ドルフィニスト綾子さんがチャネリングした「イルカくん」に様々なテーマで質問をして、その答えをお伝えしていくという、このシリーズ。
イルカくんの願いは、一人ひとりが本来の自分になって、喜びの中で生きてもらうこと。
前回同様、合間に、ドルフィニスト篤さんからのコメントも加わった、愛いっぱいのメッセージをお届けしましょう。

悟りをテーマに発信しているドルフィニスト篤さんと、チャネラーのドルフィニスト綾子さん。

テーマ:ムダなことをやめて、大事なことだけやる方がいい

──年々、社会の変化のスピードが速まっているように感じます。昔から続いてきたことが終わりを遂げたり、今までになかったようなシステムが次々とできたり。
変化の激しい世の中で、自分ならではの能力を発揮していくには、どうしたらいいですか?

*ドルフィニスト篤さんのコメントは、青色の文字です。

心じゃなくて、思考の力を優先させて
作ったものは、壊れるよね。
人間の欲で作ってきたもの。

でも、「心の力」で作られたものは壊れずに続いていく。
何だってそう。
心からの思いや魂を込めて作ったものは残るけど、
「あれも必要だ、これも必要だ」と
心なく計算で作られたものは

消え去ってしまったり、忘れ去られたりしてる。

世の中には、取り繕ったものっていっぱいあると思うんです。そういうものが、だんだん破綻してきていますよね。

魂を込めたものは、その人の深い部分から
作り出されたものだから、残るんだ。

だから、自分にとって大事なものは、
本当はすごく少ないんだよ。

これからは、みんなが自分にとって
大事と思えることだけ、やっていければいいよね。

働き者すぎる人が、多すぎるんだよ。
仕事をやり過ぎて、ストレスが度を過ぎてしまう。

だから、「自分のしたいことは、これ!」って
いうのだけをしていけばいい。

そうしたら、自分がやらなかった分を
やりたいと思う誰かがやってくれたりするから。

例えば、会社というのは
本来、得意なところだけやって、
それをやりたい人が集まってやればいいのに。
自分の会社を大きくするために
他の会社が得意とすることまで奪い取って、
1つの会社が、
あれもこれもと
仕事を増やしてやってきた。
そうすると、みんな競争になるから、
負けた会社はつぶれちゃう。
競争で切磋琢磨するのはいいことだけど、
過剰になり過ぎているっていうことね。

でも本当は、一人一人、
自分のことだけやって生きていれば

パズルがパチってはまるように、
全員が活かされるようになっているんだ。

一人ひとりが、欲を出して色々やってきた分を削ぎ落としていけば、そうなっていくんですよね。

欲を出したのは、恐れからやったことだし、
必要だと頭で考えてやったこと。

「あの人がやっているから、真似しよう」と
自分に取り入れたものは、いらないんだよね。

本当に自分がしたいことだけをしていれば、
唯一無二の者として存在できる。
そういう存在として生かされるように、
この世界というものはできている。

本当に自分がしたいことというのは、
考え出した欲ではなくて、
自分という存在そのものから、
あふれ出てくる思いのこと。

「これをやりたい!」という、強い思いのことだよ。

──では、やりたいことがあっても、例えば経済的な部分がネックになっている人はどうでしょう?
そのような場合、暮らし方を切り詰めながらでもスタートした方がいいのですか?

例えば、2万円の家賃の部屋に住んで
好きなことをやっていくとする。
でも、そのうち「2万の家賃のとこはいやだ」
って思うようになる時がくる。
そうして、次は5万の家賃のとこに引っ越したとする。
でも、ある時
「5万の家賃のとこはいやだ。もっと快適にしたい」
って思うようになるから、また引越しをする。

そうやって、好きなことを中心にやっていれば、
最初は細い幹だったとしても、少しずつ太くなって
“自分が望んだようにできる”ようになるんだよ。

──そうなっていくにあたり、自分の中のエゴなのか、そうでないかの基準がよくわからないというか。指針みたいなものってありますか?

自分が「心地いいな」「好きだな」と
感じられるものがあるよね?

「タワーマンションというステイタスが欲しい!」
という欲でそこに住むのと、

「気分がよくなるから高いところが大好き!」
という理由で住むのは、
違う。
欲で住む人は、本当に住みたいところは
別のところだったりするよ。


「本当に一番好き」ということに進むのであれば、
全部叶うようになっているんだ。

だったら、それを一番優先にしなくちゃいけない。

 イルカくん語録 

自分にとって大事と思えることだけ、
やっていけばいい。
働き者すぎる人が多すぎるんだよ。
やり過ぎて、ストレスが度を過ぎてしまう。
だから、「自分のしたいことは、これ!」
っていうのだけを、していけばいい。
本当に自分がしたいことだけをしていれば、
唯一無二の者として存在できる。
そういう存在として生かされるよう、
この世界はできている。

(この記事を書いた人/Y-MAYUMI)

ドルフィニスト篤
ドルフィニストアカデミー主宰。京都大学理学部物理学科卒業。京都大学院理学研究科物理学専攻、修士課程修了。2001年より、イルカのスピリットをチャネリングする綾子夫人と共に、イルカのように生きる「ドルフィニスト」を提唱し、全国にて講演活動を行い、人々の目覚めやヒーリングに従事する。現在は悟りのコミュニティにおいて、鋭い論理と慧眼で悟りへと導いている。著書『悟りハンドブックー〈私〉を思い出すこと、それが悟りです!』(ナチュラルスピリット)。

 

ドルフィニスト綾子
イルカくん、いるかちゃんをはじめ、イルカのスピリットたちの生き方やメッセージをチャネリングし、伝えている。2000年にガイドのイルカのスピリットのチャネリングが始まると同時に、高次元の光の存在、アセンデッドマスター、土地の神々、自然のスピリット、宇宙存在、天使たちとのコンタクトが始まる。覚醒した意識と卓越した感性を活かし、夫の篤氏と共にドルフィニストアカデミーを主宰し、イルカのように生きる「ドルフィニスト」を提唱。個人セッションは15,000人の実績を持つ。カウンセリング、ヒーリング、セラピーを統合し、現在は悟りのコミュニティに尽力。

イルカくん
地球に愛を伝えに来たイルカのスピリットで、ドルフィニスト篤のガイド。愛と喜びにあふれ、ワンネスの意識を持つ。元気で情熱的で、人間味あふれる個性が人気。

 

いるかちゃん
イルカくんのパートナーで、ドルフィニスト綾子のガイド。慈愛と優しさに満ち、ワンネスの意識を持つ。大和撫子のように控えめでかわいらしい個性。

 

ドルフィニストアカデミー
http://www.dolphinist.jp/
http://iru-iru.jp/

『悟りハンドブック』
(ドルフィニスト篤著/ナチュラルスピリット刊)

おすすめの記事