73~716宇宙と蠍座のあなたのシンクロニシティ

蠍座 10月23日〜11月21日生まれ

過去の積み重ねがよい未来を連れてくる

7月3日は、蟹座で意識の星・太陽と感情の星・月が重なる新月。さらに、今回の新月は皆既日食を伴うため、どの星座の人にも多かれ少なかれ、いつもよりもインパクトのある新月となります。

蠍座のあなたにとっては、人生の可能性に目が開かれるとき。これまでも、関心のあることへ真摯に情熱を傾けてきたあなた。この新月のタイミングで、あなたのこれまでの取り組みが、自分自身を新たなステージに強力に押し上げる可能性や、実際そうなっていく感覚を覚えることができるはず。
過去と未来が気持ちよく結び合わされ、過去の積み重ねがよい未来を連れてきてくれるという感覚を覚えるときです。

7月13日〜17日は、蠍座の支配星である変容の星・冥王星が、意識の星・太陽を強く刺激する配置に。あなたの意見が注目を集めるとき。少し気をつけたいのが、伝えるときには受け手となる人たちへの愛を持つということ。あなたの言葉が人々に刺さりやすいときなので、せっかくなら後味の良い形で刺さるように心がけてみて。

エネルギーアップのポイントは、異文化の情報に触れること。
あなたの想像を超えるような思想、暮らしをしている人たちの情報に触れることで、思考の枠が取り払われます。

おすすめの新月のイメージング「せりあがる陸地」

あなたは、大きな山の一本道を歩いています。
これまであなたは、かなりの道のりを歩いてきました。
道は、山の表面をジグザグに走っていて、だんだん上に上がっていっています。
あなたはここまで休みを極力取らず歩いてきましたが、
エネルギーは不思議と尽きることなく、意欲的に歩き続けています。
歩いているうちに地面に少し違和感を感じて立ち止まると
立っている道の地面がぐらぐらと揺れて、そのまま上に上がり始めました。
あなたはとっさに地面に伏せますが、そのまま地面は垂直にせり上がっていきます。
そのまま頂上近くの道までせり上がり、動きが止まりました。
あなたは、ちょっと用心しながら、その道へと移動します。
道を歩くとほどなく頂上に到着し、眼下に表れた景色に見とれます。

←かとうふみえのシンクロ占星術 一覧にもどる

おすすめの記事