• HOME
  • ブログ
  • 時任千佳
  • 時任千佳の「宇宙を超越するワンダフルライフ」/vol.1 2019年は新たな革命が起きる年

時任千佳の「宇宙を超越するワンダフルライフ」/vol.1 2019年は新たな革命が起きる年

はじめまして。チャネラーの時任千佳です。
2019年がやって来ました。今、この文章を目にしているあなたは、どんな思いで日々を過ごしていらっしゃいますか?
少なくとも「宇宙」や「スピリチュアル」に興味がある方だと思いますが、まだまだ自分が何をしたらいいのか分からなかったり、人間関係での不安や迷いがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
私は2019年を長い間待ち続けていました
それは、地球において、新たな革命が起きると信じていたからです。それがどんな革命なのかは、後でじっくりご説明しますね。

霊媒体質の苦しみから一転し、宇宙レベルの活動へ

私は子どもの時から、いわゆる霊媒体質でした。霊の姿を見たり、声が聞こえたり。そのため病弱で、中学・高校生時代は学校を休みがちでした。
20歳の頃、「普通に人生を楽しみたい」という思いから、体質改善をはじめ様々なことに取り組み、最終的に行き着いた場所は「スピリチュアル」な世界。
子どもの頃からの孤独感や過去世レベルのトラウマを解放することで、厄介だと思っていた体質が一気にサイキック能力へと転換しました。そして、いつしか宇宙的存在のメッセージを受け取るようになったのです。

今では、彼らと携帯より簡単に話せるので、孤独や寂しさを感じることは全くなく、それと同時に前世を超えた宇宙レベルで、本来のエネルギーを解放することができるようになりました。すべて、彼らから学んだことです。

世界中をめぐる現在の私の活動は、宇宙的存在たちからの指令によるものです。彼らとの会話によって、いきなり“どこそこへ行くように”と言われるわけですが、当初はその地のエネルギーを浄化したり、活性化することが目的でした。
そのおかげで、いろんな存在からの支援を受けるようになり、今では人類の進化を促す宇宙存在たちから、智慧を授かるようになったのです。そうやって、ここに至るまでには、大きな導きの連続でした。

クンダリーニの覚醒と待ち受けていたヒーラーデビュー

今から20年前、私が32歳の時、大きな覚醒の波がやって来ました。ちょうど2000年を目の前にしたその年、私に起こったことはクンダリーニの覚醒でした。
当時は「クンダリーニ」という言葉さえ知らなかったので、何が起きたか理解不能でした。しかし今考えると、宇宙の存在は私に何が起きたかを、あの手この手を使って必死に知らせようとしていたことが分かります。

例えば、本屋に行くと「クンダリーニ」というインドのヨギーニが書いた本を光らせたり、宇宙の仕組みを音楽と詩にしたCDを光らせてみたり、聖者を通して教えてくれようとしたり……。
それでも私がなかなか気づかないので、色んな「光の存在」を目の前に遣わしてくれたのです。

あの頃の私はまだまだ手探りの状態でしたが、「2009年までに自分を浄化しなくては……」という思いだけは、なぜか頭から離れませんでした。
そして2009年がやって来た時、全く予期せぬ出来事が始まったのです。それは、「ヒーリングセッション」でした。
長い間、原因不明の体調不良と霊媒体質で悩んでいたので、まさか自分が人様を霊視したり、ヒーリングセッションをすることになるとは思ってもいなかったのです。

私の最初の書籍『いいことしか起きない30のルール』(マガジンハウス)にも書きましたが、私がヒーラーになったのは、ある日突然起こった出来事がきっかけでした。
夫の友人のお母様の声が、突然聞こえたのです。それは、頭の中に、独り言を囁くように聞こえてきました。その方は昏睡状態のまま入院中で、自分の娘を心配して、私にメッセージを送ってこられたのです。

「これは何かが起きている」そう感じた私は、思い切って、夫の友人に電話をかけました。もちろん、頭がおかしいと思われるのは覚悟のうえです。
彼女は泣き崩れ、私が伝えたメッセージの意味を深く感じととってくれました。そして、そのメッセージにより、彼女自身の人生をやり直す決意をしたのです。
同時に、私の人生も大きく変わりました。あの頃の私は、今のこの姿を想像できたでしょうか……。

「人を癒す」と言えばとても神秘的で、ドラマチックな展開をイメージすることでしょう。もちろん、その通りです。特にこの10年は、もう言葉では書けないほどの数々の奇跡を経験してきました。

