• HOME
  • ブログ
  • 松村潔
  • 【松村潔】星々で異なる想念と物質の法則、解説のない短編小説と占星術《後編》

【松村潔】星々で異なる想念と物質の法則、解説のない短編小説と占星術《後編》

わたしはこれまで長く解説・説明の本を書いてきたが、象徴を解説する時に、たとえばひとつの象徴は100の事物性に落とし込むことができると考えた時、この100について全部説明することはない。

占星術はきわめて象徴的な体系で、惑星もまたサインにしても、それは具体的な何かを示すことがなく象徴的なことしか表現しない。
たとえば「金星は具体的にはこんなことに対応します」と説明を始めると、金星の意味は100では足りない。だから、占星術のホロスコープで未来のことを予知しようとすると、はずれるのが当たり前だ。
たいていの読み手は自分が記憶している100のうち、ひとつかふたつとか3つに当てはめるので、実際には100のうち違う結果になることも多い。

なのでホロスコープを読む正しい姿勢とは、「具体的な説明に落とし込まないままに象徴的に語る」というのが正しい。100に分解する前の言葉で説明するのだ。
「イエスは13歳前後に女性教師に連れられてアレキサンドリア図書館に留学した」とエドガー・ケイシーは説明している。この留学は、もっぱら占星術を学習するためのものだと言う。
この場合、わたしが思うに、この象徴的なものを象徴的なものと組み合わせて考え、決して具体的な説明には落とさないというような使い方を学習していたのだと思われる。イエスの語った言葉を記録した聖書を読むと、そうした用法が目立つからだ。

占星術はギリシャ以後、個人のことを考えるツールになった。つまり、具体的な説明に落とし込まなくてはならないという方向性を打ち出した。個人の人生は何もかもが具体的で、事物的なのだから。
個人とは事物という意味なのだ。占星術は個人の欲望を満たすために使うメソッドになった。しかしここで具体的な落とし込みがないと、誰のメリットにも貢献しない体系に戻り、それは本来の占星術の姿に戻ることになるだろう。

わたしは占星術に関しての本をたくさん書き、たぶん日本の中ではもっとも本を多く出した人だと思うが、占星術の示す象徴的なものを具体的な言葉では説明しきれないというのは、いつも気にかかっていた。
たとえば月の遠地点である「リリス」について、あるいはまた「ヘカテ」について説明しようとした時、これらを具体的に解説した直後に、それは嘘の説明になってしまうのだ。
キリスト教はリリスを悪魔のように扱った。しかしそれは、キリスト教の思想がそのように偏ってものを見るスタイルがあったからで、日本だと出雲族とか鳥族、天狗族などはそう悪く言われないので、リリスは歓迎される。狼の解釈が西洋と日本で反対になるのと似ている。

長い間占星術の本を書き続けると、あとになればなるほど占星術の意義をより精密に書きたいと思うようになり、すると占星術的象徴は事物の枠からはみ出しているのだという現実をはっきり打ち出すことになる。
たとえば、「惑星の位置は重要でなく、重要なのは惑星の軌道の円であり、この中で惑星とは黒ずんだ汚点のようなものである」などという言い方までしてしまう。

わたしは長い間、絵画分析講座をしてきたが「これこれはこういう意味」と説明するとひどく脳が疲れる。絵画分析ほど疲れる講座はない。
右の画面に描かれた樹木はこういう意味で、この枝が垂れている理由はこうですというよりも、これは樹木そのものだ、という話で終わったほうがいい。みんな、樹木そのものを部分的に切り取らずに、樹木そのものの象徴として受け取ってほしい。

解説をやめて、夢のように象徴そのもので語り、象徴を象徴が記述するような形式になると「創作」というものになり、そして何のためにという依存的要素を取り除き、それ自身で自立性を持つように書いたメルヘンがいいのではあるまいか。
どこかに具体的な説明が入ることをわたしは「足が出る」と言うが、すっぽりメルヘンの卵の中で熟成され、手も足も出さないように表現できれば、きっと満足感がある。

メールヒェンとしての理想形は、ゲーテの『緑の蛇と百合姫の物語』だろう。
ゲーテはひとりでドイツ文化の水準を引き上げたと言われていて、メーソンは象徴に関しての扱いがある程度定番化、あるいは硬直化しており、ゲーテはそれを緑の蛇と百合姫の話に露骨なまでに活用した。
同じ団体の下部組織に属していたモーツァルトは、同じ団員であり友だちのシカネーダーに台本を依頼してオペラの『魔笛』を作った。多くの人は音楽が素晴らしいので、台本のひどさには目をつぶっているが、これはゲーテのメールヒェンの粗悪版と見てもいい。

