人々の目覚めを促し、悟りの意識へと導くイルカのスピリットからのメッセージを伝えている、ドルフィニスト篤さんと綾子さんご夫婦。
あえて半年ほど無収入生活することで、心の豊かさを実感したという前回のお話に続き、今回も、好きなことを追求して生きるためのコツを語っていただきました。まるでドラマのように願望実現していったエピソードといい、夢を叶えるためのヒントになるはず。

イルカ的生き方で思い描いていた願い事が見事に実現!

──例えば、生活苦などで物理的に悩んでいる人は、「この暮らしを維持できるよう、なんとかしなきゃ。ああしよう、こうしよう」と計算すると思います。
どうしてもサバイバル意識が働いて、生活していくすべを考えるわけですが、でも、その部分を無視して「私は庭仕事が好き。一流の庭師になりたいの」という夢見る思いばかりじゃダメですよね?

ドルフィニスト篤さん(以下、敬称略)
そこは微妙ですよね。その場合、好きなことに向かう気持ちが、どれだけあるかが大事だと思います。
どれだけ意志があって、その好きなことを、どれだけ生活の中心におけるかどうか。
自分を信頼できず、ダメなんじゃないかと考えていれば、そうなってしまいます。自分に対する不足の考えを作らないことがポイントだと思います。

ドルフィニスト綾子さん(以下、敬称略)
好きなことに対して100%自分を投入できる人は、技術がなくても生かされていきます。「でも、それじゃあ、ダメだろうな」と思っていると、〝それじゃあ、ダメだろう。でも、これなら、いけるだろう〟程度の現実を体験することになります。

ドルフィニスト篤
ですから、自分のことを一番にできたら、道は拓けていきます。先ほどの、庭師であっても。

ドルフィニスト綾子
私たち2人共、会社を辞めた後、千葉の自宅サロンでセッションを始めました。でも、しばらくするとお金が尽きてしまって。その時は、まだ経験も浅く、「他の仕事をやらなきゃ、食べていけないな」と思い、派遣登録をしに行ってみたんです。でも、結局、断られてしまいました。
「高学歴でキャリアがあるあなたたちが、なぜ? いくらでも働く先はあるじゃないですか?」と言われてショックでしたけど、「じゃあ、もういい。やはり、今やっていることをやろう!」と、その時、心に決めたんです。

ドルフィニスト篤
本音は、それ以外、したくないわけです。

──それで、どうなっていったのですか?

ドルフィニスト綾子
心に決めたとはいえ、ノウハウも成功するやり方もわからなくて、新しいお客さんは来ないし、口コミも止まっている……。そんな状況でしたが、「ここで止まってても仕方ない」と思い、篤さんにこんなことを話していたんです。
「東京のどこかの駅の近くに癒し系のお店を作って、道行く人に『本当の自分を思い出しませんか?』と声をかけて、そのお店でセッションをすればいいんじゃない?」って。
すると、その後すぐに知人から「東京にヒーリングショップを出したいんだけど、お店を任せたい」と誘われました。お給料をいただきながら、思い描いていた仕事ができるようになったんです。2002年のことです。

そのお店は駅の近くの路面店で、仕事を任された私は、思い描いていたことを体験しました。
入り口脇には、「イルカのセッションをしています」と書いたボードを置き、道ゆく人に声をかけて、お店に来ていただくようにしました。
他にも、ハーブを調合して売ったり、アロマ、フラワーエッセンス、オーラソーマをお勧めしたり。ヒーリング、ボディー&フェイシャルトリートメントなど、できることは全部しました。
道で声をかけても、最初は、反応が薄かったです。しばらくは1人も来ない日もありました。でも、そのうち、ポツポツ来ていただけるようになって、ある時からお店がお客様でいっぱいになったんです。
でも、商品を買ったり、セッションを受けるというよりも、お店を気に入った方たちのコミュニティの場になりましたね。
近所の方が、子供を学校に送り迎えする際に立ち寄ったり、時にはお子さんを数時間預かったり、作ったおでんを持って来てくださる方がいたり。その仕事を2年程続けましたが、とても楽しかったですね。

宣伝ができるかどうか、うまくいくかどうかに関係なく、「これでいくんだ!」って決めたら、あらゆる形でそうなっていきます。そのことを実感した出来事でしたし、同様のことを他にもたくさん経験してきました。
「これをやりたい」という強い気持ちがあると、それを実現するのに必要なものが順番にやって来て、それを辿っていくと、叶っていったんです。
私たちは、そのやり方で今に至っています。だから、経営とか全然わからないです(笑)。

