こんにちは、西洋占星術研究家の芳垣宗久です。
私は占星術スクールやセミナーを主催し、チャートから読み取る占星術の他、日本では珍しい「西洋占星魔術」についてもお伝えしています。
今回もタリスマン(護符)のパワーや魅力についてご紹介しましょう。

法則にのっとって定められたタリスマンのデザイン

「アストロロジカル・タリスマン」の魅力は、その素晴らしい効果もさることながら、神秘的なデザインにもあります。
それは決して、アクセサリーとしての美を求めた結果ではありません。タリスマンに刻まれた不思議な神々の姿や、謎めいた記号や数列などは、すべて魔術の法則にのっとって定められ、長く伝えられてきたものなのです。

たとえば、ルネサンス時代の魔術師アグリッパは、土星のタリスマンを作成するにあたり、「顔はシカで、足はラクダ、右手には鎌、左手には矢を持ち、飛翔するドラゴンにまたがった人物の姿を描くように」と指定しています。
さらには、土星に宿る天使の名前、占星術で用いられる土星の記号、そして魔術師が用いる土星のシジル(印章)等が刻まれることで、そのタリスマンは初めて土星と人間をリンクする特別なアイテムとなるのです。

土星の魔方陣。縦・横・斜めに並ぶ数の合計が必ず15になる不思議な方形である。

 

「ムーン・マンション」(月の宿)のタリスマンにも、もちろん各マンション(宿)ごとに所定のデザインがあります。
例えば、占星魔術の大原典『ピカトリクス』には、「第23マンションを表す『サッド・ブラ』のタリスマンには、犬の頭をした猫を描け」という記述があります。

それはとてもユーモラスな図像ですが、決して魔術師が気まぐれで考えたものではありません。
本来は仲が悪いはずの犬と猫が無理やり合成されると、両者の間には強いストレスが生まれそうですが、魔術はそのような象徴から生まれる力を応用するのです。
実際、この「ドッグ・キャット」のタリスマンは、特定のカップルや夫婦の間に仲違いを起こさせ、別離させるために使われます。

タリスマンは天体パワーが最強のときに作られる

すでにお話したとおり、「アストロロジカル・タリスマン」はただデザインを再現すれば効果が現れるものではありません。
各タリスマンには、それを創造するために相応しいタイミングがあり、それは高度な占星術の法則によって計算する必要があります。その法則は大変複雑なので、残念ながら簡単に説明できないのですが、基本的な原則はシンプルです。

ある天体のタリスマンを作成するなら、その天体のエネルギーが「強い状態」にあるタイミングを狙って行うのです。逆に、もしその天体が「弱い状態」の時にタリスマンを作っても、十分な効果は望めないということになります。
惑星や恒星のエネルギーが、占星術的に合格点を与えられるほど強くなる日時はそれほど頻繁にはないため、占星魔術師はその貴重なタイミングを逃さないよう、スケジュールを組んでいるものです。

惑星の配置の計算に用いられる天文暦。

 

例えば、2019年11月28日は、射手座で木星と月が重なりつつ、地平線上の高い位置に昇ってくるという天文現象が起こりました。
射手座は木星にとって自分のホームポジションであり、その力が最大限に高まる星座です。また、このときの木星は他の惑星との位置関係も良好で、何も妨害を受けていませんでした。
そこで私は、この日に木星に祈願する儀式を行い、成功と名誉、富、学問の成就をもたらす「木星タリスマン」を作成したのです。

魔術の儀式と聞くと、映画やコミックに出てくるような気味の悪いイメージ、例えば、薄暗い地下室で黒衣をまとった魔術師が、動物の生贄を捧げたり、魔法円に出現した悪魔と契約を交わしたりするシーンを思い浮かべる人も多いでしょう。

しかし、占星魔術の儀式には、そのようなおどろおどろしいセッティングは必要ありません。儀式に用いる祭壇は、清潔なクロスを敷いたテーブルにインセンス(お香)とキャンドルを置いただけのシンプルなもので十分です。
魔術師はその祭壇で天体の神に祈願する「祈祷詩」を唱え、タリスマンをお香の煙で燻し、それで儀式は完了です。
もし時間に余裕があるなら、完成したタリスマンの前に座り、願望を成就させた未来の自分の姿をイメージしつつ、しばらくの間瞑想してもよいでしょう。

「水星」に捧げられた祭壇。

***
私が監修した、開運用の「惑星リング」を販売に向けて準備中です。公開まで、楽しみにお待ちください。

+++++++++++++++++++++++

芳垣恒久さんが11月にワークショップ開催!
恋愛成就の護符「アル・ハナ」タリスマンワークショップ

2020年11月3日(火・祝)

+++++++++++++++++++++++

 

芳垣宗久
よしがきむねひさ/西洋占星術研究家。鍼灸治療家。ホロスコープを人間の創造力を引き出す思考ツールとしてとらえ、古典から近代のテクニックまで幅広く研究。 個人相談や原稿執筆のほか、セミナー・講演等も積極的に行っている。 占星術スクール「ヘルメス学園」主催。書籍は『女神からの愛のメッセージ 小惑星占星術』(説話社) 、『超開運 ダウジングでどんどん幸せになる本!』(芸文社) 、共著に『もっと深く知りたい! 12星座占い』(説話社)。
https://munehisa-yoshigaki.com/

https://twitter.com/astrohund

『女神からの愛のメッセージ 小惑星占星術』
芳垣宗久著/説話社