占星術家のかとうふみえが12星座の動きを読み取って、それぞれの行動の指針やラッキーアドバイスを、新月と満月のタイミングで発信!
あなたが天体の動きとシンクロしていけば、日常にシンクロが多発するようになり、様々なチャンスが訪れたり、人生の幸福感が増していきます。
※各星座の「オススメのイメージング」は今回お休みです。

12月12日~12月25日の全体的な星回りから読み解く「社会の様相」

未知で不安定な状況でも新しい一歩を踏み出す

12月12日は双子座の満月。今回の満月は、想像を超えた未来に向かうために、これまで馴染んでいたことがらと離れ、未知で不安定な状況の中でも新しい一歩を踏み出すことを促すような天体配置です。
射手座の太陽と双子座の月が向かいあい、この2つの天体にビジョンの星・海王星が刺激を与えています。そして、射手座の水星はどの天体とも関係しないノーアスペクト。世界に対する新たな視点や人生の新しいビジョンがもたらされるとき。
一見論理が飛躍しているように見えても、視野を広げると理にかなっているような考えが思い浮かんだり、言葉ではうまく説明できないけど、人生の新たな道しるべとなってくれるような指針が心の中に生まれたり、といったことがありそう。

今後の人生に不要なものが離れていく

一方、山羊座では金星と土星、冥王星がぴったりと重なっています。人生の選択と集中、それに伴う関係の終わりを促すような配置です。
「縁切り」という言葉がありますが、もしもう離れたいことがらがあるのなら、この満月付近に意図することで、その意図はより実現しやすくなるでしょう。
どのみち、意図の有無に関わらず、今後の人生に不要なものが離れていくときです。たとえこれまで夢中になっていたことや、エネルギーを傾けて取り組んでいたことでも、心のどこかに「前みたいにしっくりこない」と感じたり、「もうこれをするときは終わった」という感覚を覚えるかもしれません。
山羊座にある3つの天体の連なりは、今後の人生にとって必要なことがらだけにチューニングを合わさせるような作用があるためです。それによって、ではどのように具体的に終わらせ、離れていくのか、少しずつ考え始めるようになることもありそう。
あるいは、この満月付近に、苦い現実を直視する必要が出てくるかもしれません。自分がまだまだ至らないところがあるということをはっきりと見せつけられたり、「知りたくなかった」と感じる事実を知ることになったり、というできごとがあるかも。
でも、後から考えてみるとやはり必要なできごとだったと感じられるはず。

社会秩序がアップデートする流れに

木星が山羊座に入ってから企業や組織の不祥事や不正が発覚するニュースが続いていますが、この時期も組織や企業の新たな事実が発覚していきそう。今後の軌道修正のためにも「不都合な真実」を知る流れはまだまだ続きそうです。
終わりと始まりに伴うさみしさや不安、現実の直視による気分の落ち込みも感じやすくなりますが、同時に一抹の希望や、心機一転、スイッチが切り替わる感覚も覚える満月です。
両手いっぱいにものを持っていたら、それ以上新しいものを持つことができません。新しい何かを手にするために必要なプロセスとしての手放しや別離が起こるときなので、握りしめた手の力をゆるめ、意図は持ちつつも流れに任せるスタンスでいたほうが楽に過ごせるでしょう。
12月20日に金星が山羊座から水瓶座へ移動し、12月22日に太陽が射手座から山羊座へ移動。この辺りからまた天体配置のエネルギーが変わってきます。
特に、12月22日の太陽の山羊座への移動によって、山羊座に太陽、木星、土星、冥王星の4つの天体が集うことになります。山羊座の象徴する「社会」「秩序」「規範」についてのアップデートの起こるときとなるでしょう。

 

12月12日~12月25日宇宙とあなたのシンクロニシティを見る

かとうふみえ 
占星術家/よろずコンサルタント

スカイプにて占星術の個人セッション、自営業の方向け業務コンサル、スピリチュアルリーディングセッションを行っている。https://cosmicweaver.wixsite.com/cosmicweaver
幼少期に宇宙の果てのビジョンを知覚したり、自分の存在がただの入れものに過ぎない、自分は大いなるものに動かされているのに過ぎない、などと感じたりしながら育つ。大学卒業後スタートアップ時のベンチャー企業に就職し、コンサルティング業務から受付嬢まで幅広い業務を経験。第一子出産後、生命と宇宙の不思議にふたたび興味を持ち2011年シータヒーリングのセミナーを受講。並行して占星術家ノエル・ティル氏の心理占星術を中心に西洋占星術を学ぶ。
企業での左脳的勤務経験とスピリチュアルメソッドを学んだ経験から、提供するサービスも左脳的アプローチと右脳的アプローチの統合をテーマとする。「知ることは力になる」が信条。また、ガールズロックバンド「FALSETTOS」ではドラムを担当。

 

おすすめの記事