人間の構造は「霊魂魄肉」という四層で、メンタル体、アストラル体、エーテル体、肉体ということでもあるが、根源的な創造力であるメンタル体が肉体まで貫き、完全に同心円構造になった時、象徴と事物の異物的結合という形態ではなく、象徴が事物を飲み込み、夢と現実は同一のものとなってしまい、妄想的な人は妄想がそのまま形になってしまうことに脅威を感じるだろう。
いままでは妄想だと言われて安心していたのに。

星雲界、恒星の違いによって、実は宇宙法則はかなり違う。
わたしは恒星のことをメンタル体と定義していて、メンタル体は根源的な創造意志であり、その意識が物質界まで貫いた時に、根本法則としてのロゴスがそのまま物質原理になる。
つまり星雲界、恒星ごとに物理法則が違っており、それに従い、宇宙船の作り方も違うということを強調したほうがいいのではないかと思う。
「7と12の法則」はもっとも有名だが、これは地球に関係した宇宙系がそのルールに貫かれた法則で生きているだけで、これとは違う系統のものはたくさんある。むしろ、そのほうが多いと考えてもいいのではないかと思う。

想念には従わない物質世界を持つ地球では、物理学法則が共有されているが、想念に従う世界では、メンタル体を包み込む象徴身体、すなわちアストラル体が物質を貫くので、まさに精神そのものが物質を作り出し、そのとおりの宇宙船が出来上がる。
それぞれの宇宙系に所属する人々は、自分自身に忠実な船を手に入れることができるので、痛みのない人生を手に入れることができる。

陰陽の相互束縛的な性質を持つ原子が存在するのは、地球が入ったこの太陽系だけだが、それぞれの星雲系に原子に代わる異なるルールがあると考えて、それらを探求してみるのはなかなか有意義だ。しかし、遠くに行くつもりのない人からすると、無意味かもしれない。

これらを展開するのに、フィクション以外の表現方法はないかもしれないと思うときがある。ローカルな事物性に依存しない方法は、これしかないのか。
想念は物質を支配する。このことだけで、宇宙系はたくさんあり、そしてそれぞれの物理学法則が違い、宇宙船の設計理念も違うというのは常識とも言える。

宇宙船とは基本的にマカバであると考えた時、マカバは上の正四面体と下の正四面体の結合だが、上にあるものは「象徴性」であり、下にあるものは「それぞれの宇宙の事物法則」だ。
象徴性が、さまざまな宇宙に当てはめられるつど、その宇宙の素材に乗り込んでいくという柔軟性を示すものがマカバなのだ。
金属や鉱物があり、電磁気的相互作用で物質が形成されるというのは、この太陽系でしか通用しないので、よその星形の宇宙船はまったくわたしたちには理解不可能なものとなるだろうが、象徴と事物の結合の柔軟なシステムがマカバなのだと考えて応用的に考えてみると、きっと頭は硬直しない。

で、書いたショートショートや短編というフィクションを「note」に有料で載せているが、一部感想を聞いてみてわかったことは、書いた象徴については、読んだ人は一方向でしか読まない傾向があるということだった。
しかし、脳は既知のものには関心を向けなくなる。つまり、まず一面的に読んだ人は、2回目は違う内容を発見するはずだ。
部分的に読んだ人に対して解説をしたくなるが、しかし解説する誘惑に乗ってはならない。説明すると部分化され、それは最初の意図から脱線する。「書いた人は説明してはいけない」というのは鉄則だろう。

いまはまだ練習中でもっと手の込んだものを作りたいと思うが、紙の本の執筆依頼が来ると、いつものようにまた、ぱたっと止まってしまう。
これはわたしが忙しく働かないからで、一日に一つしかしないと決めているからだ。

【松村潔】星々で異なる想念と物質の法則、解説のない短編小説と占星術《前編》

松村潔
まつむらきよし/1953年生まれ。占星術、タロットカード、十牛図、エニアグラム、ライフシンボルなど、 いくつかの手法を活用して講座・研究会などを開催。アカシックリーディング等でも、タロットカードや占星術を併用すると安定性が高いという考えから、ツールの複合性を提案している。『わたしの運命がわかる地球星座占い』(角川書店)、『ディグリー占星術』『三次元占星術』(以上、説話社)、『土星占星術講座』(技術評論社)など著書多数。
http://www.tora.ne.jp/

 

2019年2月16日発売!
『夢を使って宇宙に飛び出そう』
存在の4つのフェイズを縦横無尽に探究する
松村潔著/ナチュラルスピリット

『分身トゥルパをつくって次元を超える』
秘教の体系と神秘体験から見出した不死の身体とは
松村潔著/ナチュラルスピリット

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。