靴が、感染を拡大させている媒介となっている可能性を示している。院内感染の原因のひとつかもしれない。

●すぐに落下する通常の飛沫と異なり、空気中に数時間漂う
論文を執筆した研究者が、空気感染の可能性を調査したところ、次のことも判明した。
くしゃみや咳のような通常の飛沫はすぐに落下するのとは異なり、新型コロナウイルスを含んだマイクロ飛沫は空気中に数時間漂う。

通常の飛沫の大きさは1ミリ程度だが、マイクロ飛沫は1ミリの1000分の1程度しかない。これが数時間も空気中に漂うのであれば、空気感染の可能性は否定できなくなるという。
しかし、“マイクロ飛沫が含有する微量のウイルスが実際に感染を引き起こすのかどうか、さらなる研究が必要だ”としている。

ところで、新型コロナウイルスを特集したNHKスペシャルの番組「新型コロナウイルス、マイクロ飛沫感染から分かる予防」では、マイクロ飛沫が空気中に漂う時間は約20分程度だとしていた。
しかし先の研究では、20分どころか、数時間も漂うとしている。だとするなら、密閉された部屋に入るときは、とにかく早急な換気が必要だ。

●気流に乗って拡散する可能性も
また、医学ジャーナルや科学論文を紹介している「タイランド・メディカルニュース」という著名な医療系サイトには、このような情報がある。
新型コロナウイルスが気流に乗って拡散する可能性を指摘する研究者いわく、「これはまだ研究中で結論は出ていないが、その可能性は否定できない」としている。

***
やはり新型コロナウイルスの危険性は、思っている以上に高い。この情報を参考にして、ぜひ、人との距離を保ってほしい。

プレヤーレンのプターからの詳細なアドバイス

次に、前回の情報の続きとなる「プレヤーレンによる新型コロナウイルスに関する情報」の第2弾をご紹介しよう。

3月17日、ビリー・マイヤーの支援組織であるスイスの「FIGU」は、新型コロナウイルスに対するプレヤーレンの警告を発表した。
これはマイヤーが現在コンタクトしている、プレヤーレンのプターからの情報だ。以下が、要約である。

 

新型コロナウイルスの基本的な特性と見解

●2003年、南部中国で「SARS」ウィルスがコウモリから検出された。これは新種のSARSで、秘密の研究所で突然変異したものだ。
その後、1000人が感染したとされているが、実際の感染者はもっと多い。これが今の新型コロナウイルスの起源になった。

気温が低い環境で飛沫は50センチ、気温が高い環境では1メートルほど飛ぶ
したがってこの範囲で会話をしている人には、息を通してウイルスが吸い込まれ、感染する。
もちろん、犬や猫などの動物の飛沫からも感染する。

●しかし、感染ルートはそれだけではない。感染者のウイルスが付着した衣服や食べ物も、別の人の目や口の粘膜を通して感染する。
それのみならず、人間の排泄物や、ゴキブリなどの一般的な害虫を通しても感染する。

●新型コロナウイルスのパンデミックが宣言されたが、これは対応が遅すぎた。
国際機関の責任者や、政府の指導者の無能力のせいで感染は拡大し、いっそう多くの人々が命を落とすことになるだろう。

 

守らなければならないルールと知っておくべきこと

●感染の拡大を予防するためには、休暇や楽しみのためのあらゆる旅行は取りやめるべきである。飛行機、船舶、大量輸送の公共機関、多くの人が集まるイベントなどは避けるように。

●感染を予防し、なおかつ拡大させないためには、外部との直接的なコンタクトを回避し、誕生日のような家族の行事さえも取りやめたほうがよい。

●地球の科学者は誤解しているが、新型コロナウイルスの潜伏期間は2週間ではなく、もっと長い。それは2週間から4週間、さらには3ヵ月にもなる。

●新型コロナウイルスに感染したときの最初の症状は、「喉の違和感」である。それが次第に強くなり、発熱する。
その症状はインフルエンザに似ている。

●本来アジア人に比べ、ヨーロッパの人々は新型コロナウイルスには感染しにくい免疫機能を持つ。
しかし、新型コロナウイルスは武漢で拡散したときよりも進化していて、毒性が強まっている。特に、イタリアやイタリア北部に住む人々の免疫系は、ヨーロッパの他の地域の人々よりも感染しやすい。

●通常のウイルスは気温が高くなるとともに活動を停止し、危険ではなくなるが、この新型コロナウイルスは異なる。
オーストラリアや東南アジアのような気温の高い地域でも、拡散する。気温には依存しないウイルスのため、このパンデミックが収束する時期は予測できない。

●新型コロナウイルスの大きな特徴の一つは、人間の身体の外部でも長期間機能することにある。
通常のウイルスは数時間で死滅するが、新型コロナウイルスは通常は24時間、条件がよい場合は6日間も機能する

●このため、ウイルスは感染者の飛沫が付着した食べ物や衣服からも、他人に感染する。
そうした衣服をブラッシングしただけで、感染することもある。新型コロナウイルスの活性化期間は長いので、衣服を干しただけでは効き目がない。
感染を予防するには、衣服を60度以上の温度で洗濯しなければらない。すると、新型コロナウイルスは不活性になる。

