中国の米鴻賓先生は、目の前の出来事を陰陽五行と易に即座に当てはめて、ズバズバ当てていく。
昨日まで3日間来日セミナーをしていただいた伝統占星術のベンジャミン・ダイクス先生は、プトレマイオスの予測法によって、人の一生でいつどういふことが起るかが予測できることを示した。参加者は今までの人生の出来事が当たっていると発表してゐた。
出来事の予測は、東洋の占いのほうが長けているのかなと思ってゐた(先日講演会があった崔燎平さんの年運等。六星占術の年運もだいたい同じ)が、西洋の占いでも当たるものがあると知ってためになった。

事象を陰陽五行と易で見るか、星の運行という事象から読み解くか。
外の事象と人間は呼応してゐる。
外の事象とは単なる物理的因果律の世界ではないといふことである。
物理的な因果律とは違う人間の何かと呼応する法則?が働いてゐる。
(今井)

おすすめの記事