今回は、コロナ以降の世界の状況を簡単に見通してみたい。
日本を含め、新型コロナウイルスの蔓延で実質的に厳しいロックダウンを実施していた欧米諸国では、蔓延のスピードが穏やかになっていることから、各地で経済活動が次第に再開されている。
まだまださまざまな規制は残るものの、これで経済は一気に回復するとの期待も強い。

社会不安によって世界的に拡大する抗議運動

しかしながら、アメリカを中心とした欧米諸国で、混乱状態が拡大している。5月25日、ミネソタ州ミネアポリス市で無防備のアフリカ系アメリカ人、ジョージ・フロイド氏が白人警官によって窒息させられ、殺害されたのだ。
この事件が発端となって、全米50州すべての650を越える都市や地域で、一部には破壊活動を伴う激しい人種差別抗議デモが起こった。
それはロンドン、パリ、ベルリン、東京、ソウルなどの世界各地に拡散し、特に欧米諸国では数万人規模になっている。

この運動は収まるどころか、6月13日、ジョージア州アトランタ市で黒人のレイシャード・ブルック氏が射殺されたことにより、さらに激しくなった。もはや、手がつけられない状況になりつつある。

一方、日本ではあまり報道されていないが、人種差別抗議デモに反対する“極右の抗議運動”も非常に盛んになっている。
全米31州では、即刻の経済活動の再開を求めた激しい抗議が、極右の主導で始まった。これも欧米各地に拡大し、ロンドン、パリ、ベルリン、ローマなどの諸都市では、行動規制に反対する極右による激しい抗議デモが起こっている。
「人種差別抗議デモ」が左派系の運動なら、「行動規制反対デモ」は右派系の運動だ。これらは暴力的に対立しあう、水と油の関係だ。

こうした社会不安が、アメリカを中心にして欧米各地に急速に拡大しつつある。
その成り行きが、コロナ以後の社会の状況を決定することにもなりかねない。社会が一層不安定になり、政治も経済も大きな影響を受けるという図式だ。

10年前に歴史学者が見出した「アメリカの内乱パターン」

意外にも、この状況を10年近く前に予測していた歴史学者がいた。ピーター・ターチンである。
コネチカット州にあるコネチカット大学の教授で、生態学、進化生物学、人類学、数学を教えている。生態学と進化生物学の手法に加え、非線形数学という現代数学のモデルを適用することで、歴史には明らかに“再帰的なパターン”が存在していることを発見した人物だ。

ターチンが明らかにしたのは、“ローマ帝国やフランス、明朝などの近代以前の大農業帝国には、帝国の盛衰にかかわる明白なパターンが存在する”ことだった。
それは、人口、経済成長率、労働賃金、生活水準、支配エリートの総数などの変数の組み合わせから導かれる、比較的単純なパターンであった。
それと同じようなパターンとサイクルが、近代的な工業国家である現代のアメリカにも適用可能であるとしている。

2010年にターチンは、『平和研究ジャーナル』という専門誌に、「1780年から2010年までの合衆国における政治的不安定性のダイナミズム」という論文を寄稿した。
この論文で調べられていたのは、アメリカが独立して間もない1780年から2010年までの230年間に、暴動や騒乱などが発生するパターンがあるかどうかだった。
その結果、農業国から近代的な工業国に移行した19世紀後半からは、約50年ごとに「社会的不安定性」のサイクルが発生していることが明らかになった。

南北戦争のような内戦は別にして、アメリカでは内乱が多発した時期がこれまで3つ存在する。
それは1871年、1920年、1970年であり、これらの年には明らかに社会で見られる暴力が突出していることが分かる(以下のグラフ参照)。

ターチンが主張するのは、このようなことだ。

●人口と高学歴者の数が増加していても、高い経済成長が続き、生活水準が上昇し、高学歴者の雇用数が増大している限り、社会は安定し、社会的な騒乱はめったに発生しない。
これは、どんな人でも努力さえすれば、「社会階層」の上昇が期待できる状況である。

