占星術家のかとうふみえが12星座の動きを読み取って、それぞれの行動の指針やラッキーアドバイスを、新月と満月のタイミングで発信!
あなたが天体の動きとシンクロしていけば、日常にシンクロが多発するようになり、様々なチャンスが訪れたり、人生の幸福感が増していきます。

8月4日~8月18日の全体的な星回りから読み解く社会の様相」

自由や変革を司る水瓶座の傾向が強まる満月

8月4日の00:59頃に、水瓶座の満月が起こります。
獅子座の太陽と水瓶座の月が真反対のサインで向かい合い、その中間点に、牡牛座の水瓶座の支配星である天王星が位置するという、水瓶座の要素が強調された満月です。

水瓶座が司るのは自由、平等、個性、連帯、未来、そして変革。その場の利益や損得にとらわれない、時空を超えた普遍性を志向するサインです。
様々な事象に「本来はどうあるべきか」「そもそもそれは必要か」など、根本からの問いを投げかけるサインでもあります。

「水瓶座の質が強調される」と聞いてピンとくる方も多いかもしれません。3月22日から7月2日まで、土星が水瓶座に入っていました(今は逆行して山羊座に滞在中です)。
この3ヵ月半ほどの間に、テレワークや雇用のシェア、人々の政治への関心の高まりなど、12月から到来する「水瓶座土星期」の先取りのようなことが数多く起こりました。

今年の12月19日には、水瓶座0度で木星と土星が重なる、いわゆる「グレートコンジャンクション」と呼ばれる20年に一度の配置が形成され、その後は長期間にわたって「水瓶座の質が強調される期間」がやってきます。

新しい考え方が急速に伝播して主流に転じるとき

今回の水瓶座要素が強調された満月は、私たちに3月22日から7月2日までの激変期を踏まえて、今後どのように生きていきたいか、そして社会はどうなっていくべきなのか、改めて考えることを促すタイミングと言えるでしょう。

自分のことよりも他者のことを優先して生きてきた人にとっては、その流れをリセットして「本来の自分はどうしたいか」を考えさせてくれるときです。
また、今いる場所が「本来どうあるべきか」、所属している環境が「本来どう機能するべきか」について、ヒントを得られるかも。

今回も少々刺激的な配置なので、満月前後の数日は驚くようなニュースがあるかもしれません。
また、この満月は何かのきっかけで「新しい考え方が急速に伝播する」ようなことがありそうです。今まで主流ではなかった考え方が人々に浸透し、一気に主流に転じるようなタイミングです。

個人レベルでは、軽い気持ちで発したことが予想以上に拡散される可能性もありますが、同時に炎上する可能性も。
発言・発信の際には、「面白ければいい」「話題になればいい」という考えではなく、様々な立場の人や生きものへの愛が伴うものかを確認するほうがよさそう。

社会の変容を慎重に確認しながら歩む流れに

満月翌日の8月5日に、思考の星・水星が蟹座から獅子座へ移動し、その後2週間滞在します。その影響で、自分自身の意見を堂々と表明する姿勢が奨励されることになります。

8月8日、魅力の星・金星が双子座から蟹座へ移動します。それまでに得た情報を元に、自らの安心できる環境を整え、安心できる関係性を大事にすると良いでしょう。

また、8月7日は立秋。近年スピリチュアルに関心の高い人たちの中でも有名になった「ライオンズゲート」の日です。

ライオンズゲートについて

ライオンズゲートは、「立秋=太陽が獅子座15度に入る日」のことを指します。
立秋はちょうど夏至と秋分の中間の日であり、夏至(6月21日)にスタートしたことがいったん結実し、秋分(9月22日)への流れへとつながっていく節目となる日。

日本の暦である「二十四節気」の中の
二至二分(春分・夏至・秋分・冬至)が、それぞれ牡羊座0度・蟹座0度・天秤座0度・山羊座0度(活動宮0度)と対応し、
四立(立夏・立秋・立冬・立春)が、それぞれ牡牛座15度・獅子座15度・蠍座15度・水瓶座15度(不動宮15度)と対応していて、
これら八節が、ホロスコープの円を8分割したような具合になります。

 

図から分かるように、獅子座のライオンズゲートだけでなく、暦上、他の節目にもゲートは開かれるようです。
牡牛座:ブルズゲート
蠍座:イーグルズゲート
水瓶座:エンジェルズゲート
といったように、太陽が不動宮の15度に至る点は全て「〇〇ゲート」と名づけられています。

ゲートの名前に冠された4つの存在は、タロットカードの「運命の輪」と「世界」の四隅に描かれた存在とも対応しています。
この辺りのことは、日本では占星術研究家の高橋ともえさんがブログにて詳しく解説されていますので、ご興味のある方はご覧になってください。
https://paxluna.net/?p=1732

8月7日頃は、夏至(6月21日)付近の出来事や感じていたことを思い出してみると、面白い発見があるかも。また、秋分(9月22日)に向けて、どんなことをしていけばいいかが見えてくるでしょう。

ライオンズゲートは、シリウスとも関連が深いと言われます。大いなる宇宙のエネルギーとつながりやすいときなので、瞑想して宇宙からのメッセージを受け取ってみるのも良いでしょう。


15日から、変革の星・天王星が牡牛座で逆行します。逆行は、来年の1月14日まで続きます。
この間、それまでに起こった社会の変容を見直すような流れがやって来そう。立ち止まって見直し、繰り返し「本当に自分にとって、社会にとってこれでいいのか」を確認し、考えながら進んでいくような期間となるでしょう。

 

 

8月4日~8月18日宇宙とあなたのシンクロニシティを見る

 

 

かとうふみえ 占星術師

オンラインにて西洋占星術鑑定を行っている。相談者様とともに、人生の作戦会議を行うスタンスでのセッションに定評あり。

第一子出産後、生命と宇宙の不思議に再度興味を持ち、2011年よりシータヒーリングを習得。
並行して、占星術家ノエル・ティル氏の心理占星術を中心に西洋占星術を学ぶ。
企業での左脳的勤務経験とスピリチュアルメソッドを学んだ経験、また自らの人生経験から、論理と直観のいずれも重視したセッションを行っている。
好きな言葉は「知ることは力になる」「禍福は糾える縄の如し」。
また、音楽活動も行っており、ガールズロックバンド「FALSETTOS」ではドラムを担当。

HP:https://cosmicweaver.wixsite.com/cosmicweaver

おすすめの記事