• HOME
  • ブログ
  • 霊視鑑定・小梅
  • 普遍意識から答えを得る霊視の世界【5】神との繋がりを密に太くするための日常生活の過ごし方:その1/田中小梅

普遍意識から答えを得る霊視の世界【5】神との繋がりを密に太くするための日常生活の過ごし方:その1/田中小梅

スターピープルの皆様こんにちは、田中小梅です。
まずは、お礼を言わせてください。新刊『神様とおしゃべりできる小梅さんの開運話』が皆様のおかげで、早々に増刷されました。さらに、アマゾンでも存在論・形而学でベストセラーとなり、心から感謝しております。

霊的向上のためには神様よりも神とつながる

つくづく、思います。本は書くことより、書いてからのほうが大変だということを。
多くの方の御協力があってこそ、世に広げることが可能になるということを。
小梅は、こうやってスターピープルの皆様と繋がることができて、本当に恵まれています。ありがとうございます。

さて、前回、前々回と2回続けて「人はどこと繋がって生きるのがいいのか?」についてお話しさせていただきました。
今回から、「神と繋がって生きてね~」という答えをもとに、神との繋がりをより密に太くするための、〝日常生活の中でできる霊的向上法〟に関することを、何回かにわけてお伝えしていきます。

一言でいうと、繋がるところは「神」なのですが、どうしても、私たちは長年「神様」という言葉を聞き、また神様を信仰してきたので、神=神様と認識されている方がまだまだいらっしゃると思います。
ですが、全人類が生まれる前から繋がっていて、生きている間も切れることがなく、死んでもなお繋がっているのが、神です。

○○神と名前がついていて、人間が理解しやすいように、人の形(様)を持っているのは、神様です。神様との繋がりは、あくまで個人的な選択であり、なんらかの生まれ変わりの縁の中で、その繋がりの意味や密度は違うものだと思います。
神はその場の状況と必要に合わせ、「神」と呼ばれたり、別の言葉で表現されることがあるかもしれません。例えば、「愛」「叡智」「エネルギー」「宇宙」「宇宙の法則」「秩序」「真理」「生命」といったふうに。

その人独自の神エネルギーを発動させるには?

さて、私たちは宇宙の素材でできている人間ですが、宇宙そのものが神の意識で創られているのですから、私たちは間違いなく、主成分が「神」でできています。
しかし、主成分は神でも、その存在を無視し、放置しておけば、ただの宝の持ち腐れになります。その成分に栄養を与え、熟成させたり、発酵させたりすることで、ようやくその人独自の神エネルギーが発動します。

私たちの主成分「神」を最大限に発動させるには、人間性、霊性を淡々と向上させることが必要です。

神エネルギーが発動すると

●平安な心の状態を保つことができる
●人生の重大な岐路で正しい判断ができる
●自分の天命を全うすることができる
●普遍意識を自分で体現し、表現し、少しでも世界貢献ができるようになる

古代から、これらを体現できるように、多くのグルや指導者、宗教家、霊的なガイドが、一人でも多くの人間の意識を進化させるために、様々な方法を今世に残してくれたと思います。その中でも、瞑想は最も優れた方法の一つだと思います。

瞑想も含め、数々の訓練法は、その人にあった方法を適切に、良い指導者の下で正しく行えば、もちろん進歩と向上が得られます。しかし、その人に合っていなかったり、指導者の意識レベルや理解力が低いと、訓練中に陥りやすい問題も非常に多発するのも事実です。
特に、意識レベルを進化させる訓練を間違えると、気がついたら最初の目的から反対方向に向かっていたり、混乱したり、遠回りしていたり、瞑妄の世界(迷路のような)に入ってしまう可能性があります。さらには、次の転生にも影響を残す可能性もあります。

