未来予報士通信〈3〉運は三代・180年が1単位 、ならば「運が良い」ってどういうことなの?《後編》/雪下魁里

皆さんこんにちは! 未来予報士の雪下魁里です。
今回は趣向を変えて、10年以上親交のある〝とても運のよいクライアントさん〟に良いお話を聞けたのでまとめてみました。参考になるお話しでしたので、ぜひご一読していただければと思います。
もちろん、掲載許可もいただきました。
内容は、「一人の女性の成功秘話」。ならびに「私たち人間の体内に内蔵された開運メカニズムについて」という興味深いお話です。

長年のクライアントの旭輝子(仮名)さんのお話

初めて輝子さんにお会いしたのは約10年前。長年連れ添ったご家族を亡くされたばかりで、今でもその頃の彼女を思い出すと、私も涙が出てきます。
精神的にも経済的にも孤独に追い込まれたかのように見えましたが、実際はトップレベルの強運の持ち主。ご家族が亡くなって以降、数回の好転期が訪れ、孤独で運が下降することもなく、人生を大きくリベンジをすることができたのです。
今では、イキイキした人生を歩まれています。

例えば、どんなことがあったかというと……、「次はこんな場所でこんな家に住みたいな…」と考えると、驚くほどの絶好のタイミングで、都会では中々お目にかからない好物件が、破格の安さで彼女の前に現れるのです。
しかも、それを購入して住み始めると価値は上昇し、物件が蘇るのです。
さらにはこの時世でありながら、今まで彼女が住んだ物件は、価値が落ちたことがないのです。
では、彼女がこのような強運に恵まれたのには、どんな秘訣があったのでしょう?

食べたいものを予知する家庭料理の達人

その秘訣を最終的に知ったのは、先日の何気ない会話の中でした。大変興味深く、あまりにも面白い内容でした。

輝子さんは料理の達人です。しかも、その人が食べたそうなものを察知して、作ってしまうという天才なのです(トップ画像の料理はその一例)。
ある寒い日に「今日はカキフライが食べたいな。でも最近、野菜不足だし、野菜もいっぱい食べなきゃ!」なんて思いながら、ご用があって彼女のお宅へお邪魔すると、なんと「カキフライどうぞ!」と、たくさんの野菜と共にテーブルに配膳されるのです。
「雪下さん、カキフライ食べたかったでしょう? 野菜もたっぷりね!」と一言を付けて。
いやぁ、びっくりしました(笑)。

他の方にも伺うと、彼女は私にだけ特別そのように振る舞っているわけではないとのこと。
さらにびっくり!

ある時は美味しそうなケーキがいくつかあり、「お好きなのをどうぞ!」と言われ、間髪入れず、一番美味しそうなケーキに手を出したところ、「ダメー! それ、今からくる職人さんの分よ!」と制止されました。職人さんが、そのケーキを食べたがることを、輝子さんはすでに察知していたのです。
ですが、時すでに遅し……。当方、口の中は至福ながら、頭の中は罪悪感という、テレビのドッキリ企画にも似た状態になってしまいました。
でも、彼女はすぐに機転をきかせ、あっという間に素晴らしいお菓子が出来上がったのです。
輝子さん、神業であります。

彼女の生い立ちを少しお伝えすると、日本最北端の町で母子家庭で育ち、中学生の頃から一人で家事をこなしてきました。料理はもちろん、掃除や洗濯、洋裁も上手で、まさに主婦の鏡。
とはいえ、単に家事が上手なだけで、運が良くなるわけではありません。
では、主婦の鏡のような輝子さんは、どうして強運になれたのでしょうか?

運命創造の力の源「体内磁場と体内時計」

戦後は母子家庭で貧しい生活を強いられてきた輝子さんですが、祖父以上の代に遡ると、ご先祖様方は貿易商をされていたそう。大きな商船で、海外へ貿易に出られていたとのことでした。
漁業が盛んな町でしたが、彼女の先祖だけは大きな船で海外へ出られていたとのこと。
ここに、彼女の強運の秘訣があったのです。

さて、ここで陰陽学のちょっとした理屈を説かせてください。

私が未来予報研究している中で、一番気にしているのが人間の「体内時計」と「体内磁場」です。
輝子さんに限らず、運が良い人の最大の共通点は「一日の時間調整がスムーズで、行動(動線)に無駄がなく、さらに意図的ではなく体に染みついている」ということ。
まるで、体内に精密な時計と上等な羅針盤が内蔵されている感じ。
輝子さんの場合は、家事のセンスに「体内時計」と「体内磁場」が強調されたようです。

周知のとおり、体内時計の存在は証明されています。一方、体内羅針盤はまだ医学界では発見されていないようですが、生物学の世界では認められています。渡り鳥や回遊魚には備わっていると証明されている機能です。

この体内羅針盤によって出来上がった磁場を、以後、体内磁場と定義します。
この「体内時計」と「体内磁場」2つの力が、野生の動物に備わっている本能の根源であります。大脳が未発達のほとんどの生物は、自分の命の在り方を「体内時計」と「体内磁場」の二本立てとしながら、種族を繁栄をさせているわけです。

船に乗って、生きた羅針盤のような生活をしてきた輝子さんのご先祖。素晴らしい体内時計と体内磁場の塊だったのでは?
何か、開運に繋がる大きなキーワードになりそうですね……。

ということで、今回はここまで。
また今度、このお話の核心について書きますね。

 

雪下魁里
ゆきしたかいり/未来予報士。生まれ持ったサイキックを元に、干支九星、四盤暦鑑定学と世界各地のシャーマニズム研究から編み出した、独自の開運学で相談者の未来を予報。これまで25,000人以上を鑑定してきた結果「運命というのは与えられるだけではなく、いくつかの条件が合えば、ある程度は創ることができる」と分かり、それができる人たちを育て、占い師の要らない未来を作ることが夢(笑)。

 

雪下魁里オフィシャルサイト「地軸の神は君に微笑む」
http://chijikunokami.com/

Twitter
https://twitter.com/yokoohsawa83

facebook
https://www.facebook.com/kairiyukisita/

ライン占いアプリがリリースされました!
Appストアで「ライン占い」というアプリをインストール(無料)すると、私が登場します。10月31日〜11月4日の時点で、人気アプリ1位を獲得しました。

また、11月10日からアメーバ公式占いサイトに、世界初の試みのアプリ「鎮魂日盤奥免法」がリリースされています。

  1. この記事へのコメントはありません。