あと少しで2019年も終わる。今年は大規模な自然災害が相次ぐ年になった。その背景には、地球温暖化があることは間違いない。そのため、改めて温暖化の危険性が注目され、危機感が強まった年になった。
それを踏まえ、スイス在住のビリー・マイヤーがコンタクトしている地球外生物、プレヤーレンが教える「地球温暖化の真実」について、紹介することにしよう。

意表を突く、温暖化の根本的な原因

これまで何度も紹介しているように、現在のコンタクトのシリーズは1974年から始まっている。2020年代以降の地球のビジョンである「エノクの預言」は、1987年に行われた第215回コンタクトである。
こうしたコンタクトは現在でも続いており、最新のものは2019年8月8日に行われた第722回コンタクトだ。これまでのコンタクト記録の約半分くらいが英訳されている。

この第722回コンタクトは、特に気候変動に焦点をおいている。地球人の地球温暖化に対する理解は、根本的に間違っているという。発言しているのは、マイヤーが現在、主にコンタクトしている存在「プター」である。
その要約を掲載しよう。

2019年8月8日
第722回コンタクト:プターからのメッセージ

■地球温暖化の真の原因について

現在、グレタ・トゥーンベリを中心とした地球温暖化の対策を求める抗議運動が、世界的に広まっている。彼らは温室効果ガスの発生を抑制しさえすれば地球温暖化は抑制できると思っているようだが、これは根本的に間違っている

確かに地球温暖化の原因は、温室効果ガスの発生である。
今、地球温暖化の原因は、太陽活動の自然なサイクルの影響であるとの見解もあるようだが、事実はそうではない。
温室効果ガスの発生にある。

だが、グレタ・トゥーンベリの主導する運動の人々が主張するように、温室効果ガスの発生を抑制できるのかといえばそうではない。化石燃料の使用を中止し、クリーンエネルギーに移行しても、問題が解決することはまずない

地球温暖化の最大の原因は、人口過剰にある。
我々の計算では、地球のようなサイズの惑星だと、地球環境を壊さない適切な人口の水準は5億人を少し越える程度である。
ところが現在、我々プレヤーレンの調査では、人口は90億人を越えてしまっている。総人口を70億人とする地球の科学者の計算は、完全に間違っている。

まず第1に、過剰な人口数に達してしまった人間の呼吸活動が、温室効果ガスの発生源になっているのだ。人間の呼吸によって、地球の大気のバランスが壊されてしまう。
さらに、人口が増えると食糧生産の必要から地球環境が破壊され、これが気候変動の原因ともなっている。
また人類は、プラスチックをはじめとしたあらゆるゴミを投棄してきた。これらはゆっくりと分解されて有害物質となり、人間を含めた生物の体内に吸収され、大量死の原因となっている。

こうした状況を改善しない限り、地球温暖化と気候変動が止まることはない。地球の科学者の計算は間違っており、地球温暖化ははるかに早いペースで進行している。
これから地球の平均気温は1.4度上昇すると科学者は予想しているが、実際はそんなものではない。もっと急上昇する。
また、海面上昇のペースも予想をはるかに越えている。すでに、毎年3.8メートルも上昇しているのだ。これは大変に危険な状態だ。

■問題の唯一の解決法について

こうした問題の唯一の解決法は、徹底した産児制限による人口削減しかない。人類は、数世代にわたって徹底した産児制限を実施しなければならない。
実行できないと、過去何度か地球で起こった大量絶滅に向かうことになる。これは大変なことだ。

今すぐにでも、地球温暖化の本質的な原因である徹底した産児制限による人口削減に着手しないと、2020年を越えると、地球環境は臨界点を超えてしまうだろう。
この一線を越えると、地球温暖化と気候変動のペースは一気に早まり、予想を超える多くの事態が起こる

我々プレヤーレンは2020年以降に何が起こるのか正確に知っているが、これを告げることは許されていない。そのため、ビリー・マイヤーから、支援団体の「FIGU」に所属する少数のメンバーにだけ、概要を告げることにする。

***
以上である。
プレヤーレンは、1844年から地球は「みずがめ座」の時代に入っているという。「みずがめ座」の時代の初期の185年間は、「うお座」の時代の古い意識のマイナス面が集中的に現れる時期だとしている。
その初期の期間は、「1844年から1937年までの前期」と「1937年から2029年までの後期」の2つの時期に分かれているという。
そして、2029年2月3日(中央ヨーロッパ時間)、午前11時から人類の意識は新しい段階に入る。この日を過ぎると、プレヤーレンは地球を完全に去り、二度と戻ることはないという。

こうした未来のタイムラインからすると、「エノクの預言」に予告された混沌とした世界は、2020年から2029年までのことなのかもしれない
そして、今回のコンタクト記録で明らかとなった、気候変動の臨界点を超えた変化も、この時期に集中して起こるのかもしれない

あと1ヵ月と少しで2020年になる。一体、どうなるのだろうか?



高島康司
たかしまやすし/コンサルタント、世界情勢アナリスト。北海道札幌市生まれ。子ども時代を日米両国で過ごす。早稲田大学卒業。在学中、アメリカ・シカゴ近郊のノックス大学に公費留学。帰国後、教育産業のコンサルティング、異文化コミュニケーションの企業研修などのかたわら、語学書、ビジネス書などを多数著す。世界情勢や経済に関する情勢分析には定評があり、『未来を見る!『ヤスの備忘録』連動メルマガ』で日本では報道されない情報を発信。毎年多くのセミナーや講演に出演し、経営・情報・教育コンサルタントとしても活躍している。
主な著作は、『2020年アメリカは分裂する! 』『望みなき時代の幸福論』(以上ヴォイス)、『日本人が「英語ペラペラ」を本当に実現できる本』(講談社)、『なぜ予測をはるかに超えて進むのか』(ヒカルランド)、『論理的会話トレーニング』(アスカビジネス)、他多数。

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/

有料メルマガを出しています。よろしかったら、ぜひどうぞ!
未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ(毎週金曜日配信)
https://foomii.com/00169
※バックナンバーもごらんいただけます

ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン(毎週火曜日配信)
https://foomii.com/00170
※バックナンバーもごらんいただけます

ツイッター
https://twitter.com/ytaka2013/

毎月最終土曜日の午後1時半から、都内で「ヤスの勉強会」を主催。
参加希望者は以下にご連絡を。
info@yasunoeigo.com

おすすめの記事