●それとは反対に、格差が固定化して、政治や経済のシステムが一部の特権階級に独占された状況では、たとえ経済が成長していても「社会階層」の上昇は保証されない。
格差とともに「社会階層」は固定化される。すると、たとえ高等教育を受けていても、期待した仕事は得られないことになる。

●このような状況が臨界点に達すると、社会的な暴力が激増し、多くの騒乱や内乱が発生する。

 

予測されていた社会騒乱は2020年前後

19世紀後半以降、アメリカはこのようなサイクルを50年毎に繰り返している。それは、50年毎に臨界点に達していることを示している
ターチンは、なぜ50年というサイクルになったのかを研究し、今後発表するとしている。

彼によると、社会騒乱の次のサイクルがやってくるのは2020年前後だ。
現在のアメリカにおける格差は、ひとつ前の社会騒乱の時期だった1970年の時点よりもはるかに巨大であるため、このまま格差が是正されないと、2020年の社会騒乱は予想を越えた巨大なものになる可能性があると警告していた。
南北戦争の時期を思わせる「分裂と分断の時期」に入るかもしれないという。

ターチンがこのように予想したのは、2010年の論文であった。その後、2017年1月にトランプ政権が成立し、米国内の分裂があらわになって以来、ターチンの予測は的中したとみなされ、大変注目されている

その流れの中、今回の新型コロナウイルスのパンデミックが発生した後に書かれた論文が『コロナウイルスの長期的な影響』である。
社会不安が爆発する危険性はさらに高まったとして、次のように書いている。

合衆国に関する、国内対立についての私の予測は、どちらかというと暗い。
アメリカの政治エリートは自己中心的で、分断していて、いつも内輪もめが絶えない。
だから、これから膨大な数のアメリカ国民は、それこそ、底が抜けてしまったかのような状態に陥るはずだ。

一方、政府財政は破綻の危機に直面しつつ、支援は大企業に限定されるだろう。その結果、格差のさらなる拡大と政権への国民の信頼感の完全な低下、そして社会不安の激増、エリートの間で激しい闘争が起こる。
そして、私が予測のために使っている構造的な人口モデルのあらゆる負の側面が、アメリカで爆発するだろう。
私はこの否定的な予測が間違っていることを、心から望む。

 

ターチンは歴史学者なので、大袈裟な表現はしない。この論文の表現も比較的に抑制気味だ。
だが、「私が予測のために使っている構造的な人口モデルのあらゆる負の側面が、アメリカで爆発する」とは、要するに内乱の発生の警告である。
ターチンが2010年に最初に予測したことが、まさに目の前で起こりつつあるのではないか? たぶん、今後数ヵ月で我々はこの結果を見ることになるだろう。

最新記事「2020」に書かれた、内乱が激化していく理由

さらに、全米規模の抗議デモの拡大が止まらなくなってから、ターチンは6月1日、新しい記事を自身のサイトで発表した。それは「2020」という刺激的な題名で、次のように綴っている。

2010年に私が、「2020年頃にアメリカ国内で内乱が発生する」と予測したのは、当時の政治情勢の分析に基づくものではまったくなかった。
どの社会にも、社会の回復力を損なう不安定要因が存在する。それらは、
1)貧困と格差
2)エリートの権力闘争
3)政府機関の機能不全
の3つである。
これらの変数を数値化し、私は「政治ストレスインデックス(PSI)」という指標を提案した。

2010年当時、この「PSI」がアメリカとヨーロッパでは急速に上昇していて、2020年には危険な状態になることを示していた。それが予測の根拠であった。

しかし、2020年になった今でも「PSI」は上昇するばかりだ。下がる気配はまったくない。新型コロナウイルスのパンデミックは、この上昇をさらに加速させている。

ジョージ・フロイド氏が殺害されるビデオに怒らなかったものはいない。警察の蛮行を示すひどいビデオだ。
だが、怒りがきっかけで始まった今回の抗議デモがたとえ収まったとしても、「PSI」が上昇している限り、新たな出来事が契機となり、社会不安は一層激しくなることは間違いない。

