73~716宇宙と獅子座のあなたのシンクロニシティ

獅子座 7月23日〜8月22日生まれ

弱音を吐くことでよりナチュラルな自分に

7月3日は、蟹座で意識の星・太陽と感情の星・月が重なる新月。さらに、今回の新月は皆既日食を伴うため、どの星座の人にも多かれ少なかれ、いつもよりもインパクトのある新月となります。

獅子座のあなたにとっては、少々ナイーブになりそうなとき。「常に輝く己であること」に強い矜持とこだわりのあるあなた。それはあたかも、24時間365日オープンしているお店のような感覚に似ています。お店のバックヤードにあたる、心の中に弱音や迷いは人に極力見せないよう、半ば無意識にふるまっている自覚があるのでは。
でも、この時期のあなたは、弱音や迷う姿を人に見せてもいいかも、と思う流れにいます。不本意な形で感情が決壊することもあるかもしれませんが、それもまたチャーミングです。よりナチュラルで、疲れにくいスタンスに移行できるとき。

獅子座の支配星である意識の星・太陽は、「内面世界のハウス」に滞在。夜明け前のような暗く、心もとない感覚があるかも。
7月8日〜17日までは、自分を責めるような、あるいは何かに追い立てられるような感覚を覚えるかもしれません。この感覚は一過性のもの。そういう感覚をおぼえたときは、あまり無理をせず、ゆったり自分の内面を眺める時間を取りましょう。

エネルギーアップのポイントは、良い睡眠をとること。
そのために、肌触りのいい寝間着を身に着ける、好きな香りのアロマオイルやリネンスプレーを使用するなどがオススメ。

おすすめの新月のイメージング「洞窟」

あなたは、洞窟の中にいます。
洞窟の中は温かく、適度に明るく、必要なものは何でもそろっていて快適です。
あなたは、洞窟の中にしつらえられたベッドの上で
毛布にくるまりながら、ひたすら休息しています。
長い間身を粉にして頑張ってきたので、しばらく休みたいのです。
外から、あなたに出てくるよう呼びかける誰かの声が聞こえます。
でも、今は出ていきたくないので呼びかけに答えずに静かにしています。
やがて、洞窟の外から、楽しそうなお祭りのような音が聞こえてきました。
あなたは、ちょっと外の様子が気になり始めます。
笑い声や歓声、音楽が少しずつ大きくなり、
「洞窟の外をのぞいてみよう」とあなたは入り口に近づきます.

←かとうふみえのシンクロ占星術 一覧にもどる

おすすめの記事