歯の持つ特殊なエネルギーを駆使し、その人を調和した状態へと導く「高次元の歯科治療・神合わせ運命治療」を確立し、大勢の人々の人生を拓いてきた、スピリチュアルデンティストの藤木嵩之さん。
歯に込められている“人の念”を診て、治療中には天の声に従って治療をするという藤木さんは、長年にわたる「舌ストレス」研究や独自の咬み合わせ治療が、いまやメディアでも取り上げられている評判の名医。
今回も「神合わせ運命治療」について、語っていただきました。

私から見た12次元それぞれの特徴としくみ

前回は、「歯と次元の関係」についてお話をしました。
今回は、藤木の思う「さまざまな感情と次元の関係」についてお話をしましょう。

以前、「生き霊とは感情のエネルギーである」というお話をしました。しかし、「感情」のエネルギーの種類は「生き霊」だけではありません。
生き霊とは、ごくごく一部を指して言う言葉です。次元でいうと、生き霊は「一番低くて粗くて強い波」ということができます。

でも、私たちの感情は、喜びや思いやり、友人のために一緒に泣いてあげることや共感もありますよね。
実は、「感情」というエネルギーも、波であり、次元のどこかに属しています。

ザックリですが、私の思う「感情と次元」についてまとめてみます。

***

●3次元は物質世界ですね。これが一番大きなエネルギーです。
というのも、物質が物質であるためには、膨大なエネルギーが必要だからです。頑張ってくっついてないと、バラバラになってしまいます。
なので、その物質が動いて成り立っている3次元は、途方もなく強いエネルギーなのです。

●3次元のすぐ上の4次元は、苦しみ、怒り、妬みなどの、荒い波長。
この中の、特に人に飛ばす波を、現代人は“生き霊”と呼んでいます。

5次元は、ハッピー次元。
あなた自身が喜ぶ、うれしい喜びの波動。しかし、これはあくまであなた自身が喜ぶ、という次元です。

6次元は、慈愛の波。
同じハッピーでも、人を喜ばせる、人に喜んでもらうことで、自分がうれしい!という次元の波です。
親が子供に抱く感情と言えば、わかりやすいですね。

7次元は、博愛の波。
全く見ず知らずの他人にも、我が子に対するような愛を持てたときの、「無私の愛」を言います。自己犠牲などもここに入ります。

8次元からは、特殊な、それこそお釈迦さまやキリストなどの、世界の苦しみを自分が引き受ける、などの壮大な愛。
自己犠牲の塊のような、美しくも壮絶な、愛の波長。通常の人は、このレベルになることは、不可能だと思います。

●その上の9次元は、一度も肉体を持ったことのない、高次元の意志。
このクラスになると、あまりにもかけ離れているので、3次元の我々から見ると、浮足立ったものに見えるかもしれません。

●そして、10次元以上になると、だんだん植物になっていくような、人としてではなく、宇宙の愛の魂のような、人間の理解を超えたところにいく感じです。
これらの次元は、「法則」と言ってもよいかもしれません。宇宙を運航している「力」と言えるものでもあり、一番高い「神」とは、「法則」だと私は思っています。

***

物理学の分野では、13次元まであると言われているそうですが、13次元まで行くと元に戻るので、実質は12次元まで、と考えてもよいと思います。

これらの次元と次元の間には、さらに小さな次元が12次元あるそうなので、12次元×12=144。
合計144次元がワンセットで、その次には、また144次元がセットになっている・・・と、もう何が何だか分からなくなりますよね。
なので、私は常にザックリと12次元で分けています。

一番面白いのは、全ての次元と通じている3次元の世界

以上のことは、あくまで私藤木嵩之が感じている次元の階層のしくみです。
なので、細かい部分に間違いもあるかもしれませんが、おおむね合っていると思います。

さて、この中の「感情の次元」ですが、実は固定されているわけではありません。
人は人生の中で、主に4次元から7次元までを行ったり来たりするのです。
精神が安定してない人ほどその移動が忙しく、1秒ごとに上がり下がりを繰り返しています。
しかし、基盤をどこにおいているかは、各人によって大体決まっています。

どっしりと落ち着いて、いつもニコニコしている人は、5次元に滞在する時間が長く、そこを中心に上下に振れているのでしょうね。

それにしても、面白いのが3次元です。この世です。
この物質世界が一番面白い。
もちろん、キリストやお釈迦様でも虫歯一つ治せない、という不自由に縛られているから、というのもあります。
モーセが現代に生まれていたとしても、虫歯になったら歯科医に行くしかないのです。
海を割ることができても、虫歯は治せない。

しかし、それ以上に面白いことは、3次元は物質界と言われながらも、各次元に存在する者たちの幽体が、この3次元の世界の中に、幾重にも積層していることです。

いえ、全ての次元の中に、3次元がスッポリ入っていると言ったほうが良いでしょう。

これは、私が“歯のご神事”をやり始めて実感して以来、わかったことです。
歯のカタチを変えると、次元を貫いて、上にどんどん上るエネルギーが生まれます。そして、各次元で、波紋のように横に広がるエネルギーも生まれます。
このことは、前回ご説明した通りですが、これらの現象は、3次元が全ての次元エネルギーと幾層にも重ね合わせになっているからこそ、起こりうるのです。

不自由極まりない物質世界と言われながらも、高次元ともものすごく重なっていて、「敗者復活のチャンス」が常に用意されているのが「この世」です。

次回は、神様が用意してくれている「敗者復活のチャンス」について、高次元の歯科の見地から解説しましょう。

(監修/藤木嵩之)

 

藤木嵩之
ふじきたかゆき/スピリチュアルデンティスト。旧名安藤僚。藤木嵩之は歯の神官としての法名。歯科医の家庭で育ち、歯科医となるべく育てられる。30歳の頃、飛行機内で乗客全ての頭部から、光とも靄ともいえぬ発光体が浮かび上がっているのを目撃。その神秘体験の際、強烈な抱擁感と安心感で心身が満たされる。その後、精神統一することで瞬時に上とつながるようになり、患者を見ただけで、実際に歯を見なくても咬み合わせが分かるようになる。歯科における“咬み合わせ治療”の研究を30年続けるかたわら、気功を超えた細胞レベルでのヒーリングを追求。また、自らが持つ“霊的ではない神秘的能力”を治療に組み入れ、高次元から診た歯科治療「神合わせ運命治療」で、数々のクライアントが抱える問題を解決。歯の形を変えることで、歯にその人の願いを刷り込み、個人と周りに調和を創り出すことこそが本当の歯科医療だと考え、使命は「歯で人類の未来に貢献すること」。この治療を世界に広めることで人類の未来が良き方向に変わることを真の目的としている。サンスクリット語の般若心経に造詣が深い。
お問い合わせ
takayukifujiki@kenkoukai.com

『歯であなたの未来を引き寄せる』
歯のかみ合わせは《人とのかみ合わせ》そのものだった
安藤僚著/ヒカルランド *安藤僚は旧名です

 

おすすめの記事