 

以上である。
社会的ストレスの数値である「PSI」が沸点に達しつつある今、ジョージ・フロイド氏の殺害の次にストレスの火付け役となるのは、人種差別反対デモを行っている左派と、ロックダウン抗議デモを行っている右派との暴力的な衝突かもしれない。

左派は「反トランプ」であり、右派は「トランプの熱烈な支持者」の集まりだ。この2つの勢力が、新型コロナウイルスの拡大が一向に衰えない状況で、全米各地で繰り広げられる可能性がある。
そうなったとき、トランプはどうするだろうか? おそらく、全米に広がった社会不安に対処するために戒厳令を発令して憲法を停止し、大統領の権限を最大限強化するかもしれない。独裁的なアメリカの誕生である。

現時点でこのように聞くと、まさにファンタジーのように聞こえるかもしれない。
しかし、それまで比較的好調に成長を続けてきた各国の経済が、新型コロナウイルスのパンデミックでそれこそ停止状態に追い込まれ、その数ヵ月前の状態が“歴史的に断絶した別の時代”であるかのように見えるのである。

このような急激な変化が矢継ぎ早に襲う状況を見ると、全米に拡大する「左右両派の暴力的な対立」と「戒厳令の発動」「憲法停止と大統領権限の強化」という奇想天外なシナリオも、現実になる可能性は否定できないように思う。

現在の状況と「エノクの預言」とのシンクロ

さて、この連載では過去に何度も「エノクの預言」を紹介している。
これは、スイス在住のビリー・マイヤーが、彼がコンタクトしている地球外生物の「プレヤーレン」の一人であるクウェッツアルから、1987年2月28日に告げられたメッセージ(預言)だ。
後のコンタクトで、この預言が示す未来は2020年代のことだと明かされる。
今、改めてこの預言を読むと、まさに目の前で展開されている状況の行き着く先にも見えてくる。再度、いくつか抜粋してみよう

 

2020年代の出来事を指し示す
「エノクの預言」のメッセージ
(1987年2月28日に告げられたメッセージより抜粋)

●アメリカの内戦

なぜなら、アメリカで2つの大規模な内戦が相次いで勃発するからである。その後、アメリカ合衆国は互いに激しい敵対関係に陥り、やがてアメリカの州は5つの領域に分かれる。
その際に、教派的な狂信者が独裁的な役割を果たすことは防げまい。

●世界的な無政府状態

主として政治に関しては、多くの不気味な事件が起きるであろう。第3次世界大戦が始まる前に、フランスとスペインの武装勢力が衝突するであろう。
しかし、フランスはスペインとの紛争を最後まで戦い抜くことはしないであろう。というのも、ロシアやスウェーデンのように、フランスでも国内に大きな暴動が起こり、政府転覆や内戦に発展するからである。

特にフランスとスウェーデンでは、たとえば欧州連合の策謀とその独裁的な発令が、多くの暴動と蜂起に火をつけるであろう。
が、これらの国々ではギャングや組織犯罪も寄与して、内戦は避けられまい。

これに加えて、生まれつき国籍を持っている者と、移住してきた外国人との間に重大な差別が生じるであろう。外国移民はたいてい自国民とは異なる宗教を信じている。
まさにこのことも、時間が経つにつれてますます深刻な紛争を招くであろう。排外主義、外国人排斥、そして他の宗教を信じる者への憎しみが、台頭する「ネオナチ」「テロ」「極右主義」などとともに日常茶飯事となろう。
イングランドやウェールズや北アイルランドでも内戦状態になり、多くの死者を出すであろう。

●新種の感染症

ありとあらゆる伝染病や疾患や流行病も同じく人間を苦しめるが、それらの多くは新種で、人間には未知のものであるため、治療も不可能であろう。
そのため、多くの人間の身体は徐々に崩壊していくであろう。その際、耐え難い痛みとともに、失明や窒息死に至る恐ろしい呼吸困難も現われるであろう。
多くの人間は意識を患い、精神薄弱や狂気に陥るであろう。

こうしたゾッとするような事態はすべて、生物兵器と化学兵器に起因するであろう。これらの兵器により、すぐに死ぬのではなく、残酷にも、ゆっくりと死んでいくのである。

 

以上である。
どうだろうか? 我々は今、この預言のシナリオが行き着く方向に向かって歩んでいるのだろうか?

