• HOME
  • ブログ
  • 時任千佳
  • 時任千佳の「宇宙を超越するワンダフルライフ」/vol.2 驚くべき発見! 宇宙計画に基づきインプットされたデータ「2012年問題」

時任千佳の「宇宙を超越するワンダフルライフ」/vol.2 驚くべき発見! 宇宙計画に基づきインプットされたデータ「2012年問題」

こんにちは。チャネラーの時任千佳です。
今回は、私が宇宙の存在から教えてもらったことの中で、“今すぐ解放すべき”とても重要な情報をお伝えしたいと思います。
その内容を、私は「2012年問題」と言っています。宇宙人の魂を持つ人々が大きな壁にぶち当たる時、必ずと言っていいほど、この問題を抱えています。この問題を解放することで、おそらくあなたは、どうしても越えられないと思っていた壁を乗り越えるチャンスを得られるでしょう。
それを解放する方法は後ほどお伝えするとして、まずは「2012年問題」について詳しく説明したいと思います。

今世、地球にやって来る前に「インプットされた宇宙計画」

現在、地球に存在する「宇宙人の魂」を持つ人々は、いろんな惑星からこの地球にやって来ました。その際に、それら各惑星で「ある共通するデータ」をマインドというコンピュータの中に、無意識の記憶として入れられたのです。

それは、「この地球が2012年で滅亡してしまう! 」という情報でした。

2002年頃、エネルギーワーカーの中で噂になったことがありました。「10年後の2012年になると、地球に大きなシフトが起きてポータルが開く」とか、「それまでに徹底的に自分を浄化しなきゃ大変だ!」といった内容です。

あなたも、そんなことを耳にしませんでしたか?

私自身、「2009年までに自分をかなりのレベルまで浄化していないと、2012年には大変なことになってしまう」ということを、無意識に感じ取っていました。
そのため、毎日、子育てをしながらも時間を作っては、自分を最短で浄化できる方法を追い求め続けていたのです。

2012年がやって来る直前の2年間は、朝から晩まで、それまでに得た方法を個人セッションを通して、私のところにやって来られる方々にさせてもらっていました。
その中でも特に重要だったのが、全身のナーディ(エネルギーが通る道)を全て開けるワークです。
私自身、瞑想状態で、クライアントのナーディを開くために必要な強いエネルギーを宇宙から受け取るわけですから、言葉では言い表せないほどの神秘体験をいくつもしました。

その強い生命エネルギーを受け取っていたおかげで、2年間、ほぼ食事もせずに健康な状態でセッションに明け暮れることができました。今考えても、とても貴重な体験で、私の能力が著しく伸びた大切な時期でもありました。
それだけ、この地球にとっても重要な時期であり、多くの方々を一気に進化させることが必要な大切な時期だったのだと、今では深く実感しています。

エジプトでのエネルギーワークの合間のひととき。

バブル時代によって「光と闇に分裂した宇宙計画」

冒頭でも告げたように、「宇宙人の魂」を持った多くの方が、今世、この地球に誕生する前に「地球は2012年で終わってしまう」という情報を、各惑星でインプットされました。

その結果、何が起きたと思いますか?

「宇宙人の魂」を持つ人々の意識に大きな差が生まれ、バブル時代以降の人生に多大なる影響を及ぼすほどの、生き方の傾向の亀裂が起きたのです。
例えば、2012年を迎えるにあたり、このようなタイプに分かれました。

●「2012年までには・・・!」と、がんばって自分の魂レベルを上げることに集中した人。

●「どうせ世界が2012年に終わるのなら、今回の地球人生は能力なんて出さないで、なんとなく生きればいいかな・・・」と、ヤル気が出なかった人。

●「短い人生なら、この地球で大切な存在はつくりたくない、だから愛するパートナーや家族は持たない」と、決心した人。

他にも、私たちの本来の目的でもある「純粋な愛を持って進化する」ことをせずに、傲慢な気持ちになったり、我先にと欲にかられた人生を送り続けた人もいます。

日本では、ちょうど「バブルの時代」という、「宇宙計画」の象徴的な時代を迎えていた時期です。
それにより、大きな地雷を踏むことにもなりました。「大きなものを得た者」と「大切なものを失った者」がごちゃ混ぜになり、純粋な「真我」を忘れることがたやすい時代を過ごすことになったのです。