私たちは進化するために、この地球にやって来ています。自由な自分になるために、あらゆることが「問題」という形で起きていきますが、この「問題」こそが、神が与えた「智慧」を授かるための大切な「問題集」なんです
この事に気づけたことが、私にとって「スピリチュアル」に関わってきたことの大きな意味を表しています。

全てとつながり魂を輝かせるヨガの醍醐味

現在の私はヨガを通して、多くの方にその意味をお伝えしています。
ヨガというのは「つながる」という意味であり、本来の自分につながる、宇宙につながる、聖者につながるということなのです。
それは、自分の中に宇宙があり、聖者がいて、全ての智慧があることを知ることです。一般的なスタジオで行うようなヨガとは違い、仏陀や達磨大師、空海、白隠が伝えてこられた大切な教えなのです。

ヨガと聞いて「古臭い」とか思わないでくださいね。ヨガは「最新の科学」です。現在、どれだけの科学者が「瞑想」を研究しているかご存知ですか?
また、「瞑想」というのものは、黙って座っているだけではありまけん。歩きながら、走りながら、笑いながら、踊りながらできるものなのです。
スーフィリズムとは、音楽とともに回転しながら覚醒する瞑想法です。古代から伝わるダンスや歌や楽器を使った演奏も、「悟り」を起こすためのものです。その意識とともに音楽や芸術に触れていくことが、魂の輝きとなっていくのです。

今、悩みの中にいるあなたも、まだまだ遅くはありません。生活の一部として「瞑想」の本質を知ることが、ヨガ(宇宙とつながる)なのです。そして、さらに宇宙空間を超えた領域へとつながる方法を、私は自分の活動を通してお伝えしています。

海外での活動の休憩中に。

愛の波動とつながることと2019年に起きること

日本の仏教では「108」の数を「煩悩」と言いますが、インドでは「ヒマラヤにあるボルテックスの数」と、肉体にある光の道(ナーディ)が通る主なチャクラのことを言います。

「108」の数の意味
●1=ワンネス/すべては1つ
●0=シューニャ/空(くう)
●8=インフィニティ/無限

肉体には重要なポイントが108あり、これをアーユルヴェーダでは「マルマ」と言い、108の音と関係しています。最終的にはこの「108」の音につながるための波動を持つ肉体にする必要があるのです。
ヨガとは、その肉体になるためのものです。

このことを知った頃から、私の意識は大きく変わりました。
何をして生きていけばいいのか、何をしたらいいのか、このような全ての迷いはなくなりました。ヨガの実践を通して、すべては愛の波動だということに気づけたからです。

この2019年、私たちの中に長い間眠っていた「玉手箱」のようなものが開いていきます。
それは、浦島太郎のように長い間隠されていたことが一気に見えてくるようなもので、時空次元を超えた宇宙レベル、先祖から受け継がれているDNAレベルで革命が起きていきます。

これからの時代こそ、本来の自分になれる瞬間(チャンス)です。
あなたはどのような自分になるでしょうか?

「気づき」を受け取る時間は、一瞬です。
自分の中で長い間、サビのように頑なになったものも、1、2年で嘘のように溶けていきます。この「気づき」を、ヨガの世界では「悟り」「サマディー」と言います。

このことについて、次回以降、さらにお伝えしていきますね。

時任千佳
ときとうちか/1966年、福岡県生まれ。幼い頃から不思議な体験を繰り返す。モデル・女優として活躍後、俳優・時任三郎氏と結婚。芸能界を引退し、3人の子どもの母となる。結婚と前後して、生まれながらの能力に目覚め、ごく親しい人たちの個人セッションのみを行っていたが、現在では執筆活動、国内海外での遠隔セッションを行っている。また、ヒマラヤ聖者から伝授された古代ヨガと、宇宙とのチャネリングによって開発された独自のヨガクラスを展開。書籍 『いいことしか起きない30のルール』(マガジンハウス)、『奇跡は起きたがっている』(マガジンハウス)。
https://ameblo.jp/chika-tokito/

富士山につながるヒマラヤ聖者ヨガ
3月10日(日)〜11日(月)
両日とも11:00~16:00
場所:中伊豆ワイナリー シャトーT・S
詳細は以下の源平あて、お問い合わせください。
ct.skyoga@gmail.com

スリランカ ヨガリトリート
4月29日(月)〜5月4日(土)
詳細は以下のニルーシャ(日本語)あて、お問い合わせください。
nilusha@ayurvatraveller.com

クンダリーニ・ヨガ 火の呼吸を学ぶ
(心身を癒し、エネルギーを引き出す呼吸法)
6月15日(土) 13:30〜17:00
場所:セブンアカデミー
お申込みは、セブンアカデミーまで

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。