2029年に始まる水瓶座の時代への移行期

このように見ると、新型コロナウイルスの蔓延と欧米を中心にした社会不安の激増は、これからしばらく続く苦難の時代が始まったことを意味しているようだ。
ウイルスの感染は、これから夏にかけていったん落ち着くかもしれないが、秋から冬にかけての第2波、さらにその後の第3波の到来はやはり否定できない。

プレヤーレンの「エノクの預言」が予知する世界のあり様は、コロナ以降の世界なのかもしれない。しかし彼らからのメッセージは、もちろん「エノクの預言」だけではない。
「エノクの預言」は、我々が進化した意識状態へと移行する過渡期に起きることを描写しているだけなのだ。

この連載で何度も伝えてきたが、プレヤーレンはこう言っている。

水瓶座の終焉の時期とその頃に起きること

●水瓶座の時代はすでに1844年に始まっているが、水瓶座の意識がすぐに現れるわけではない。
2000年以上続く水瓶座の時は、「初期」と「後期」の2つの時期に分かれる。

●「初期」は185年間続き、それは「最初期」と「初期の後期」に分かれる。
●「最初期」は1844年から1937年2月3日まで、「初期の後期」は1937年2月3日から2029年2月3日まで。

●特に「初期の後期」には、以前の魚座の時代の精神性のあらゆるマイナス面が表出する。

 

「エノクの預言」が示す世界は、新しい意識に到達するために通過しなければならない苦難の時期の様子を描写したものと言えよう。
この苦難を乗り越えてこそ、我々は水瓶座時代の進化した意識の果実を享受できる地点に立てるようだ。

今回の新型コロナウイルスの蔓延と社会不安の増大は、意識を進化させるための苦難の時期に突入したことを示していると言える。
この時期は永遠に続くわけではなく、今年から2029年までの9年間である。
2029年になると、2月3日から新しいサイクルの時期に入り、「進化した意識」が現れるようだ。
厳しい現実としっかり向き合いながら、力強く生きていこう。そうすれば、おそらく我々の意識も進化するに違いない。

※編集部より/今回のコラムは前回同様プレヤーレンからの情報に基づいた内容ですが、預言等で断定的な表現もございます。1つの視点、また対策については1つの提案としてお読みください。

高島康司
たかしまやすし/コンサルタント、世界情勢アナリスト。北海道札幌市生まれ。子ども時代を日米両国で過ごす。早稲田大学卒業。在学中、アメリカ・シカゴ近郊のノックス大学に公費留学。帰国後、教育産業のコンサルティング、異文化コミュニケーションの企業研修などのかたわら、語学書、ビジネス書などを多数著す。世界情勢や経済に関する情勢分析には定評があり、『未来を見る!『ヤスの備忘録』連動メルマガ』で日本では報道されない情報を発信。毎年多くのセミナーや講演に出演し、経営・情報・教育コンサルタントとしても活躍している。
主な著作は、『2020年アメリカは分裂する! 』『望みなき時代の幸福論』(以上ヴォイス)、『日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本』(講談社)、『なぜ予測をはるかに超えて進むのか』(ヒカルランド)、『論理的会話トレーニング』(アスカビジネス)、他多数。

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/

有料メルマガを出しています。よろしかったら、ぜひどうぞ!
未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ(毎週金曜日配信)
https://foomii.com/00169
※バックナンバーもごらんいただけます

ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン(毎週火曜日配信)
https://foomii.com/00170
※バックナンバーもごらんいただけます

ツイッター
https://twitter.com/ytaka2013/

毎月最終土曜日の午後1時半から、都内で「ヤスの勉強会」を主催。
参加希望者は以下にご連絡を。
info@yasunoeigo.com

 

おすすめの記事