ドルフィニスト篤
そう、全然、わからないし、気にしていないです(笑)。そういう勉強もしてないし。
一般的な経営の観点からすると、「何ですかぁ!? そのやり方は! あなたたちは、あまりにリスクが大きすぎますね」という感じだと思います(笑)。
「この仕事をするには、こういうものが必要で、こうした方がいい」という計算をして進むやり方は、今まで全くしてきてないんです。

お金を溜め込むよりはやりたいことを実現させる方を優先

──ということは、お金にあまり執着されていないんですね?

ドルフィニスト綾子
今を楽しむこと、やりたいことをやること。これが私にとって、最も価値のあることなんです。未来のために貯金しようとは、そんなに思ってないですね。「今現在を体験できたら、それでいい」という感じです。

ドルフィニスト篤
「貯金をした方がいいかな?」と思う自分もいますけど、でも、使ってしまいます(笑)。やりたいことがあれば、それに使います。

──イルカくんはなんと言っているんですか?

ドルフィニスト綾子
「お金のことは、僕にはわからない……」って(爆笑)。
でも、こんなふうに言います。
「だけど、欲しいものは買ってるでしょう? やりたいことはやっているでしょう? それで、お金に困ったことあった?困った感じに思えたとしても、実際、困ってないじゃない?
食べられなくなったら、どうしよう? 買えなくなったら、どうしよう?
そうやって頭の中では考えるけど、うまくいっているわけだから、それで十分じゃない? だから、お金の心配はしないで」って。


好きなことをして生きていきたいと願う人にとって、大きな励ましとなる今回のお話。「これでいくんだ!って決めたら、あらゆる形でそうなっていきます」という篤さんの言葉は、イルカ的な生き方の実践者ならではの説得力に満ちています。次回は、そんな生き方へと導いてくれる、イルカのスピリットの特徴についてお話いただきましょう。

(この記事を書いた人/Y-MAYUMI)

 

ドルフィニスト篤
ドルフィニストアカデミー主宰。京都大学理学部物理学科卒業。京都大学院理学研究科物理学専攻、修士課程修了。2001年より、イルカのスピリットをチャネリングする綾子夫人と共に、イルカのように生きる「ドルフィニスト」を提唱し、全国にて講演活動を行い、人々の目覚めやヒーリングに従事する。現在は悟りのコミュニティにおいて、鋭い論理と慧眼で悟りへと導いている。著書『悟りハンドブックー〈私〉を思い出すこと、それが悟りです!』(ナチュラルスピリット)。

 

ドルフィニスト綾子
イルカくん、いるかちゃんをはじめ、イルカのスピリットたちの生き方やメッセージをチャネリングし、伝えている。2000年にガイドのイルカのスピリットのチャネリングが始まると同時に、高次元の光の存在、アセンデッドマスター、土地の神々、自然のスピリット、宇宙存在、天使たちとのコンタクトが始まる。覚醒した意識と卓越した感性を活かし、夫の篤氏と共にドルフィニストアカデミーを主宰し、イルカのように生きる「ドルフィニスト」を提唱。個人セッションは15,000人の実績を持つ。カウンセリング、ヒーリング、セラピーを統合し、現在は悟りのコミュニティに尽力。

 

イルカくん
地球に愛を伝えに来たイルカのスピリットで、ドルフィニスト篤のガイド。愛と喜びにあふれ、ワンネスの意識を持つ。元気で情熱的で、人間味あふれる個性が人気。

 

いるかちゃん
イルカくんのパートナーで、ドルフィニスト綾子のガイド。慈愛と優しさに満ち、ワンネスの意識を持つ。大和撫子のように控えめでかわいらしい個性。

 

ドルフィニストアカデミー
http://www.dolphinist.jp/
http://iru-iru.jp/


ソウルメイト夫婦であるドルフィニスト篤・綾子さんによる、パートナーシップをテーマとしたワークショップを
2019年2月中旬に開催します!
詳細は追ってホームページでお知らせしますので、どうぞお楽しみに。

 

『悟りハンドブック』
(ドルフィニスト篤著/ナチュラルスピリット刊)

おすすめの記事