こんにちは。悟りをテーマに活動している、ドルフィニスト篤です。
今回も、私の師匠であるマスター・ゲート氏の教えを交えながら、日常の中で目覚めていくためのポイントを、悟りの観点から綴っていきます。

人は話題になっているものに惹き付けられる

私たちは、テレビやネットなどのメディアで話題になっていることや、注目されていることに惹きつけられます。
人気のある芸能人に対しては、特にファンではなくても自然に関心が向かい、つい気になって検索したり、SNSを見たりする方も多いのではないでしょうか。

プライベートで何人か集まった際や職場でも、その場で盛り上がっている話題についつい気をとられたりするものです。

つまり、私たちは皆の関心が集まっていることや、盛り上がっている物事に何らかのパワーがあるように感じるのです。
しかし、注目されている人であっても同じ人間であり、実際は特別なパワーがあるわけではなく、他よりも優れていると感じるのは錯覚でしかありません。

富(お金)、権力、賞賛、名誉、勝つこと、美、愛・・・。

古今東西、人はこれらに絶対的価値を与えては、追い求めるドラマを飽きることなく創り出してきました。
時には、これらに自らの主権を明け渡してしまい、振り回されるだけの人生を何度も経験してきました。
人類の歴史は、そんなストーリーで溢れています。

賞賛されているものに価値を感じる理由

このように、私たちは皆が注目し、価値があると合意しているものに対して、無意識にパワーや魅力を感じてしまいます。

なぜ、そのように感じるかというと、日常に刺激がなく退屈で、物足りなさや空虚感を感じているからです。寂しさや惨めさ、劣等感、無力感、無価値感なども・・・。
そのため、世間や周りの人たちが注目する人に大きな価値があるように錯覚し、さらにそれに惹きつけられ、注目します。
その結果、よりいっそうの価値を与えてしまうのです。

また、何らかの集団に所属していないときや、仲間に入れないときは、集団に絶対的価値があるかのような錯覚を起こします。
不安や空虚感、寂しさ、惨めさ、疎外感を覚えると、集団に属そうとしたり、仲間に入ろうともします。

このような状態になるのは、「私は不足している」という錯覚によって、「私」と「私以外」という分離意識を生み出し、それらが互いに惹きつけ合うからです。
そうなると、多大な価値を持っているように見える「外側の対象」に魅力を感じ、追い求め、「所有したい」という欲が自然に生まれます。

その欲を叶えようとして、多くのストレスを抱えることになります。
しかし、自分の思いを満たそうとして追い求めているものをよく見てみると、単に皆が賞賛しているだけだったりします。

これでは、まるで集団催眠のように、実体のないものをあるかのように仕立て上げている状態です。
このしくみに気づき、錯覚、虚像、幻想、虚構性を見破ることが重要になってきます。

欠乏感がある限り生まれる欲望

マスター・ゲート氏は、次のようにおっしゃいます。

すべてを払いのけて安らかに許容してみましょう。心の中の重みなど実際に存在するわけではありません。
みなさんを押し潰しているその重みは、すべて幻想です。押し潰している幻ですから、それさえ脱ぎ捨てればいいのです。

私は楽になることを教えているのではなく、不便さは虚像だと教えています。
私は真理を教えているのではなく、偽りという幻想を砕いてあげています。
解脱を教えているのではなく、煩悩の虚像をきちんと見てみようと言っています。
自由を教えるのではなく、拘束の虚構性を見せているのです。

私たちは、「私は不足している」という錯覚から生じた欲を叶えるために、富(お金)や権力、賞賛、名誉、勝つこと、美、愛・・・といった外側のパワーを追い求め、所有しようとします。
でも、残念なことにほとんどの場合、願うようにはなりません

誰かが自分にはないものを持っていて、不足感を刺激されるとき、嫉妬が生まれます。
誰かに心を傷つけられ、犠牲者になったとき、その人に憎しみを持ちます。
期待した通りにならないとき、恨みを持ちます。

そういう嫉妬や憎しみ、恨みといった感情は、「私は不足している」という錯覚から生まれてきます
その感情を人生の中で何度も体験するうちに、心は深く傷つき、「私は不足している」という催眠にかかり続けることになるのです。

ネガティブな感情を認めて自分にパワーを取り戻す

人は、「私は不足している」という思い込みを誰かのせいにして、自分を犠牲者とみなし、ネガティブな感情を創り上げますが、そのような状態は錯覚に陥っている限り続きます。

ここですべきことは、まず、自分の中に嫉妬や憎しみ、恨みといった感情があることを認め、それが「私は不足している」という錯覚から生じていることに気づくことです。

自尊心やプライドから、そんなことは認めたくないでしょう。
しかし、はっきり認めることで、逆にそれらの感情が消えていき、「錯覚にすぎなかった」ということを実感できるようになっていきます。
このような内的作業は、ささいなことのように思えても、それによって自らの主権を取り戻すことができます。錯覚にパワーを与え、それに振り回されることがなくなっていくのです。

自尊心やプライドに囚われず、あるがままの感情をまっすぐ見つめ、受け入れること。
そうすることで、「私は不足している」という錯覚が消え去り、真の自由へと至るでしょう。

 

ドルフィニスト篤
ドルフィニストアカデミー主宰。京都大学理学部物理学科卒業。京都大学院理学研究科物理学専攻、修士課程修了。2001年より、イルカのスピリットをチャネリングする綾子夫人と共に、イルカのように生きる「ドルフィニスト」を提唱し、全国にて講演活動を行い、人々の目覚めやヒーリングに従事する。現在は悟りのコミュニティにおいて、鋭い論理と慧眼で悟りへと導いている。著書『悟りハンドブックー〈私〉を思い出すこと、それが悟りです!』(ナチュラルスピリット)。

ドルフィニストアカデミー
http://www.dolphinist.jp/
http://iru-iru.jp/

『悟りハンドブック』
ドルフィニスト篤著/ナチュラルスピリット

+++++++++++++++
悟りのマスター、マスター・ゲート氏の活動情報はこちら
101キャンドルライト
http://101candle.jp/

『悟りの錬金術』
マスター・ゲート著/アン・テファン訳/ナチュラルスピリット

+++++++++++++++

おすすめの記事