その結果、バブルの時代に築き上げた、過去の「マーヤ(幻想)」に心を奪われ、あの時の自分に戻りたいという「大きな落とし穴」から出られなくなってしまった人が数多く生まれたのです。

そして、真の自由が自分の中にあるということを忘れ、外の華やかな世界こそが全てであるという空虚な現実に支配されていることも分からなくなってしまったのです。

自覚なき「2012年問題」を今も抱え、もがき苦しんでいる人々

さて、この問題の重要な部分に触れていきましょう。
なぜ、宇宙計画として「2012年で地球が終わる」という情報を、データとして入れることにしたのでしょうか?

大きな目的は、「宇宙人の魂」を持つ多くの人々に、「今世は短い、だから猛スピード進化しないといけないよ!」とあおることによって、気づきのプロセスをスピードアップ化させることを期待したのです。

また、私のチャネリングによると、本当に地球を滅ぼして「地球のリセット化」も計画の1つとして考えていたようです。

結論としては、2012年を迎える直前の宇宙会議によって、「この地球を持続させ、意識が高まった人々を一気に向上させる」ことが決まりました。
そのため、さらに自暴自棄になった人たちがワンサカ増えることにもなりました。

このような「2012年問題」をいまだに抱え、それが解決していない、「宇宙人の魂」を持つ人々は、私から見て、日本人の30%程度はいるのではないかと思っています(人間的意識が強い方は、対象外です)。
年代は30代~60代くらいで、スピリチュアルなことに興味がある人もいれば、逆に毛嫌いしている人もいらっしゃいます。

「2012年問題」をいまだに抱えている人の特徴

  • 本来の自分で生きておらず、仮の姿なので、自分自身を表現することが極めて苦手で、自分を愛せない。
  • 能力はあるのに、この地球でその能力を表に出すことに無意識に抵抗しているため、現実的には生活に困っている。
  • 宇宙やスピリチュアルな世界などに興味はあるが、実際にその道に行こうとすると、恐怖や抵抗感を抱いてしまう。
  • この地球で基盤を築くことに抵抗があるため、結婚、特に子ども授かることを意識的に避けたり、無意識の思いによって子どもを授かりにくかったりする。
  • この地球に愛着を持たないように、いつでも辞められる仕事や人間関係を築きやすい。
  • 本来の自分ではない「仮の自分」で生きているから、自分が大っ嫌い。
  • 本来は愛あふれる存在なのに、それを表現することを制御しているので、 優しさや愛に対して異常に敏感になっている。

先日、私が行うヨガクラスで「2012年問題」のことに触れました。そして、参加者全員をヨガで導き、インプットされた不要な情報とエネルギーの解放を行いました。
驚いたことに、この話をしたとたん、参加者のほとんどの方が泣き始めたのです。人によっては、嗚咽しながら泣き崩れてしまうほどの、エネルギーの大解放が起きました。

その姿を見せてくださったお陰で、私は確信したのです。この地球で、どんなに多くの方がこの問題を抱えて生きているかを。そして、「今すぐにでもこの問題を解決しなければならない」と強く感じたのです。

ありがたいことに、私は個人セッションや瞑想によるチャネリングによって、この情報を何度も受け取っていたので、自分の中から解放する方法を得るチャンスに恵まれました。
なので、この文章を読まれて心に響くのを感じている方は、次のように何度も宣言してみてください。

この「2012年問題」に関する不要なデータを
自分の中から完全に削除します。

今、自分を進化させることに集中することで、
今からでも手遅れでないことを知っています。

私はこの地球で愛する人と出会い、
楽しく自由に素晴らしい人生の基盤を
築き上げていきます。

自分が持っている能力を開花させ、
今世、この地球でその能力を
惜しみなく使っていきます。

自分の中の「純粋意識」を目覚めさせ、
これから一気に自分を進化させて生きていきます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。