会社作りたての30代の頃や40代の頃は、宇宙船を作って宇宙探検をしたいと思ってゐた。

フリーエネルギーや反重力装置、最新理論や、宇宙人からの情報の光子放射推進装置、タキオン推進装置等、お金があったら(ベストセラーが出たら(笑))、そちらに資金を投入して、マッドサイエンティストたちを集めて、研究所を作り、実現に向けて実験をしたかった。

辻麻里子さんの宇宙図書館情報を元に宇宙船を作ろうとも思った。
そのために「NS科学研究所」の法人を辻氏と共同で作った。
なかなかうまくいかず、結局、辻氏に全部譲り「インフィニティ88」に名称変更することになったが(苦)。

そんなさなかに、南善成さんにお会いする機会があり、スタピの雑誌に登場してもらったり、本『未踏科学』を書いていただいたりした。

そしてさらに進化した宇宙航法の本『最新! スターシップ理論』が遂に刊行することになった。
感慨深い。

この理論に基づく宇宙船を誰か資財を投げ打って作ってくれないかな。

(今井)

おすすめの記事