歯の持つ特殊なエネルギーを駆使し、その人を調和した状態へと導く「高次元の歯科治療・神合わせ運命治療」を確立し、大勢の人々の人生を拓いてきた、スピリチュアルデンティストの藤木嵩之さん。
歯に込められている“人の念”を診て、治療中には天の声に従って治療をするという藤木さんは、長年にわたる「舌ストレス」研究や独自の咬み合わせ治療が、いまやメディアでも取り上げられている評判の名医。
今回も「神合わせ運命治療」について、語っていただきました。

上の歯は未来、下の歯は過去、噛み合わせが現在の状態を表す

あなたの上の歯にはあなたの未来が、下の歯にはあなたの過去が現れます。
とはいっても、これは予言というわけではありません。
あくまで、歯のエナメル質には“感情という生き霊のエネルギー”が蓄積するという意味であり、予言ではなく、その人の想いと歯の関係を表しています。
つまり、下の歯には、過去から現在までのあなたの“想い“が入ります。
そして、上の歯にはこれからの未来を見つめるあなたの“想い”が入ります。

言い換えると、下の歯には「今まで自分はこうされてきた」という想いが、上の歯には、「だから自分は○○に対してこう思っている」という想いが現れるのです。
そして、咬み合わせの具合が、現在の状態を現します。

■7番の上下の歯でわかる「母親との関係」

例えば、母親と相性が良くなかった場合、下の歯の7番が内側(舌側)に倒れ、上の歯が外側(頬側)に傾き出ているケースをよく見かけます。

舌は「自分自身」を現しますから、右下の歯の7番が舌を刺しているというのは、幼少の頃、母親との間で起きたことにトラウマがあることを表しています。
そして、右上の7番が外に張り出しているのは、母親に対して「許さないぞ」とか「覚えているぞ」という、相手を責める気持ちがあるのを表しています。

スタピ会員になって、全てのコンテンツを楽しみませんか?

スタピオンラインでは、「スタピ会員」(月/220円税込)を募集しています。会員になると、記事や動画を含む全てのコンテンツをお楽しみいただけます。
地上に生きるスターピープルに向けて発信する情報を、日々のマインドケア
にお役立てください

おすすめの記事