とはいえ、それも否定すべきことではなく、遠回りが悪いことだとは私は思ってはいません。でも、できれば危険は回避したいものですね。そのためには、次のことが大切です。

指導者の身元がしっかりしていること
その指導者の生き方を見ること
その指導者から指導を受けた人のその後を見ていくこと

また、その指導者がどんなに素晴らしくても、当人はその方法で目覚めただけであり、それが自分にあっているかどうかは見極める必要があります。もちろん、まずやってみるのもいいでしょう。吟味して選択する経験ができます。

私は、過去に一人の指導者に出会いました。興奮しました。なぜなら、たくさんの新しい知識を教えてくださり、自分でも成長したという実感を得たからです。
しかし、10年経った頃でしょうか、その先生の言動の不一致が目に付きだし、お金に対しての執着が見えだし、妙なことを言い出すのを目にするようになりました。
その先生は、認知症を極度に怖れ、セミナーでも認知症のことばかり言うようになり、とうとう、一番怖れていた認知症になり、お子さんから私に「うちのおかん、もう普通じゃないから」と、連絡がきました。
私は、その方に会えたから今があると思っています。最後は残念な形でお別れしましたが、先生の尊敬できる姿もそうでない姿も、自分にとっては学びだと思っています。

日常生活をていねいに送ることが霊的進化を加速させる

さて、今回、皆様にお勧めしたいのが、次のことです。

●ありふれた日常の生活のひとつひとつに、ていねいに関わっていくこと。

このなんとも地味なことが、人類の究極の目的に最も大きな効果があると、私は自信を持って言い切れます。
しかも、この地味な足元を見直す行為が、その人の霊的進化を最も簡単に、コストもかからず、危険もなく、最短で進化を与えてくれると言ったら、皆さんは信じてくれますか?
皆さんは、悟りを得ることや、普遍意識に目覚めることは、選ばれし人間だけだと思っていますか?

実は、地球上の人間は全員進化の途上なだけなので、いつかは悟りを得て、普遍意識に目覚めます。全員です!
ヤッター!パチパチパチ。

「じゃあ、あせる必要ない」と、自然にその日がくるまで待ちますか? あと数億年?(笑)
どうせなら、私たちの生きる今、目覚めたくないですか?
もちろん、どうするかは自由ですが、過去にどれだけの時間を費やし、何回生まれ変わりをし、迷い、苦しみ続けてきたことか…。だとしたら、そんな物語に終止符を打って行きましょう。

次回から超具体的な、日常生活での霊的向上法として、誰でも神との繋がりが太くなる方法をお伝えしたいと思います。
お楽しみに!

 

田中小梅
たなかこうめ/幼少期より神様は一人ひとりの心の奥にいるのだと確信し、内なる神様と日々質疑応答を繰り返す。10歳で子ども霊能者としてデビューし、鑑定歴は40年以上。相談者は約5万人。一切広告をしていないが、日本のみならず海外からも鑑定依頼が絶えない。顧客は、政治家、一部上場企業の会長、社長、芸能人から、主婦、子どもまでと幅広い。自然療法のサロン経営、アロマセラピー、エネルギーワークの講師として全国を行脚した経験を経て、現在はこれまでの知識と体験をもとに執筆活動に専念。趣味は、チェロと外国人に日本語を教えること。世界中を旅しながら、その時気に入った場所で家族と神様と仲良く暮らしている。現在は沖縄県在住。著書『神様とメル友になれる本』(東邦出版)。

 

田中小梅 Ray視鑑定
2019年1月13日(日)、14日(月・祝)、15日(火)
1枠/60分
料金/18,000円(税込)
会場/東京都内(お申し込み確定後にご案内いたします)

『神様とおしゃべりできる小梅さんの開運話』出版記念イベント
2019年1月12日(土)

時間/13:30~17:30
定員/100名
会場/東京都内(お申し込み確定後にご案内いたします)
料金/10,000円(税込)【出版記念特別価格!】

『神様とおしゃべりできる小梅さんの開運話』ー人生が好転していく「しくみ」のすべて
田中小梅著/ナチュラルスピリット

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。