●感染を避けるために重要なのは、会話をする相手との距離を最低1メートル以上とること。
また、握手した場合は、必ず後で消毒すること。

他にも重要なのは、公共の建物のドアノブなどには触らないこと。公共の交通機関を使うのではなく、できるだけ自分の車で移動し、その際にドアやハンドルを必ず消毒すること。

●免疫系を強化するには、ビタミンC、ビタミンB12、ビタミンE、亜鉛を摂取するのが効果的である。これらをすべて含有したマルチビタミン剤の摂取をお勧めする。
しかし、地球の科学者が推奨する摂取量では少なすぎる。
免疫系を強化するには、少なくとも推奨摂取量の2倍は取ったほうがよい。これによって、内臓の機能も強化される。

以上である。
プレヤーレンからのこのアドバイスを見ると、新型コロナウイルスの毒性は報道されている以上に強いようなので、要注意が必要だ。

超科学が示した新型ウイルスの特徴とさらなる対策

次に、4月3日に行われた最新のコンタクトで述べられた、新型コロナウイルスの情報を紹介する。
そこには、地球の科学水準をはるかに超えたテクノロジーが紹介されている。

プレヤーレンの超科学による「新型コロナウイルスの実態」

●人類はウイルスの実態について誤解している。特効薬やワクチンでウイルスを殺すことができると信じているようだが、それは間違いだ。
ウイルスは自分で増殖することもできず、新陳代謝もしない無生物で、生きてはいない。だから、そもそもこれを殺すことはできない。

ウイルスの活動を不活性にできるのは、人間の身体にもともと備わっている免疫系の機能だけである。これが唯一の方法だ。
だから、有効な特効薬やワクチンと呼べるのは、免疫系を活性化し、それを強化する作用のあるものだけだ。特効薬やワクチンがウイルスを不活性化するわけではない。
*ここでいうワクチンとは、現在地球上で使用されている副作用のリスクが潜んだものではなく、人体に有害な作用を及ぼさない成分でできたものを指している。

●しかしウイルスが不活性になり、症状も一切なくなり、検査で陰性になったとしても、ウイルスは体内に残留している。
不活性となったウイルスは、実は人間のゲノムに組み込まれ、生涯存在し続ける。

●ゲノムに組み込まれたそのウイルスは、不活性状態で特定の振動数を発している。
この振動数は外部から入ってきた新しいウイルスを活性化する信号として作用するとともに、もともとゲノムに組み込まれた古いウイルスを再度活性化させる。

●再活性化されたウイルスは、最初のものとはまったく異なる症状を現すので、進化した新種のウイルスと誤解される。しかし事実は、もともと体内にあるものが再活性化したのである。

●症状がなくなった後も、ウイルスはゲノムに組み込まれて特定の振動数を発するという事実は、地球の科学にはまったく知られていない。
だから、振動数を検出する装置もない。人類がこうした科学を発達させるには、あと数世紀もかかる。人類は科学が発達していると思っているが、それは違う。我々から見ると、人類の科学は闇から抜け出したばかりの初期段階にある。

●この不活性になったウイルスを検知するためには、「振動療法」というものが必要なるが、もちろんそれはまったく人類の科学には知られていない。

●不活性になったウイルスを再活性化させないための唯一の方法は、先に述べた免疫系を高めるワクチンを継続的に接種して、免疫系を強化し続けるしかない。
ワクチンは一度接種すればよいというものではなく、継続して接種することで効果がある。もちろんワクチンは、異なったウイルスに対応した種類である必要がある。

***
以上である。
プレヤーレンからのこうした情報は、十分参考になるのではないだろうか。

※編集部より/今回のコラムは前回同様プレヤーレンからの情報に基づいた内容ですが、新型コロナウイルスについて断定的な表現もございます。1つの視点、また対策については1つの提案としてお読みください。



高島康司
たかしまやすし/コンサルタント、世界情勢アナリスト。北海道札幌市生まれ。子ども時代を日米両国で過ごす。早稲田大学卒業。在学中、アメリカ・シカゴ近郊のノックス大学に公費留学。帰国後、教育産業のコンサルティング、異文化コミュニケーションの企業研修などのかたわら、語学書、ビジネス書などを多数著す。世界情勢や経済に関する情勢分析には定評があり、『未来を見る!『ヤスの備忘録』連動メルマガ』で日本では報道されない情報を発信。毎年多くのセミナーや講演に出演し、経営・情報・教育コンサルタントとしても活躍している。
主な著作は、『2020年アメリカは分裂する! 』『望みなき時代の幸福論』(以上ヴォイス)、『日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本』(講談社)、『なぜ予測をはるかに超えて進むのか』(ヒカルランド)、『論理的会話トレーニング』(アスカビジネス)、他多数。

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/

有料メルマガを出しています。よろしかったら、ぜひどうぞ!
未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ(毎週金曜日配信)
https://foomii.com/00169
※バックナンバーもごらんいただけます

ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン(毎週火曜日配信)
https://foomii.com/00170
※バックナンバーもごらんいただけます

ツイッター
https://twitter.com/ytaka2013/

毎月最終土曜日の午後1時半から、都内で「ヤスの勉強会」を主催。
参加希望者は以下にご連絡を。
info@yasunoeigo.com

 

おすすめの記事